記事

40代の多くが中絶、意図せぬ妊娠を避けるには

1/2

「妊娠」は、女性の人生にもっとも影響するライフイベントだ。自分や娘の人生設計の中で「意図しない妊娠」を避けるためにも、改めて「避妊」の知識を深めたい。


※写真はイメージです(写真=iStock.com/FotoDuets)

30代、40代でも、正しい避妊知識のない人が多数!

妊娠できないと悩む女性がいる一方、意図しない妊娠に悩む女性もいる。厚生労働省発表の平成29年(2017)度「衛生行政報告書」によると、人工妊娠中絶件数は約18万2000件(図表1参照)。50年前の昭和30年代と比べれば格段に減少しているものの、平成29年度の出生数、約96万6000人からみれば(図表2参照)、その約5分の1にあたる数の妊娠が何らかの理由で継続されていないということになる。もちろん、胎児の発育不全などにより妊娠継続が不可能になったり、母体への負担が多すぎて継続できなかったりする場合もある。が、大半が「意図しない妊娠」による中絶というのが現実だ。

「統計では、中絶を実施するのは20代がもっとも多く、次に30代が続きます。40代は妊娠率そのものが低く母数が少ないため、統計上は低いように見えますが、妊娠中絶を選択する率は20代よりも多いトップとなっています」と、話すのは、「アヴェニューウィメンズクリニック」院長の福山千代子医師。40代だからといって絶対に妊娠しないと思い込むのは危険だという。

「日本では、性に関することをタブー視している家庭もあるようで、親から避妊などの知識を得る機会はほとんどないと言っても過言ではないでしょう。男女ともに『中出ししなければ大丈夫』と、間違った知識のままコンドームなどの避妊具をまったく使用せずに性行為へと進めば、妊娠する可能性が高くなるのは当然です」

こういった間違った知識を持つのは、10代、20代の若い世代ばかりではなく、30代、40代でも正しい避妊の知識を持ち得ていない人は多いと語る。

自分に合った避妊方法を知ることで、描いた人生設計が円滑に

現在日本で用いられている避妊法はさまざまな種類があるが、年齢や生活習慣、将来の出産予定やパートナーの協力度によって、それぞれに適した方法を選ぶことが大切だ。

まず、もっともポピュラーな避妊法は、「コンドーム」の使用。学校の性教育でもおなじみの誰もが知っている避妊具であり、正しく装着すれば、精子を膣内に進入させることなく、さらに性感染症の予防にも役立つ。ただし、男性側にしっかりとした避妊意識があれば別だが、性行為に至っている中でコンドーム着用を男性にお願いするのは、相手の機嫌を損ねムードを壊すのではと、なかなか言い出せない女性も多い。性感染症への罹患リスクの予防にはもっとも効果が高いが、男性の決断に依存する点から考えると、確実に避妊できるとは言い難い。

コンドーム(ラテックス製男性用避妊具)

メリット
●膣内への精子の進入を阻止
●細菌やウィルスによる性感染症を予防
●手軽に購入できる

デメリット
●膣挿入前の装着が必要
●装着・使用方法により精子が漏れる危険
●男性に使用決定権がある

失敗率
(正しい利用により)2%
(一般的な利用法により)18%

出典:MSDマニュアル家庭版「バリア法による避妊方法」を参考に編集部作成

意図しない妊娠を避けるには、男性に使用決定権があるコンドームより、女性自身の意志で使用できる避妊薬や避妊具が必要になる。その代表格が、経口避妊薬「ピル」だ。

「以前に比べ『ピル』への抵抗感は低くなってきましたが、それでもまだ『ピルは太る』『ピルは怖いもの』といった古いイメージを持っている女性も多いですね。現在は、低用量のピルを処方するのが一般的。避妊目的はもちろん、生理痛の軽減、生理不順の改善にも効果があることを知ってほしいですね」

ピルは、経口避妊薬として一般的に利用されているが、毎日正しく服用する必要があり、つい飲み忘れてしまうという人も少なくない。飲み忘れた場合には、妊娠する可能性はあるのだろうか。

「3日間連続で飲み忘れた場合は、排卵が再開し妊娠する可能性はあります。自己判断で再開せず、飲み忘れた場合は速やかに医師に相談し、再開できるか否かの判断を仰ぎましょう」

ピルの服用忘れで妊娠し、そのままピルを飲み続けて妊娠していることに気づかなかった女性の例もあるそう。ピルを選択した場合は、くれぐれも飲み忘れには注意したい。ただし、血栓症のリスクが高まるため、低用量ピルの服用は40歳までが適用範囲だそうだ。

あわせて読みたい

「中絶」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    屠畜作業への理不尽な差別の実情

    岸慶太

  2. 2

    廃棄が9割 ジビエブームの裏側

    BLOGOS編集部

  3. 3

    新エンジン投入へ マツダの知恵

    片山 修

  4. 4

    自宅ビール用 究極の節約つまみ

    中川 淳一郎

  5. 5

    立民議員 ホテル側の説明に期待

    大串博志

  6. 6

    桜を見る会で国民は退陣を望むか

    橋下徹

  7. 7

    京急に「たぴおおおか駅」が爆誕

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    前夜祭 安倍首相は会費払ったか

    郷原信郎

  9. 9

    沢尻逮捕に医師「作品は別では」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    なぜ維新は自衛隊賃上げに反対か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。