記事

蛭子能収のゆるゆる人生相談「誘ったほうがおごるのでは?」

大反響の「ゆるゆる人生相談」を一挙108本収録した、世界一ゆるい自己啓発本『笑われる勇気』(光文社・900円+税)も発売中の“世界一ゆるい70代”となった蛭子能収(71)が、読者からの相談に答える!

【Q】「喫茶店に誘ってきた友達は、会計時に自分の分だけ払って平然と。普通は、誘ったほうがおごるものでは。仲よくしていたのに……。根に持っている私って、おかしいですか?」(さちこさん・63・保育士・岐阜県)

【A】「『ノーサイド精神』なんてきれいごと。オレはずっと根に持ち、恨み続ける」(蛭子能収)

ウフフ、どちらもセコいですね! でも根に持つことは、そんなに悪いことではないと思いますよ。平然としながらも、ずっと恨み続けていればいいんですよ。

今、ラグビーの大会がやっていますよね(編集部注・W杯日本大会のこと)。人が痛がったりしておもしろいんですが、勝っても負けても痛い思いをする競技は嫌ですね。しかも、試合が終わったら仲よくなる「ノーサイド精神」というのがあるようですね。激しくぶつかり合っても、お互いに怨恨を残さないなんて信じられません。憎しみを持ち続けていればいいのに……。

そんなオレでも、麻雀で負けたときは、すごく悔しいけどいつも平然としていました。とくに自分より弱いと思っていた人に負けると、麻雀卓をたたきつけたいほどの怒りを覚えますが、しれっとした顔をしています。

たぶん、ラグビーをやっている人も、動じないふりをしているだけで憎たらしいはず。それを隠しておくことが、かっこいいと思っているだけですよ。

あわせて読みたい

「蛭子能収」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沢尻容疑者甘やかされた芸能生活

    渡邉裕二

  2. 2

    日本の金継ぎがイギリスで大流行

    幻冬舎plus

  3. 3

    沢尻容疑者 逮捕直前まで夜遊び

    文春オンライン

  4. 4

    桜を見る会 中止のホンネ暴露か

    女性自身

  5. 5

    配信中に滑落死した男性の私生活

    文春オンライン

  6. 6

    沢尻容疑者 簡易鑑定は「陰性」

    AbemaTIMES

  7. 7

    山本太郎現象で済まぬれいわ躍進

    田中龍作

  8. 8

    八千草さん 夫を駅で迎える素顔

    毒蝮三太夫

  9. 9

    前夜祭 ホテル領収書が解明の鍵

    郷原信郎

  10. 10

    「夫婦の3組に1組が離婚」は嘘

    石川奈津美

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。