記事

蛭子能収のゆるゆる人生相談「誘ったほうがおごるのでは?」

大反響の「ゆるゆる人生相談」を一挙108本収録した、世界一ゆるい自己啓発本『笑われる勇気』(光文社・900円+税)も発売中の“世界一ゆるい70代”となった蛭子能収(71)が、読者からの相談に答える!

【Q】「喫茶店に誘ってきた友達は、会計時に自分の分だけ払って平然と。普通は、誘ったほうがおごるものでは。仲よくしていたのに……。根に持っている私って、おかしいですか?」(さちこさん・63・保育士・岐阜県)

【A】「『ノーサイド精神』なんてきれいごと。オレはずっと根に持ち、恨み続ける」(蛭子能収)

ウフフ、どちらもセコいですね! でも根に持つことは、そんなに悪いことではないと思いますよ。平然としながらも、ずっと恨み続けていればいいんですよ。

今、ラグビーの大会がやっていますよね(編集部注・W杯日本大会のこと)。人が痛がったりしておもしろいんですが、勝っても負けても痛い思いをする競技は嫌ですね。しかも、試合が終わったら仲よくなる「ノーサイド精神」というのがあるようですね。激しくぶつかり合っても、お互いに怨恨を残さないなんて信じられません。憎しみを持ち続けていればいいのに……。

そんなオレでも、麻雀で負けたときは、すごく悔しいけどいつも平然としていました。とくに自分より弱いと思っていた人に負けると、麻雀卓をたたきつけたいほどの怒りを覚えますが、しれっとした顔をしています。

たぶん、ラグビーをやっている人も、動じないふりをしているだけで憎たらしいはず。それを隠しておくことが、かっこいいと思っているだけですよ。

あわせて読みたい

「蛭子能収」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    進次郎氏のCOP25演説に「失笑」

    舛添要一

  2. 2

    報ステ編集謝罪 印象操作するTV

    かさこ

  3. 3

    伝説のファウルをW杯審判が解説

    森雅史

  4. 4

    いきステ来客減 子連れ層を狙え

    かさこ

  5. 5

    宮川花子の後悔 医師信じず失敗

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    山本太郎氏「酔っ払い」とも対話

    田中龍作

  7. 7

    梅宮辰夫さん「芸能界消滅する」

    渡邉裕二

  8. 8

    日韓の「こじれ」朝日新聞に責任

    NEWSポストセブン

  9. 9

    報ステ 事実と違うVTR編集に苦言

    和田政宗

  10. 10

    土井善晴語る 日本の食の問題点

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。