記事

「パプリカ」も話題! 9歳・新津ちせの深い死生観と、意外な愛読書

新津ちせ 撮影:泉山美代子

映画『3月のライオン』では、倉科カナ&清原果耶と演じた三姉妹の末っ子役で注目を受け、アニメーション映画『ディリリとパリの時間旅行』では主人公役で堂々と吹き替えを行い、「NHK 2020応援ソングプロジェクト」による応援ソング「パプリカ」では音楽ユニット「Foorin」のメンバーとして、第69回NHK紅白歌合戦にも出演するなど、大活躍中の子役・新津ちせ。
初主演を務めた映画『駅までの道をおしえて』が10月18日より公開され、さらに話題を呼んでいる。

一般公募で3カ月間・4次審査まで行われたオーディションを勝ち抜いた新津は、同作で主人公のサヤカを演じた。愛犬のルーとの別れや、老人・フセコウタローとの交流を通して、魂の触れ合いが描かれたこの感動作を、現在9歳の新津はどうとらえていたのか。今回は新津にインタビューし、撮影の思い出やその深い洞察力からくる死生観、意外な愛読書などに迫る。

■お父さんからは…「まわりの人に感謝を」

――オーディションに受かった時はすごく喜ばれていましたが、ふだんからどういう気持ちでオーディションに臨んでいるんですか?

私は、オーディションに行けることが本当に嬉しくて、いつもワクワクしながら会場に向かいます。オーディションが大好きで、審査員さんに自分の演技を観てもらえるのが素直にすごく嬉しいので、毎回全力で課題に取り組みます。その審査で受かったり落ちたりして、受かると嬉しいし、落ちるとがっかりするけど、結果は結果だから、「全力を出してこの結果なんだから、しかたないな。よし、次はもっと頑張ろう!」と思います。だから、オーディションは大好きです。

――今回のオーディションに受かったときはどういう嬉しさでしたか?

もともと私は動物が全部大好きで、「このオーディションに受かったら、わんちゃんと一緒に映画に出られる!」と思い、絶対にこの作品に出演したい、と強く願っていたので、すごく嬉しかったです。

――ルーの存在が重要ですね! ルーと1年半一緒に暮らしたということですが、お家ではどういうふうに過ごしていたんですか?

私がルーのお世話をしていました。ルーはお散歩がとっても好きで、「はやく行きましょ〜!」っていう感じで自分のからだで玄関のドアをぐいぐい開けようとするくらいの勢いなんです。玄関で、ルーが、私が外に出る準備ができるのを待っているので、私も大慌てで着替えたりしました。

――逆に、撮影ではどういうことが思い出に残っていますか?

ルーと一緒に雪で遊んだシーンとか、大きい公園にイルミネーションを見に行ったシーンとか、色々あります。ルーとお散歩するシーンも好きです。ルーは本当に雪が好きで、雪を見るとすぐ走り出しちゃう。ぐるぐるまわってて方向がわからなくなって、柵の向こう側に出て行っちゃったときがあって、そのときは必死に追いかけました。

――作品で演じている時には、お父さんやお母さんから何かアドバイスをもらうんですか?

お父さんは、演技のアドバイスとかは特にないんですけど、「映画は、たくさんのスタッフさんの力が集まって作られているものなんだよ。だから、いつもまわりの人に感謝の気持ちを持ちなさい」とよく言っています。

――今回の作品は死もテーマとなってきますが、ふだん生死について考えることはありますか?

実はこの撮影の期間中に、お母さんの方のおじいちゃんが亡くなって。その時にお母さんがすごく悲しんでいて、私も悲しかったです。おじいちゃんは山口に住んでて、大阪や福岡で舞台の公演があると観に来てくれて、この映画も「観たいな」と言ってくれていたんです。

でも、お母さんが、よくおじいちゃんが元気だった頃の思い出話をしてくれて、それを聞くのがすごく好きです。思い出話をしているときは、そのお話の中でおじいちゃんも生きているから、あんまり死については怖いと思ったことはなくて、その人のことを思い出していれば、その間はまだ生きているから、それでずっとつながっているのかなって思います。

――めちゃくちゃ深いですね…。ふだんからすごくいろいろなことを考えてるのかなと思いますが、漫画や小説などで言うと、どういう作品が好きなんですか?

漫画が好きで、特にグルメ漫画が好きです。お父さんもお母さんもみんなグルメ漫画が好きなので、お母さんが漫画に出てきたごはんを作ってくれると家族じゅうで盛り上がります。「これ、あのマンガの○巻の料理だ!」って! 私は、だいたい好きな漫画はセリフをまるごと覚えているんですけど、それで、その料理が出てくるシーンのセリフをブワーッて言うと、お父さんとお母さんが「よく覚えているねぇ〜」ってビックリするんです(笑)。

――ちなみに、どんなマンガを読んでるんですか?

たくさんあります。『クッキングパパ』とか『銀平飯科帳』とか『おかわり飯蔵』とか『めしばな刑事タチバナ』とか。それから、清野とおるさんの『ゴハンスキー』『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』とか。清野とおるさんの本は大体好きです。赤羽に行ってみたい!

――意外な名前が! 清野さんと赤羽を巡る対談企画などはどうですか?

対談は……緊張しそう……。

――Foorinのメンバーとして歌う「パプリカ」も大ヒットしていますが、歌って踊ってる時と演技している時に意識の違いはありますか?

「表現している」というところは同じですけど、お芝居だと役になりきって演じます。でも、時々自分の素の部分が出てしまうから、撮影しているあいだは普段から役になりきるようにしています。歌って踊る時は、より、自分自身に近い感じがします。ステージで歌って踊ると、お客さんが楽しんでくださる姿が見えて、私も嬉しくなって、もっと楽しくなります。お客さんと一緒に楽しくなれることが嬉しいです。

――友達からも反響がありましたか?

クラスのみんなも「パプリカ」が好きだから、林間学校でのクラスの出し物も「パプリカ」でした。それから、学校で掃除しているときに、先生が唐突に流してくれたり。みんなすごく応援してくれてるから、嬉しいです。

――とても仲良しのクラスなんですね。映画の話に戻りまして、改めて今回の『駅までの道をおしえて』で好きだなと思ったところを教えてください。

サヤカちゃんが、自分の意志を持って頑張って生きているところが好きです。サヤカちゃんがまっすぐな心で生きているから、フセさんやルーやルースにも出会えたんだと思います。それから、ある特別な奇跡が起こるところが、すごく美しいシーンになっていて、大好きです。ぜひ劇場でご覧ください!

■新津ちせ
2010年生まれ、東京都出身。2014年にミュージカル『ミス・サイゴン』のタム役でデビュー。2017年、映画『3月のライオン』に川本モモ役で出演して注目を浴びる。その他の出演作に映画『バースデーカード』(16)、ドラマ『傘をもたない蟻たちは』(16)、『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』(17)などがある。また、米津玄師が手掛けた、NHK2020応援ソングプロジェクトによる応援ソング「パプリカ」を歌うFoorinのメンバーとしても活躍し、2018年の紅白歌合戦にも出場した。2019年8月公開の仏アニメ『ディリリとパリの時間旅行』では声優として主演もつとめる。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    Apple製品にも影響?LGの大量廃棄

    tenten99

  2. 2

    告白も投資もしない現代の日本人

    島村優

  3. 3

    評判の結合映画 おっぱいに注目

    松田健次

  4. 4

    桜を見る会は血税による巨大買収

    田中龍作

  5. 5

    SNS話題「養育費2億円」嘘だった

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    ホテルでWiFiが不調な時の対処法

    かさこ

  7. 7

    背景を追わぬマスコミの薬物報道

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    来年の確定申告で不要な書類2つ

    韋駄天太助

  9. 9

    桜を見る会への指摘は揚げ足取り

    鈴木宗男

  10. 10

    YouTubeが足切りへ 衰退は必至か

    諌山裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。