記事

#iPhone 世にも奇妙な裁判、そして取下げ

AFPの記事によれば

「iPhoneのせいで同性愛者に」ロシア男性 訴訟取り下げ

プライバシーを侵害されるのが嫌で取下げたというのだが、それ以前の訴え提起が奇妙キテレツだ。

[画像をブログで見る]

訴状の写しによるとラズミロフ氏は今夏、iPhoneのアプリを通じて仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)を注文したが、受け取ったのはLGBT(性的少数者)コミュニティー向けの仮想通貨「ゲイコイン(GayCoin)」で、「試しもせずに決めつけてはいけない」というメッセージが添えられていた。男性はその後、恋人だった女性と別れ男性と関係を持ち始めたが、これを恥じているという。

 ラズミロフ氏はアップルを相手取り100万ルーブル(約170万円)の損害賠償を求めていた。

何が奇妙かといって、LGBTコミュニティ向けの仮想通貨を受け取ると、同性愛になるのかということ、それで彼女と別れるのかということ、全くよくわからないのである。

ちなみに提訴時の記事「「iPhoneのせいで同性愛者に」、ロシア人男性がアップルを提訴」では、「このことを両親にどう説明したらいいのか……私の人生は悪い方向に変わってしまった。二度と正常には戻らない」という発言が書かれているが、そもそも同性愛となったからといって正常でないということでもあるまいに。

もつともこの点はロシアでは別なのかもしれないが。

そして取り下げに至ったプライバシー侵害の恐れというのも、「自身を批判する人から個人情報を特定」され、「アップル支持者からメッセージを受け取る」などネットで圧力を受けたためというのだ。

まあ、訴訟を提起してみたが、そのせいでバッシングを受けて取り下げに至ったというまとめ方をすれば、あまり変な話ではない、よくある話だが、そもそもの訴え自体が奇妙すぎて、取下げにも納得ができないでいる。

ともあれ、言いがかり訴訟の典型設例として今後利用できそうなニュースである。

あわせて読みたい

「同性愛」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ検査で病院へ行くのは愚か

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    楽天の三重苦 送料無料は無理筋

    大関暁夫

  3. 3

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  4. 4

    コロナ報道に消耗 不安を煽るSNS

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  5. 5

    コロナ特効薬なぜ開発進まないか

    NEWSポストセブン

  6. 6

    辻元氏が個人党会費の転用を否定

    辻元清美

  7. 7

    肺炎対応で読み取る各国の戦時中

    奥山真司

  8. 8

    籠池氏が100万円事件の真相告白

    文春オンライン

  9. 9

    「安倍首相どこ」肺炎対応で批判

    ロイター

  10. 10

    韓国でコロナ感染者増加が最多に

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。