記事

かつて韓国海軍は旭日旗を振って自衛隊を歓迎していた 日韓軍事交流20年の行き詰まり 海自「幻の観艦式」に韓国海軍は招待されていなかった - 石動 竜仁

1/2

 自衛隊のイベントといえば、陸上自衛隊の富士総合火力演習に並んで人気が高いのは、なんといっても海上自衛隊の観艦式だろう。今年も4年ぶりに開催が予定されていたが、各地に大きな被害をもたらした台風19号への対応に万全を期すため、10月14日の令和元年度自衛隊観艦式は中止となった。次の観艦式は通例なら3年後に開催されることになる。


2015年の観艦式(予行)の様子(筆者撮影)

「招待する環境は十分に整っていない」

 中止されたものの、今回の観艦式はいくつかの点で注目すべき点があった。まず、初めて中国艦が参加することになり、昨年12月に就役したばかりの新鋭駆逐艦『太原』が来日している。海上自衛隊は過去の観艦式でも中国を招待していたが、これまで参加したことはなかった。

 今回は自衛隊観艦式に先立つ4月、中国は海軍創設70周年の観艦式を挙行しており、それに日本が自衛艦を派遣したことへの返礼という意味合いもあると思われる。『太原』は観艦式中止後も東京晴海埠頭に停泊し、関係者や在日中国人向けの公開を行っていた。

 もう一つは、韓国艦が参加しなかったことだ。共同通信が伝えるところによれば、韓国艦艇によるレーダー照射や、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄等による日韓両国の安全保障分野での関係冷え込みもあり、海上幕僚長は「招待する環境は十分に整っていない」として、海上自衛隊は招待状を韓国に送っていない。

自衛艦旗掲揚の自粛を求めた韓国

 共同通信はこのように分析しているが、「日韓両国の安全保障分野での関係冷え込み」について、一点例示が抜けていると思われる。2018年に韓国で行われた国際観艦式において、韓国海軍が海上パレードに参加する艦艇に対して国旗と韓国国旗のみを掲げるよう通知し、暗に自衛艦旗掲揚の自粛を求めた点である。韓国で近年高まっている、旭日旗(自衛艦旗は旧海軍旗と同様のデザイン)は日本軍国主義を象徴する「戦犯旗」であるという韓国内の強い批判を受けたものとされる。

 海自はこれに応じず、韓国もそれを受け入れなかったため、海自は国際観艦式への自衛艦派遣を見送っている。先述した中国艦の来日を見れば、式典においては相互に相手国を「立てる」ことが重要であり、海自の本音としては、前年に受け入れ難い通知を出した韓国海軍に招待状を送る義理などなかったのだろう。

 問題となった2018年以前から、自衛隊と韓国軍の軍事交流は行われており、その度に旭日旗デザインである自衛艦旗は公の場に登場しているが、それまで韓国側より掲揚自粛を明言したものはなかった。国際観艦式における騒動は、韓国側の変化と見るべきだろう。

インターネットを中心とする「下から」の世論

 神戸大学大学院の木村幹教授の「旭日旗問題に見る韓国ナショナリズムの新側面」によれば、韓国で旭日旗に関わる言説が増加したのは2010年代、より正確には2012年頃からとされる。そして、旭日旗を巡る諸問題は、「その殆どがエリート運動家達により『上から』主導されたものではなく、インターネットを中心とする『下から』の世論によって自然発生的に動かされている」とし、そこに新たな韓国ナショナリズムの展開を見出している。

 この木村氏の分析について、筆者も過去の日韓の軍事交流からいくつか思い当たる点があった。本稿では長らく続いてきた日韓の軍事交流を振り返り、そこでの自衛艦旗(旭日旗)を巡る韓国軍の変化をみていこうと思う。

旭日旗を振っていた韓国海軍

 日韓の軍事交流が活発化するのは冷戦終結後の1990年代のことで、ちょうど北朝鮮による核・ミサイル開発が問題になっていた頃だ。1996年には海自の練習艦隊が初めてプサンに寄港している。戦後初めての日本艦の寄港は市民団体による抗議はあったものの、おおむね平穏だったと伝えられている。取材した軍事ジャーナリストの菊池雅之氏によれば、練習艦『かしま』が入港する際、韓国海軍は自衛艦旗を振って歓迎していたという。

 問題となった国際観艦式は、もともとは韓国建国・建軍50周年を記念して1998年に始まったもので、以降は10年ごとに開催されており、2018年はその3回目であった。第1回である1998年の国際観艦式は、日本艦の初寄港からわずか2年後だが、日本からも海上自衛隊のイージス艦を含む自衛艦3隻が自衛艦旗を掲げて参加している。

 当時の模様を伝える『Securitarian』1999年1月号の「プサンハンの自衛艦旗」によれば、国際観艦式で海自のイージス艦『みょうこう』が、北朝鮮が発射したテポドンの弾道を追跡した艦であることが韓国語で紹介されると、韓国艦に乗っていた韓国の招待客から歓声と拍手が起こったという。また、『世界の艦船』誌1999年1月号の「韓国国際観艦式取材記」でも、韓国側が注視していたのは前年に朝鮮戦争有事を想定して改定された『新「日米防衛協力のための指針」』(ガイドライン)であり、自衛艦旗への言及は見られなかった。

あわせて読みたい

「日韓関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    屠畜作業への理不尽な差別の実情

    岸慶太

  2. 2

    新エンジン投入へ マツダの知恵

    片山 修

  3. 3

    自宅ビール用 究極の節約つまみ

    中川 淳一郎

  4. 4

    N国が退潮か 我孫子市議選で落選

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    秋篠宮さま「即位辞退」の現実味

    NEWSポストセブン

  6. 6

    GSOMIA破棄目前 韓国に奇策も

    文春オンライン

  7. 7

    前夜祭 安倍首相は会費払ったか

    郷原信郎

  8. 8

    女子大生が教える最新ラブホ事情

    BLOGOS編集部

  9. 9

    宗男氏 枝野代表に「お門違い」

    鈴木宗男

  10. 10

    立民議員 ホテル側の説明に期待

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。