記事

マツコ、事務所に所属前のNHKのギャラは1万2000円

 マツコ・デラックスが、10月17日放送の『ぐるナイ祝20周年ゴチにマツコ初参戦ピリピリSP』(日本テレビ系)でギャラについて語った。

 マツコは2010年2月11日放送の同番組に出演しているが、当時について「まだ事務所に入ってなかった」と回想。

 事務所に入っていないフリーの時代を思い出し、企画の打ち合わせなども自分でしていたが、マツコは「さすがにお金の話は自分ではしたくない。だから全部、言い値でやってたのよ。NHKなんて1万2000円くらい」と告白。ギャラ交渉は行わず、テレビ局が指定した金額をそのまま受け取っていたという。

 ナインティナインの岡村隆史が「文化人枠になってた」とツッコむと、マツコは「そうなのよ」と同意していた。

 芸能事務所に所属するタレントと専門家などの文化人では、ギャラが大きく異なるとされている。

 元衆院議員の杉村太蔵は2017年9月16日放送の『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』(読売テレビ)で、「テレビ局には文化人ギャラとタレントギャラと、非常に意味不明なものがあるんです。文化人ギャラは最初、1万円もいかない!」と不満をあらわにした。

 杉村はテレビ局に「やっていることは同じなのに意味がわからない」とギャラ交渉。その際、「全部調べました」と、番組のセット、各出演者のギャラなどを調査し、少し上乗せして。そうするとだいたい僕の残りが出る」と自身のギャラがどれくらい残るかを試算。

 その額に少し上乗せして交渉したところ「ちょっと高いです」と却下されたが、「ちょっと引いたら決まった」と話していた。

 マツコは2005年に『5時に夢中!』(TOKYO MX)のコメンテーターとして出演し、2009年に初の冠番組『マツコの部屋』(フジテレビ系)が開始された。

 2010年7月7月20日放送の『お茶の水ハカセ』(TBS系)では、ミッツ・マングローブの伯父である徳光和夫から「事務所に入った方がいい」との助言を受け、くりぃむしちゅーらが所属するナチュラルエイトに加わった。

 以降、番組のみならず数々のCMにも起用されている。マツコにとって、助言をくれた徳光は恩人なのだ。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。