記事

即位の礼に合わせて「天皇家の故郷」を観光したら、予想以上にカオスだった 神話と歴史が混ざってしまうリスクは? - 辻田 真佐憲

1/2

 来たる22日、「即位礼正殿の儀」が行われる。皇統譜によれば、新天皇は126代目にあたる。古式ゆかしい儀式とともに、日本神話にもあらためて注目が集まるだろう。

 初代の神武天皇は、日向(現・宮崎県)を船出して東進し、大和(現・奈良県)の橿原で即位したとされる。そのこともあり、宮崎県は「天皇家の故郷」ともいわれ、神話観光が盛んに宣伝されている。


宮崎市の「八紘之基柱」。現在では「平和の塔」と呼ばれる

 ただ、神話はしばしば愛国のネタに使われる。神話観光で、神話と歴史が混ざってしまうリスクはないのだろうか。今回その実態を見に行くことにした。

神武天皇と史実が結びつく港町

 まず向かったのは、県北・日向市の美々津である。美々津は、神武天皇が船出した地だ。『古事記』や『日本書紀』にその記述は見えないが、地元の伝承ではそうだとされている。

「そんな曖昧な……」と思うかもしれないが、神話観光は終始このノリなので、まず感覚を慣らさなければならない。地元の伝承。このマジックワードは、あらゆる困難を突破する。

「神武天皇御舟出の地 美々津」。そんな看板に迎えられながら、国道10号線より町中に入る。歴史ある港町の美々津には、腕の立つ船大工によって江戸時代や明治時代に立てられた立派な町家が幾つも残っており、重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。

 これだけで十分な観光資源のように思われるが、やはり神武天皇は欠かせないらしい。

 見渡すと、町のあちこちに、古代船を彫刻した木製の郵便受けが設置されている。この船は、神武天皇が乗ったとされる「おきよ丸」だ。

 この名前は、風の都合で予定よりも早く出航する天皇一行を、村人が「おきよ、おきよ」と互いに起こし合って見送ったという伝承にちなむ(異説あり)。1940年には、皇紀2600年を記念して「おきよ丸」が復元され、美々津から大阪まで記念航海が行われてもいる。

 地元のひとの話によれば、この郵便受けは、伝建地区に指定されたのち高齢者によってひとつずつ手作りされたという。江戸時代の町家と神武天皇がナチュラルに結びつく。これが美々津の姿である。

「神武天皇っていうと、(存在を)疑われるんですよ」

 美々津はとにかく、神武天皇に関係する伝承が多い。

 神武天皇は、出航のときに着物の綻びに気づいた。だが、脱いで繕っている暇はない。そこで天皇は、立ったまま臣下に綻びを縫わせた。そのため、美々津は別名「立縫(たちぬい)の里」ともいう。

 また「おきよ丸」は、沖合の黒島と八重島の間を通って旅立った。そして二度と帰らなかった。そのため、地元の漁師は験を担いでいまでもそのルートを避けるという。

 観光案内してくれた地元のひとは、「神武天皇っていうと、(存在を)疑われるんですよ」と悲しげだったが、伝承としてであれば、こういった話もなかなか味わい深い。

 実際、神武天皇といってもそこまで堅苦しいわけではない。

 港近くの立磐神社には、神武天皇が腰を下ろしたとされる岩が大事そうに祀られている。ただ、近くにある日向市歴史民俗資料館には、この神社の鳥居近くに遊郭があったことを示す明治末から大正の写真が展示されてもいる。

 遊女と巫女の境界が曖昧だった時代の名残だろうか。国家神道の時代のものとは思えない。このような緩さも、田舎町の風情と相まって観光客を楽しませてくれる。

八紘一宇の塔の弟「日本海軍発祥之地」

 その立磐神社のすぐ近くに、変わった形の石塔が立っている。「日本海軍発祥之地」の碑がそれである。

 日本軍は、天皇が統率する。だから、海軍の由来は神武の東征だ。その発想から、アジア太平洋戦争中の1942年9月、この記念碑が美々津に立てられた。文字は、首相、海相などを歴任した米内光政の書によった。その下には、やはり「おきよ丸」のミニチュアが備え付けられている。

 制作した彫刻家の日名子実三は、宮崎市内にある「八紘之基柱」(1940年)や、「皇軍発祥之地」(1941年)のモニュメントでもよく知られている。つまり「日本海軍発祥之地」は、あの八紘一宇の塔の弟なのである。

「八紘之基柱」は、戦後に文字などが削られ、「平和の塔」と改称された。同じように「日本海軍発祥之地」も、戦後に碑文が破壊され、「平和の碑」などと呼ばれるようになった。ただ、1969年9月、「地元有志の強い要望により、防衛庁(海上自衛隊)などの協力を得て、現在の通り復元された」(案内板)。

 この日は降ろされていたが、普段は隣接するポールに旭日旗が翩翻とひらめくという。ゆるやかな稜線を背景に、歴史的な建物が並ぶ町並みにあって、天に向かって雄々しくそそり立つ石塔は、帝国海軍の旭日昇天の勢いをいまに伝えながらも、やはり独特な印象を与えずにはおかなかった。

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国国民はGSOMIAを理解せず?

    AbemaTIMES

  2. 2

    GSOMIA騒動 隠れて不買続く韓国

    NEWSポストセブン

  3. 3

    現代人にADHD的なミスが多い理由

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    昭和女性描く漫画 閉塞感に愕然

    紙屋高雪

  5. 5

    おにぎり35個万引きした元公務員

    fujipon

  6. 6

    桜を見る会の批判 本質からズレ

    青山まさゆき

  7. 7

    沢尻容疑者めぐる陰謀論の疑問

    自由人

  8. 8

    動物を撃つ マタギの葛藤と信念

    清水駿貴

  9. 9

    「芸能人逮捕は陰謀」真剣に検証

    AbemaTIMES

  10. 10

    廃棄が9割 ジビエブームの裏側

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。