記事

乙武氏、佐々木朗希の胸中を推察「ロッテで“大丈夫かな”という部分があったのでは」


 17日にプロ野球ドラフト会議が行われ、日本の高校史上最速163kmのストレートを投げる“令和の怪物”こと岩手・大船渡高校の佐々木朗希投手が、4球団競合の末にロッテの1巡目指名を受けることが確定した。その瞬間を佐々木は口を結び、無表情で迎えると、報道陣の「緊張したのか?」という問いに「はい」と短く答え、「ほっとしている」と漏らした。

 そんな佐々木の心境をスポーツ取材の経験が豊富な作家である乙武洋匡氏は「ロッテとなって“大丈夫かな”という部分は正直あったのではないか」と推察。その理由については「佐々木君は、メンタルや身体ができあがっていないということは本人自身も分かっていると思う。だから、育成能力のある球団が俺を引いてくれと思っていたのでは」と続けた。


 話題に上がった「佐々木投手のメンタル」について持論を展開したのは、高校野球大好き芸人で、著書に「甲子園マル笑伝説!」があるお笑いタレントのかみじょうたけし。

 かみじょうは「佐々木投手はどれくらい化けるのかが全く分からない。18.44m先にめちゃくちゃ速い球を投げるだけの競技なら佐々木君だと思うが、バッターがいる。例えば、岩手大会決勝で投げないと言われた時に、大阪の大阪桐蔭や履正社のエースだと“自分が投げる。自分が投げないと勝てない”と。ピッチャーとはそういう生き物だ。ピッチャーとしての気持ちの部分がどうなのか」との見方を示した。

 すると乙武氏は「私が注目しているのは、阪神が指名した西選手だ。かみじょうさんがおっしゃっていたピッチャーに1番必要なのはハートではないかというところで、ハートを持った選手。2年生の時に甲子園に出て、ものすごいピッチングをして気持ちが入り過ぎてガッツポーズを連発したら、高野連から注意が入って、次の試合にバランスを崩してめっちゃ打たれた選手だ。でも3年生になって、そういったメンタルのむらっ気も抑えられて、ものすごくいいピッチャーに成長した。元々ハートが強い。阪神に入ったので、封じられたガッツポーズを甲子園でガンガンやってほしい」と期待を寄せた。

(AbemaTV『AbemaPrime』より)

【映像】乙武氏「正直ロッテで“大丈夫かな”と」

【映像】里崎智也、佐々木朗希の活躍を占う

あわせて読みたい

「ドラフト」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  5. 5

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  6. 6

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  7. 7

    野党支持減らす槇原逮捕の陰謀論

    猪野 亨

  8. 8

    学生投票で山本氏に維新議員勝利

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    新型肺炎でやっと脱中国進む皮肉

    自由人

  10. 10

    安倍首相の共産党への発言は中傷

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。