記事

理解に苦しむホルムズ近海への海自艦船派遣

 昨日の午後、政府がホルムズ近海に海上自衛隊の艦船を派遣する事にしたというニュースが流れた。

 これを聞いた時、私は我が耳を疑った。

 安倍外交は理解の苦しむ事の連続だが、その中でもこの派遣は断トツに理解に苦しむものだ。

 なぜ、いま派遣なのか。

 さっぱりその理由がわからない。

 明日の各紙の朝刊を見て判断するしかない、そう思って真っ先に今朝の各紙を読み比べた。

 そして、さらにわからなくなった。

 米国の有志連合に参加するものではないという。

 だからといって、ロシアやイランが提案しているペルシャ湾安全確保の構想への参加でも、もちろん、違う。

 単独の派遣だという。

 それにもかかわらず、日本の船舶を守る活動はしないという。

 だったら何のためだ。

 調査・研究のためだという。

 情報収集だという。

 そして、米国、イランの双方に顔を立てるものだという。

 読めば読むほどわからない。

 よく、こんな馬鹿げた決定をしたものだ。

 そう思ったら、ただひとつはっきりした事がある。

 政府は、まだ派遣の決定をしたわけではないのだ。

 自衛隊派遣の検討を関係閣僚に指示しただけなのだ。

 当然のことながら派遣時期は未定だ。

 なるほど、すべてはこれからなのだ。

 だから、いま、大騒ぎする必要はないのだ。

 しかし、これはこれで大問題だ。

 いままで、何も正式に検討を始めていなかったということだ。

 やはり安倍首相の考える事は訳が分からない。

 最後に一つだけ分かったことがあった。

 なぜ「調査・研究」の派遣にしたのか。

 それは、調査・研究の派遣なら、国会承認の必要がなく、防衛省の裁量で何でもできるからだという。

 これで合点がいった。

 このまま何もしないわけにはいかない。

 やってる感を出すために、海自の艦船派遣の検討を指示する決定を国家安全保障会議で決定させ、それを大きく報道させたのだ。

 やってる感の安倍外交、ここに極まれりである。

 メディアには、この決定に至るまでの裏話を取材して、教えてもらいたいものだ。

 笑い話のような関係者の言動がどんどん出てくるに違ない(了)

あわせて読みたい

「ホルムズ海峡」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  3. 3

    又吉直樹の新作に直木賞作家驚き

    BLOGOS編集部

  4. 4

    大嘗祭反対集会? 朝日記事に疑問

    和田政宗

  5. 5

    衆院解散で追及をかわす安倍首相

    早川忠孝

  6. 6

    赤字のソフバンに厳しい海外報道

    飯田香織

  7. 7

    麻生大臣がMMT導入を明確に否定

    青山まさゆき

  8. 8

    桜を見る会中止は利益相反の問題

    岩田健太郎

  9. 9

    「山本太郎都知事」はあり得るか

    PRESIDENT Online

  10. 10

    Yahoo&LINE みずほも統合後押し?

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。