記事

イタリア経済、第3四半期は引き続き停滞=中銀


[ローマ 18日 ロイター] - イタリア中央銀行は18日に公表した四半期経済報告で、第3・四半期の経済成長率が引き続き停滞するとの見方を示した。

中銀は「イタリアの経済活動はユーロ圏全体の産業循環における持続的な低迷に抑えられ、第3・四半期はほぼ停滞したもよう」と指摘。ただ、サービス業や建設業の緩やかな成長によって支えられたとした。

イタリア経済は過去6四半期にわたって停滞。第2・四半期の国内総生産(GDP)成長率は前期比0.1%増、前年比0.1%増となっている。

イタリア政府による2019年のGDP成長率予想は0.1%増。

中銀は第3・四半期の鉱工業生産が前期比0.5%減少したと想定。また、米国が発表した関税の対象となるイタリアの輸出製品は比較的限定されているが、間接的な影響は「著しい」可能性があり、その影響は「ユーロ圏の貿易相手国との取引や欧州企業による計画変更の結果を通じて波及する」とした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    沖縄での自衛隊めぐる発言に疑問

    和田政宗

  2. 2

    日本企業が離れていく韓国の苦境

    PRESIDENT Online

  3. 3

    玉木代表は「分党」の考え見直せ

    おくの総一郎

  4. 4

    小沢一郎氏に翻弄された玉木代表

    早川忠孝

  5. 5

    日本の徴用工補償「筋通らない」

    文春オンライン

  6. 6

    日英で違う終戦記念日の過ごし方

    小林恭子

  7. 7

    マイナポイント5千円分付与の罠

    女性自身

  8. 8

    天皇が靖国神社を参拝しない背景

    幻冬舎plus

  9. 9

    なぜ韓国の失業率は低い水準か

    ニッセイ基礎研究所

  10. 10

    氷河期世代に刺さった半沢の言葉

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。