記事

ユーロ圏でバブルの緩やかな兆候、安定リスク台頭=ECB総裁


[ワシントン 18日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は18日、ユーロ圏では金融市場と不動産市場で過大評価の「緩やかな兆候」が出ているとし、景気が減速する中、安定に対するリスクが台頭しているとの考えを示した。

ドラギ総裁は「世界的な見通しの悪化を受け、金融安定を巡る環境が厳しい状況は続いている」とし、「金融市場と不動産市場の一部の高リスク部門でバリュエーションが過大評価される緩やかな兆候が出ている」と指摘。ただ「地域により顕著な差がある」と述べた。

このほか、ECB理事会には引き続き必要に応じてすべての政策手段を調整する用意があるとしたほか、金融政策の効果を他の政策で拡大させることは可能で、拡大されるべきとの考えも示した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    イソジン会見 同席医師に違和感

    三田次郎

  2. 2

    コロナ致死率は世界的に低下か

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    離島で初の死者 沖縄で3人が死亡

    ABEMA TIMES

  4. 4

    うがい薬問題 誤解の連鎖に呆れ

    青山まさゆき

  5. 5

    ポスト・アベノミクスの立案急げ

    山内康一

  6. 6

    舛添氏 利権で動く専門家に苦言

    舛添要一

  7. 7

    桑田と荒木 球児への言葉に違い

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  8. 8

    藤井7段 最年少17歳で棋聖の凄さ

    大村綾人

  9. 9

    れいわはN国党に助言を請うべき?

    早川忠孝

  10. 10

    大学は授業料の対価提供できるか

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。