記事

「明日、隣の人が死ぬんじゃないか」  アニメ『海獣の子供』めぐって制作会社社員が“残業代未払い“で提訴 「STUDIO4℃」社員の告発 - 「文春オンライン」編集部

「アニメ業界で働く人間は、みんなアニメや映画が好き。残業代が出なくても魅力的だと思う瞬間もあるけれど、それでは『やりがい搾取』になってしまう。魅力的な仕事であることで(残業代未払いを)ごまかされてはいけないなと感じます」(Aさん)

顔出しで記者会見に臨んだAさん

残業代と付加金など合計約535万円の支払いを求めて

 劇場版アニメ『海獣の子供』などの作品で知られるアニメ制作会社「STUDIO4℃」(正式名称は株式会社スタジオよんどしい)で残業代の未払いがあったとして、同社で制作進行を担当する男性社員・Aさん(25歳)が残業代と付加金など合計約535万円の支払いを求めて10月10日付で東京地裁に提訴した。Aさん、Aさんが加入する労働組合「ブラック企業ユニオン」、代理人弁護士が10月18日の記者会見で明らかにした。

「STUDIO4℃」はスタジオジブリ出身の田中栄子氏が代表を務め、世界的にも評価が高い作品を世に出してきた。

 2016年4月に「STUDIO4℃」に入社したAさんは、制作進行を担当した。制作進行の業務とは、端的に言えばアニメーション制作の工程管理。TVアニメであれば1話数ごと、劇場用長編映画であればパートや工程ごとを担当して、スケジュール、スタッフ、素材などの管理を行う。2014年から2015年にかけて放送されたアニメ『SHIROBAKO』では、主人公の宮森あおいが制作進行を担当していた。

 同社で働くようになった動機について、Aさんは「高校生のころから映画がすごく好きだったんです。大学でも映像学部で学びました。映像作品を作りたいという思いでした」と明かす。

1年前の日付が記された労働条件通知書を出してきた

『海獣の子供』では動画の制作進行を担当したAさんは、映画完成の直前、2019年3月には月103時間の時間外労働をしたものの、残業代が支払われることはなかった。会社側は、「専門業務型裁量労働制に当たるため」と説明している。

 一方、ブラック企業ユニオンの坂倉昇平氏は「制作進行の業務は、実際には裁量のある働き方ではなかった」としている。旬報法律事務所の大久保修一弁護士も、「基礎となる給料は、時給にして1100円~1200円。低賃金で長時間拘束して、果たして裁量労働制として認められるのか。裁判所にしっかり判断していただきたい」と述べている。

 今年4月にAさんが残業代を請求したところ、会社側は応じず、代わりに1年前の日付が記された労働条件通知書を出してきたという。さかのぼって1年前から「専門業務型裁量労働制」が適用されていたことを認めさせる狙いがあったと見られる。

 残業代の未払いに関しては、三鷹労働基準監督署が6月に「STUDIO4℃」に対して是正勧告を出している。しかし、会社側は「タイムカード記載の時間は実労働時間ではない」と主張して、そもそも残業代の算定ができないと支払いを拒否している。Aさんは「タイムカードの時間が労働時間でなければ何なんだろう」と首をかしげる。

アニメを制作するために適正な予算が用意されていない

 今年9月には組合と会社側の団体交渉が行われたが、会社側からは何ら具体的な回答がなく、Aさんは提訴に踏み切ったという。

「今回の事件に関しては、残業代未払いと長時間労働という二つの観点の問題があります。4℃だけの問題ではなく、どちらもアニメ業界では当たり前のように横行しています。アニメ産業のビジネスモデルが問題となっていて、そのしわ寄せが制作進行やCGのクリエイターなどの現場にきています。

 そもそもアニメを制作するために適正な予算が用意されておらず、現場の人間が低賃金になっていく。長時間労働とも密接に関連しています。フリーランスであれば、低賃金であるがゆえに稼ぐためにキャパシティを超えた過重労働になる。正社員であれば、(裁量労働制とすることで)使用者が人件費を気にせずに無限に働かせることができる。

 未払いの残業代の支払いを求めての提訴ですが、お金のためというよりは、労働環境を改善したいという思いがあります」(Aさん)

現場のクリエイターが声をあげることで

 現在、Aさんの月給は基本給15.9万円、職務給(見込残業手当)と見込深夜手当なども含めた合計が22.2万円。フリーランスのアニメーターは、月収10万円程度で毎月数百枚の作画を行っているケースもざらにあるという。Aさんは、労働環境について「自分よりも長時間労働だった人は周囲にたくさんいました。アニメ業界では、隣で働いている人が『明日死ぬんじゃないか』という思いは常にあります。健全であるとは思えません」と語っている。

「解決を図るために労基署にも行きましたが、現状では限界があると痛感しました。誰かが悪いという話ではないが、行政のシステムとして動きづらそうだと感じました。現場のクリエイターが声をあげて、適正な支払いを求めていくことでしか解決できないと思います」(Aさん)

 Aさんの提訴をめぐっては、訴訟費用を賄うため50万円を目標としてクラウドファンディングが行われる。

「ブラック企業ユニオンには、アニメ制作会社からの相談や問い合わせが非常に多くなっています。クリエイティブ業界、エンタメ業界の裁量労働制には大きな問題があります。そのためにも、きちんとした判例を作っていきたい。Aさん個人のためであると同時に、アニメ業界、クリエイティブ業界全体を健全化するためにご支援をいただきたい」(坂倉氏)

 アニメ制作会社の制作進行担当をめぐっては、今年、日テレ子会社の「マッドハウス」でも残業代未払いと長時間労働の是正を求めて団体交渉が行われていた。クールジャパンの中核を成すアニメ業界だが、旧態依然とした体質から脱却できるだろうか。

写真=杉山秀樹/文藝春秋

(「文春オンライン」編集部)

あわせて読みたい

「ブラック企業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    「親日本」が韓国に与えた納得感

    WEDGE Infinity

  3. 3

    なぜ匿名? 二宮結婚報道の異常さ

    山下雄平

  4. 4

    日本と同じく滅びゆくアジアの国

    永江一石

  5. 5

    又吉直樹の新作に直木賞作家驚き

    BLOGOS編集部

  6. 6

    ヤフーとLINE統合「協議は事実」

    ロイター

  7. 7

    桜を見る会 退陣論出ない不思議

    田中龍作

  8. 8

    桜を見る会は総選挙に影響するか

    やまもといちろう

  9. 9

    千原せいじに元AV女優の新愛人

    文春オンライン

  10. 10

    GSOMIA破棄か 感情で判断の韓国

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。