記事

クリエイター必見!!右脳が刺激されるクリエイティブなQRコード15個まとめ

1/2

先日からQRコードを使った事例を度々調べているのですが、海外のメディアでこんな映像を見つけました。
ツイッターのクジラの制作者として知られるオーストラリアのアーティスト ルーさんがリリースしたアートプロジェクトのプロモーションビデオ。
よくみると、作品の一部にQRコードが描かれてます。QRコードを水彩画のイラストと融合させて、読み取るとプロモーションビデオが見れるというしくみです。

 

QRコードが浮かずに完全に絵になじんでますね!
他にもこんな作品がありました。一瞬どこにQRコードがあるか、迷っちゃいます。

http://www.yiyinglu.com

当たり前のものも、新しく感じる表現方法

QRコードってとても大事な要素ですが、いかにもコードという感じで正直面白みに欠けてるなあと思うこともありました。このみも見せ方をいろいろと考えた事がありましたが、こんなものを作り出すことはできませんでした。見せ方一つで大きな驚きを生む事が出来るんですね。とっても勉強になりました。

QRコードはその利便性から、またトレンドになっています。細かいところなので時間が無いと「まあいっか!」となってしまうところですが、だからこそ工夫すると目立つのかもしれません。質感を表現したり、サービスのコンセプトを盛り込んだりとできることは沢山ありそう!

最後はデザインの凝ったQRコードの事例を15個並べて終わりにしたいと思います↑↑

1.タイ料理レストラン

よくみると左に像の姿が!
リンク先を見る

2.ドラマの内容に合わせた血がしたたるようなQRコード

こちらはアメリカのテレビドラマ「トゥルーブラッド」の広告に使われたQRコード
リンク先を見る

3.瓶のふたでつくられたQRコード

うまいぐらいに散らしてあって、これホントによめるのかな?と思いましたが即効で読めてしまいました。
リンク先を見る

4.日本への支援を求める赤十字のQRコード

赤十字の真ん中がQRコードになってます。さらに真中になんと日本が!まわりのキューブにはレスキューをイメージさせるイラストが散らばっています。
リンク先を見る

5.領域をみきわめながら、イラストでデコレイト!

こちらはルイヴィトンが村上隆さんのイラストを起用してつくったモバイルサイト用のQRコード。一見盛りすぎ?と思いますが領域を見極めてデコレイトしています。
画像を見る

6.コルクの質感と立体感が際立つQRコード

Corkbin(ワイン好きの方のためのアプリ)のつくったQRコード。ロゴを配して、質感や立体感をうまくつかっていて印象的です。
リンク先を見る

7.QRコードの一部をキャラクターの顔に

こちらは日本で発見されたディズニーのポスター。コードの一部が顔に・・・。
画像を見る

8.涼しげで心地いいバケーションをイメージしたロス観光局のQRコード

ブルーのグラデーションが美しいQR。良く見るとビルのシルエットにヤシの木のような形が白抜きしてロサンジェルスを表現しているんですね。
リンク先を見る

9.QRコードを舞台にしたパックマン

思わずクリアの仕方を考えてしまいます。
画像を見る

10.効果的な配色でロゴが印象に残るQRコード

白黒の中にビビッドカラーが入る事で色が映えて目を惹きます。人は同じ図形が連続する所に異なる図形が混ざっていると、注目してしまうそうです。この場合角丸四角が並ぶ中に大きくロゴマークを置いてある事も、より印象に残る効果を持っていると思われます。
リンク先を見る

あわせて読みたい

「デザイン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  6. 6

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  8. 8

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  10. 10

    「マスクは有効」東大実証を称賛

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。