記事

720もの性別を持つ謎の生き物「ブロブ」、パリの動物園で公開


[パリ 16日 ロイター] - フランスの首都パリにある動物園は16日、自然界最大の謎の1つとされる生き物を公開した。科学者はこの生き物が動物なのか、菌類なのか、いまだに頭を悩ませているという。

この生物は「ブロブ」と呼ばれ、黄色い粘液のようなもの。この黄色いカビにも似たスライム状の生物は、動物のように動くが、科学者はまだ分類できていない。

パリ自然史博物館のディレクターは「この生物『ブロブ』は自然界の謎の1つだ。私たちはそれが何であるか、はっきりとわからない」と話した。

「ブロブ」には口も胃袋も、目すらない。だがエサを見つけて食べ、知識を伝達することができる。

デイビッド氏は「『ブロブ』には学習能力がある。迷路に入れると、最適なルートを見つけてエサにたどり着く。塩が苦手だが、そうした障害物を置くとその背後にエサがあっても、それをすぐには通り抜けて行こうとしない。だが障害物をどうやって回避してエサにたどり着くかを学び、より早くたどり着くようになる。また2つの『ブロブ』を一緒にすると、片方が学んだことを相手にも伝える」と語った。

半分に切断しても2分で元に戻り、また約720もの性別があるという。このほか、手足もないのに1時間に最大4センチ移動することができる。

あわせて読みたい

「生物学」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  2. 2

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  3. 3

    まん延防止措置が誤った形で使われている

    大串博志

    04月11日 08:22

  4. 4

    ユニクロの柳井氏への批判が胡散臭い 人権問題だからではなく嫌中だから 技能実習生問題にみる国内の人権問題

    猪野 亨

    04月11日 08:53

  5. 5

    連綿と続く「ワクチン忌避」の歴史と課題。なぜ日本はワクチン競争で敗北したのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月11日 08:26

  6. 6

    中途半端な自粛要請で「コロナ特需」の飲食店

    内藤忍

    04月11日 11:59

  7. 7

    原発処理水の海洋放出を決めた菅内閣は、言い出しっぺの細野豪志氏をもっと大事にした方がいいだろう

    早川忠孝

    04月11日 17:10

  8. 8

    日本学術会議問題 会員の任命拒否と組織のあり方の議論は別

    小宮山洋子

    04月11日 18:36

  9. 9

    YouTuber逮捕は氷山の一角、児童の「自画撮り被害」という社会問題

    NEWSポストセブン

    04月11日 17:28

  10. 10

    観光先の海で強い揺れ… 津波から大切な命を守れますか? 鎌倉で考えた防災

    清水駿貴

    04月11日 08:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。