記事

中東レバノン、政府の経済失策に抗議活動拡大


[ベイルート 17日 ロイター] - 中東のレバノン各地で17日、政府の経済運営失策への抗議活動が激化し、首都ベイルートでは数千人が街頭に繰り出した。近年で最大規模に発展した騒乱をなだめるため、政府はメッセージアプリのワッツアップなど音声通話サービスへの課税案を撤回した。

テレビでは各地でタイヤが燃やされ、道路が封鎖される様子を放映。こうした騒乱はここ1カ月弱で2度目で、ベイルートの政府庁舎近くで警備隊と衝突したり、治安警察にプラスチック瓶が投げ付けられたりした。国営通信社NNAによると、2人が負傷。

レバノンは多額の債務を抱え、景気が停滞し、社会インフラの劣化や資本の流入減に伴う金融システムの悪化に見舞われている。政府は2020年予算の承認をてこに国際資金援助を模索しているが、放漫財政や汚職の改革が遅れているとして資金援助も進んでいない。

ベイルートの街頭では「われわれが抗議活動をしているのは、ワッツアップのためではない。燃料や食料やパンやあらゆるもののためだ」との声が聞かれた。失業による家計の困窮を訴える者もいた。

*1段落目の表現を修正して再送しました。

あわせて読みたい

「レバノン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  2. 2

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  3. 3

    まん延防止措置が誤った形で使われている

    大串博志

    04月11日 08:22

  4. 4

    ユニクロの柳井氏への批判が胡散臭い 人権問題だからではなく嫌中だから 技能実習生問題にみる国内の人権問題

    猪野 亨

    04月11日 08:53

  5. 5

    連綿と続く「ワクチン忌避」の歴史と課題。なぜ日本はワクチン競争で敗北したのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月11日 08:26

  6. 6

    中途半端な自粛要請で「コロナ特需」の飲食店

    内藤忍

    04月11日 11:59

  7. 7

    原発処理水の海洋放出を決めた菅内閣は、言い出しっぺの細野豪志氏をもっと大事にした方がいいだろう

    早川忠孝

    04月11日 17:10

  8. 8

    日本学術会議問題 会員の任命拒否と組織のあり方の議論は別

    小宮山洋子

    04月11日 18:36

  9. 9

    YouTuber逮捕は氷山の一角、児童の「自画撮り被害」という社会問題

    NEWSポストセブン

    04月11日 17:28

  10. 10

    観光先の海で強い揺れ… 津波から大切な命を守れますか? 鎌倉で考えた防災

    清水駿貴

    04月11日 08:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。