記事

カジノ業界の巨星堕つ、スティーブウィンのラスベガス追放

さて、以下のようなニュースが飛び込んできました。
米ラスベガスのカジノ王、セクハラ疑惑で業界から追放へ
https://forbesjapan.com/articles/detail/30245

米ラスベガスのカジノ王、スティーブ・ウィン(Steve Wynn)は昨年2月、自身にまつわるセクハラ疑惑の報道を受け、「ウィン・リゾーツ」の会長およびCEO職を辞任した。ネバダ州のカジノを規制するネバダ・ゲーミング管理局(Nevada Gaming Board)」は10月14日、彼のカジノ業界の会員資格を停止する告訴状を提出した。
近代カジノ業界の発展史における最大の功労者の一人として名高い、カリスマ経営者スティーブ・ウィンがネバダ州のゲーミングコントロールボードからライセンス剥奪されるとの報。文字通り「業界追放」であります(少なくともネバダ州からは)。

ウィン氏に纏わるセクハラ報道が大量にリークされたのは昨年の2月。この報道の背景には同氏が当時CEOを務めていたウィンリゾートの経営権を巡る問題がある為、必ずしも一連の報道を表面通り受け取る「だけ」が正しいわけではないのですが、一方でウィン氏の女癖の悪さは実は業界内では古くから知られていることではありました。

一方、彼のセクハラを正統化するつもりは毛頭ないとお断りを入れた上で、彼自身が性的魅力の高い女性以外に対しても絶大なる「人たらし」ぶりを発揮する、文字通りの「カリスマ」であったのも事実で、一連の事件はスティーブウィンという人物の持つ生来からの性質の「裏/表」であったのかなあと言った印象です。

同時にウィン氏の失脚は、ラスベガスにとっては「一時代の終わり」を意味します。スティーブウィン氏は1980年代後半から1990年代に亘ってのラスベガスの拡大期に貢献した「ラスベガスを作った男」と呼ばれる経営者(あくまでレトリックの上での話ですが)。現在、我が国にも導入が予定されているカジノを中核とした複合観光施設、すなわち統合型リゾートの原型となる開発スタイルを確立したのが彼であります。

勿論、昨年2月にCEOを辞任して以降、ウィンリゾート社は彼の経営の手から離れていますので今回の彼のラスベガス追放が経営に直接与える影響はないですし、そもそもウィンリゾートは現在、ラスガスにいくつか存在するカジノ企業の中の「一つ」でしかない。そういう意味では、直接街にあたえる影響、カジノ業界に与える影響はないわけですが、1980年代以降、およそ40年に亘って街の象徴、もしくは業界の象徴とされてきた経営者の一人であるわけで、彼が死去したのならまだしも、今回彼がセクハラで業界追放を受けて消えて行くという事実に、いち業界人として、そして己の青春時代の一部をラスベガスで過ごした私としては胸に来るものがある。タイトルにも記した通り、今回の一件は「カジノ業界の巨星落つ」ではなく文字通り「巨星『堕つ』」なわけです。

一方で業界内を見回してみますと、マカオなどでは次世代の業界カリスマがチラホラ見え始めていますが、一方でラスベガス、もしくは米国のカジノ業界内では若かりし頃のウィンほど異才を放つスター経営者は未だ表れていないのが現状。「Next ウィン」などとして一時的に注目を浴びた、あの経営者、この経営者も5年/10年の単位でみると消えて行きましたね(遠い目。次なる業界カリスマはどこから生まれるのか。ひょっとするとそれはこれから新たに生まれる日本のカジノ業界から、なのかもしれません。業界の次なる未来を期待しながら見守って参りましょう。

最後にスティーブ・ウィンさんにおかれましては、ご年齢的に「一度身を清め、次なる新天地でのご活躍をお祈りしております」と言えるような状況ではありませんが、業界人生の晩年にあたるここ数年間の各種スキャンダルはあったものの、貴方が業界史に刻んだ何十年にも亘る功績は未だその光を失ったわけではありません。ぜひ、業界の未来は後進に託し、静かな余生と幸せかつ充実した晩年生活を送られますことを、こころよりお祈り申し上げております。

あわせて読みたい

「ギャンブル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  2. 2

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

  3. 3

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  4. 4

    重症者少ないアジア 人種要因か

    大隅典子

  5. 5

    報道番組をエンタメにしたTVの罪

    メディアゴン

  6. 6

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  8. 8

    ガールズバーと混同 バーが怒り

    木曽崇

  9. 9

    学校で感染集団 予防はまだ必要

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    米の中国批判に途上国はだんまり

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。