記事

【トランプとメディア】

トランプ大統領の応援団とされる米Fox Newsですが、その中ではキャスターのShepard Smith(55歳)は政権批判を展開する貴重な存在でした。

1996年のFox設立当初から社員だったということで彼の辞任がワシントンで話題になっているそうです。



New York TimesはShepard Smith, Fox News Anchor, Abruptly Departs From Network(スミスキャスター、突然の辞任)の中で、保守系のフォックスが親トランプだと批判する人にフォックスはこれまで真実を語るシェパード・スミスキャスターがいると大統領びいきを否定していましたが、「今後はほかの事例が必要だ」として、辞任を伝えています。

先週金曜日、放送の最後に「最近会社に対して辞めたいと申し出た。慰留されたのちに受け入れられた」と述べ、あまりに突然の離任に同僚すらも驚いたということです。

親トランプの放送局で、大統領に対して「なぜウソの上にウソ、さらにウソを上乗りするのか」「ミスリーディングで差別的だ」と批判する55歳のベテランキャスターの存在は際だったとしています。

フォックスを代表するキャスターのSean HannityやTucker CarlsonよりもリベラルなCNNのAnderson Cooperに発言が近く頻繁にトランプ大統領に批判されていたそうです。

Washington PostはThere is no civil war at Fox News. That is the problem(フォックス内部で意見の違いがないことが問題だ)の中で、放送局とリアルな世界との数少ないつながりをだったシェパード・スミスを失ったと報じています。

フォックス・ニュースで23年のベテランは午後3時のニュースは誠実さがトレードマークで、同僚で嘘つきで挑発的なタッカー・カールソンやショーン・ハニティーがキャスターを務める番組を続けていると指摘。

カールソンが放送でスミスを「党派的」と批判したあとフォックスはカールソンを注意するか、逆にスミスにカールソンを批判するなと言うかの選択を迫られたものの、会社はカールソンによるスミスいじめを見逃してきたということです。

一方、Politicoは、Inside Mark Zuckerberg's private meetings with conservative pundits()の中でフェイスブックのザッカーバーグCEOがタッカー・カールソンら保守系のジャーナリストと少人数のオフレコ会食を実施していると伝えます。テーマは言論の自由やパートナーシップ

ことし7月に始まり、すべてカリフォルニア州にあるザッカーバーグ氏の複数の自宅のひとつで開催され、リベラル・バイアスに偏っているという批判に対して保守系の仲間を増やすのが狙いだということですが、フェイスブックとグーグルを相手取って訴訟を起こすと警告したトランプ大統領などへの融和姿勢として批判されそうだとしています。

ザッカーバーグ氏はワシントンを訪れた際にトランプ大統領や娘婿のジャレッド・クシュナー、ホワイトハウスのSNS担当のDan Scavinoと会談したそうです。

さらにザッカーバーグ氏は来週=今月23日に議会下院の金融サービス委員会に証言を求められていて、批判が相次いでいるデジタル通貨のリブラについて話すことになります。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工めぐる韓国高裁のこじつけ

    緒方 林太郎

  2. 2

    総理がメディアに指示? 質疑話題

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    なぜ高学歴なのに低収入になるか

    内藤忍

  4. 4

    桜を見る会 予算の内訳説明せよ

    大串博志

  5. 5

    民主政権の桜を見る会 今と違い

    井戸まさえ

  6. 6

    病気だけはネットで検索するな

    幻冬舎plus

  7. 7

    山本一郎氏がKAZMAX氏にエール

    やまもといちろう

  8. 8

    評判の結合映画 おっぱいに注目

    松田健次

  9. 9

    31歳東大准教授が日本の若手叱咤

    Thoughts and Notes from NC

  10. 10

    韓国の基金案で徴用工解決は困難

    緒方 林太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。