記事

避難所に逃げると危険!行政が指定した避難所はほぼすべて下半身以上浸水する危険地域!


みなさん。
勘違いしちゃダメです!
ダメされちゃダメです!
自然災害時の命を守る行動とは避難所に逃げることとは限りません!

台風19号で甚大な被害のあった宮城県丸森町中心部のハザードマップをみてびっくり。

え・・・と。
避難所に指定されてる場所、ほぼすべて今まで浸水実績がある場所で、かつ、0.5m以上浸水する(下半身以上水が浸かる)危険地域にあります。

災害対策本部の役場は3m以上5m未満の浸水地域。
ってことは1階水没する役場で災害対策するってことですかね?!

実際に今回の台風でも役場は浸水。
4階まであるので2階以上は大丈夫だとしても、1階浸水しているということは、災害対策本部自体も水で孤立するということ。

根本的に間違ってないか?
浸水する場所に避難所や災害対策本部があっても、その場所の高層階に逃げれば命は助かるかもしれないけど、水がひくまで孤立してしまう危険な場所ということでは?

避難所や災害対策本部は浸水しない町中心部以外の場所に設置しないと、命を守る行動にならないのでは?

急な津波がきて、とりあえずすぐに逃げるための津波タワーならわかるけど、そうじゃない。

結局、想定通りに避難所も災害対策本部も浸水しただけで、これでどうやって避難や災害対策をするというのか。
無理でしょ。

逃げるなら、避難所指定するなら、浸水地域外でないと。

災害対策本部も、浸水しない場所にしないと、災害対応無理じゃないですか?

たとえば、大規模水害が予想される東京の江戸川区では「区内にとどまるのは危険!」と訴え、区外に避難することを促している。


https://www.city.edogawa.tokyo.jp/documents/519/step1-3.pdf

これが本当の避難だ。
これが本当の命を守る行動のはず。

避難所が安全どころか危険な場合も多いので、避難所とか関係なく、町内区内で避難を考えるのではなく、町外や区外や市外の安全な場所に避難することを考えておきたい。

あわせて読みたい

「防災」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    緊急事態宣言を同時中継する忖度

    水島宏明

  4. 4

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  5. 5

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  6. 6

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  7. 7

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  8. 8

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  9. 9

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  10. 10

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。