記事

佐々木朗希「日本最速を更新したい」 ロッテ1位指名確定を受け抱負


 17日に都内で行われたプロ野球ドラフト会議2019。その1巡目指名でパ・リーグの日本ハム、ロッテ、楽天、西武の4球団が競合の末にロッテの井口監督が交渉権を引き当てた大船渡高校の佐々木朗希投手が会見を行い、「日本最速を更新したい」と抱負を語った。

 抽選を待つ間は「どこの球団になるのか」と緊張していたと話した佐々木は、交渉権を獲得したロッテの印象について問われると「12球団応援がスゴイ」と答える一方「武器はストレート。しかしプロではストレートだけでは通用しないので、他の球種も磨いていきたい」とプロ入りに向けて気を引き締めた。

 家族にはたくさん迷惑を掛けたと話した佐々木は「感謝の気持ちもあるが、これがスタートライン。一生懸命頑張っていきたい」と語り、ドラフトを見守った監督やチームメイトに対しては「僕一人ではここまで成長することは出来なかった。感謝の気持ちでいっぱい」と感謝を述べた。

 自己最速163キロの記録を持つ佐々木だが、プロで目指す球速について問われると「今ある日本最速を更新したい」と力強く抱負を語った。なお現在の日本球界最速は同じ岩手県出身で現在は米大リーグ・エンゼルスに所属する同郷の先輩である大谷翔平が2016年にマークしている165キロ。

【映像】佐々木投手、会見の模様

あわせて読みたい

「ドラフト」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  2. 2

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  3. 3

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

  4. 4

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  5. 5

    NY化近づく東京 野党の姿勢危惧

    青山まさゆき

  6. 6

    飲食店苦境「家賃、人件費重い」

    東龍

  7. 7

    小池知事のカタカナ語批判に反論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    緊急事態宣言へ 7都府県で1か月

    ロイター

  9. 9

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  10. 10

    東京感染者 4日で倍増すれば危険

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。