記事

銃撃事件のライブ配信は、「無差別暴力のゲーム化」を助長するのか?

ユダヤ教でもっとも大事な祭日ヨム・キプル(贖罪の日)に、銃撃犯がドイツのシナゴーグに侵入を試みた後、2人が死亡。(Photo by Robert Michael/dpa/AFP/Getty Images)

現地時間9日、名前が公表されていない銃撃犯がドイツの街ハレのシナゴーグ(ユダヤ教会堂)の外で2人を射殺したとのニュースが入った。銃撃からほどなく、ドイツ当局は容疑者を逮捕、拘束した。警察によると、近隣の町ランツベルクでも発砲事件が起きたが、2つの事件の関連性は明らかになっていない。

銃撃が起きた日がユダヤ教で最も重要な祭日ヨム・キプル(贖罪の日)だったことから、当初犯人は極右白人至上主義者だと見られ、ドイツ国務大臣も、「反ユダヤ主義的な攻撃」として事件の捜査を進めていることを明らかにした。事件の動機や、今回の犯人が8chanや4chanなどの掲示板の常連だったかについてはわかっていない。こうした掲示板は、クライストチャーチやエルパソの事件など、過去の銃乱射事件の犯人が過激化するきっかけとなったが、いくつかの点から、おそらく今回もそうである可能性が高い。

中でもとくに顕著なのは、犯人がわざわざカメラを装着したヘルメットをかぶり、攻撃の様子をゲーム配信サイトTwitchでライブストリーミングしていた点だろう。動画の中で犯人とみられる男は、女性や大量移民、ユダヤ人についてまくしたて、ホロコーストはでっちあげだという持論をほのめかし、カメラに向かって「西欧で出生率が低下したのはフェミニストが原因だ、それと引き換えに大量移民がやってきた、全ての元凶はユダヤ人だ」と語っていた。その後男は銃撃を録画するためのカメラを装着したヘルメットをかぶり、ダッフルバックから武器を取り出した。動画には、男がシナゴーグのドアを開けようと試みるも、開けらなかったために通行人に向かって発砲する様子が映し出された。その後男は近くのケバブ屋に向かい、再び発砲した。

配信の目的は?

Twitchの広報担当者はローリングストーン誌に宛てた声明の中で、動画はすでに同サイトから削除されたものの、アップロードされた経緯については現在調査中だと述べた。「我々は本日ドイツで起きた事件に衝撃と悲しみを感じております。被害に遭われた皆様には心よりお悔やみを申し上げます。Twitchでは憎悪による行為は一切許容しない方針を取っており、いかなる暴力にも真剣に対処いたします。我々はただちにこのコンテンツを消去いたしました。他のアカウントでこの忌まわしき行為の映像を投稿または再投稿されているのが判明した場合は、そのアカウントを永久に停止いたします」

銃撃をライブストリーミングしていたことから、この犯人は昨年春ニュージーランドのクライストチャーチで起きたモスク銃撃事件の犯人を模倣しようとしていたようだ。51人が命を落としたこの事件はFacebook Liveでストリーミングされ、Facebook側は慌てて動画を削除するはめになった。いずれの事件でも、犯人はヘルメットに着けたカメラからライブストリーミングし、自分たちの犯行をファーストパーソン・シューティングゲーム(一人称視点のゲーム)風にしていた。この点については、調査報道サイトBellingcatのジャーナリスト、ロバート・エヴァンス氏が詳しく説明している。

こうした試みは、極右白人ナショナリスト全般にみられる「無差別暴力のゲーム化」を助長する流れの一部だと、エルパソ銃撃事件後の記事でエヴァンス氏は述べた。この事件でも、容疑者は襲撃前に憎悪に満ちた犯行声明文を投稿していた。エヴァンス氏いわく、8chanや4chanといったフォーラムでは、極右過激派たちが襲撃による死者の数を「高得点」と称して夢中になり、犯行のライブストリーミングはもちろん、映像のバックに流す「サウンドトラック」の選曲について語り合っているという。「我々がここで目にしているものこそが、8chanが世界のテロリズムに唯一もたらした真のイノベーションです」と記事の中でエヴァンス氏は述べ、こうした暴力行為の最終目的は世間の注目をひいて模倣犯を煽ることだと締めくくった。警察は今のところ、ハレの事件の犯人がchanカルチャーに関係していたと断定はしていないが、動画の中で犯人は自らを「anon」と呼んでいた。4chanや8chanなどのフォーラムでは、匿名の投稿者を指す言葉だ。

ペンシルベニア州ピッツバーグのシナゴーグTree of Lifeで起きた銃撃事件や、カリフォルニア州パウウェイのシナゴーグで起きた襲撃事件をふまえると、今年に入ってからシナゴーグで起きた襲撃事件はこれで3件目となる。

Translated by Akiko Kato

あわせて読みたい

「銃撃事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  6. 6

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  7. 7

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  8. 8

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  9. 9

    「007」初代ボンドの俳優が死去

    ABEMA TIMES

  10. 10

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。