記事

環境に優しい通勤都市、東京・北京などアジア4市がトップ10入り


[ブリュッセル 16日 ロイター] - 広告代理店世界最大手WPP傘下のデータ分析会社カンターが17日公表する調査結果によると、環境に優しい世界の通勤都市ランキングの上位に、東京、北京、シンガポールが入った。ソウルも7位となり、アジア都市のランク入りが目立った。

上位となった理由としては、人口が多いにもかかわらず、大半が徒歩や公共輸送機関を利用して通勤しており、自動車通勤が比較的少ないことが挙げられた。

カンターのシニアディレクター(交通分野担当)、ロルフ・カレン氏によると、北京では「2人に1人が公共交通機関で通勤している」という。

調査では、世界31都市で2万人に通勤手段を質問した。

欧州都市では、ロンドン、コペンハーゲン、アムステルダム、モスクワがナイロビ、サンパウロとともに上位10位以内に入った。

北米の都市は、上位に入らなかった。

あわせて読みたい

「東京都」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    武漢閉鎖 中国の感染対策に懸念

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    減るべくして減った日本人の賃金

    城繁幸

  3. 3

    東大卒は経済的勝者になれない?

    内藤忍

  4. 4

    ブレグジットで英BBCが危機状態

    小林恭子

  5. 5

    1億5000万円の衝撃 河井議員疑惑

    大串博志

  6. 6

    e-Taxの確定申告 認証設計に不安

    tokyo editor

  7. 7

    武漢から帰国の日本人が語る変化

    AbemaTIMES

  8. 8

    進次郎氏育休に純一郎氏が激怒か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    眞子さまが詠んだ小室氏への思い

    NEWSポストセブン

  10. 10

    米作家 人口減少は日本に利ある

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。