記事

「教育熱心な親の子」が4年生で潰れる根本原因

1/2

小さい頃からたくさんの習い事をさせている家庭では、小学4年生ごろから成績が伸び悩むケースが多いという。『5歳から始める最高の中学受験』(青春出版社)の著者の小川大介氏は「習い事や勉強をさせすぎると逆効果になる。それより料理や掃除、洗濯といったお手伝いをさせたほうがいい」とアドバイスする——。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Hakase_

高学年で成績が伸びなくなる子の共通点

中学受験の指導に関わるようになってかれこれ28年になります。その間、私はさまざまなご家庭の教育相談を受けてきました。勉強のやり方がわからない、大手進学塾の授業のスピードについていけない、頑張っても成績が上がらないなど内容はいろいろですが、特に多いのが「高学年になってから成績が伸びなくなった」というご相談です。

そういうご家庭に「お子さんが小さい頃、どんな過ごし方をされていましたか?」と尋ねると、「月曜日はピアノ、火曜日は公文、水曜日は体操教室、木曜日は学習塾、金曜日は水泳、土曜日は理科実験教室、日曜日はボーイスカウト」といったように、たくさんの習い事をさせていたり、低学年のうちから塾に通わせていたりすることがとても多いのです。

教育熱心な親御さんと頑張り屋さんの子ども。こういう子はみんな低学年まではいい成績をとり続けますが、4、5年生あたりから「あれ? なんかおかしいな」というご家庭が出てきます。一生懸命勉強をしているのになぜか成績が伸びにくくなってくるのです。本人は努力しているのに、伸び悩んだまま入試を迎える子も少なくありません。

一方で、学年が上がるにつれてグングン伸びる子がいます。中学受験の勉強が始まった頃は、「授業のスピードが速すぎてついていけない!」「こんなにたくさんの宿題はできない!」ともがいていたのに、一度ペースをつかむと、別人になったかのように、メキメキと頭角を現すのです。そして、あれよあれよと成績が上がり、入塾時には考えられなかった難関校にひょいっと合格してしまうこともあります。

夢中になると「学びのセンサー」が全開に

この違いは何かを考えてみたとき、私はこれまでたくさんのご家庭を見てきた経験から、一つのことに気づきました。それは、小さい時にどれだけ夢中になれる体験をしてきたかどうかが、とても大切だということです。

4年生の段階では、勉強のペースがつかめなかったヒロキくん。お母さんに話を聞くと、小学校低学年までは勉強は学校の宿題だけで、あとは毎日外遊びをしていたと言います。家に帰ってくると、いろいろな虫を捕まえてきては「この虫の羽根、キレイな色をしているでしょう」と得意気に見せていました。それを見たお母さんは「わぁ、ほんとね。この虫なんていう名前なのかしら?」と、一緒に図鑑を広げて調べていたそうです。

子どもは楽しくて夢中になれるものに対しては、学びのセンサーが全開になります。ヒロキくんにとって虫取りは「遊び」でも、目の前にあるいろいろなことに興味を持ち、それを知りたいと行動に移し、自分の知識として蓄えてきた。このことが、のちの勉強へとつながっていったのです。

たっぷり遊んだ子には「強い心」が備わる

例えば、塾で理科の生物を勉強したとき、先生の話を聞きながら、「あっ! あのときに見つけた虫にはこういう特徴があるから、このグループなのだな」と理解が深まる。このように、自分の体験とつながってくるからおもしろく感じるし、頭にも残りやすくなります。塾に通い出した当初は、テキスト主体の勉強に慣れずに戸惑っていたヒロキくんでしたが、勝手がわかってくるにつれて大きく伸びたのは、この「生きた理解」があったからです。

そして、もう一つよかったのは、親御さんが夢中になるわが子の姿を温かく見守っていたことです。もし、ヒロキくんのお母さんが「虫なんて捕まえていないで、勉強しなさい!」と言っていたら、ヒロキくんはここまで伸びなかったでしょう。子どもはお母さんとお父さんが大好き。親の愛情を感じながら、自分が好きなことをして遊ぶというのは、子どもにとって何よりの安心感と幸福感をもたらします。

こうしたプラスの感情をベースに持ちながら幼少期にたっぷり遊んで学んだ子は必ず後伸びします。幼少期に「満足がいくまで遊んだ」「納得がいくまでやり遂げた」といった経験をしてきた子は、たとえ途中で壁にぶつかっても「自分ならなんとか乗り越えられる」という強い心が後押しします。そして、ここぞというときに、ものすごい集中力を発揮するのです。

あわせて読みたい

「教育」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  2. 2

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  3. 3

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  4. 4

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  5. 5

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。