記事

「強引な登山客が原因で復旧遅れる」「営業しているので来てほしい」 台風19号の被害で揺れる高尾山

1/2
BLOGOS編集部

各地で甚大な被害をもたらした台風19号。16日現在74人が死亡、11人が不明となり、けが人は224人にのぼった。東京都内の人気登山スポット・高尾山(八王子市、標高599m)も10月の登山ハイシーズンを前に大きな被害を受けた。

現在も土砂崩れや倒木の影響で複数のルートが通行止めとなっている高尾山。16日にBLOGOS編集部が訪れると、登山客の姿は戻りつつあった。一方、積もった駐車場の泥をかき出す作業員や、崩落した橋の工事に携わる人、浸水被害をうけた商品を整理する土産店スタッフの姿も。

地元関係者からは「風評被害が怖い」「元気に営業しているからぜひ足を運んでほしい」という声とともに、「強引な登山客が原因で復旧工事が遅れることが心配」という懸念の声も聞こえた。

川が氾濫し、駐車場に積もった泥

BLOGOS編集部

八王子市は11〜12日にかけて、24時間で409ミリと観測史上最大の大雨を記録。台風通過後の13日は晴れたものの、高尾山のハイキングコースに大量の水が流れ出ている動画や写真がYouTubeやSNSなどにアップされた。

BLOGOS編集部

BLOGOS編集部

ほとんど毎日、高尾山を登っているという八王子市の女性(76)は「13日に訪れた際、川の水が溢れ道路の一部が陥没、京王線高尾山口駅の前は泥だらけだった」と語る。16日になるとほとんど泥は撤去されていたが、駐車場は一部使用できず、泥を運び出す作業は続いていた。

BLOGOS編集部

現在もハイキングコースのうち1号路の一部と6号路が土砂崩れや倒木のため通行止めとなっている。

地元飲食店は通行止めで客足半分以下に 「風評被害が怖い」

BLOGOS編集部

国土交通省は土砂崩れなどのため、高尾山の麓を通る国道20号の一部を通行止めとしている。通行止め区間で飲食店「いろりの里 高尾山名主 ごん助」を経営する井上貴嗣さんは「10〜11月は登山客が増える稼ぎどきなのに、台風の被害は大きい…」と悲鳴をあげる。

BLOGOS編集部

台風通過時、店の裏手にある祖父の家に向かおうとした井上さんは土砂崩れに遭遇。かかとまで土砂に埋もれたという。井上さんは「真っ黒な土のかたまりがスローモーションのように流れてきて逃げることができなかった。足に絡みついた土砂はまるでセメントのようで、本当に死ぬかと思った」と振り返る。

通行止めの影響でごん助の前を通る国道20号に車の影はない

店に被害はなく現在は通常通り営業しているが、通行止めなどの影響もあり客足は例年の半分以下になったという。井上さんは「現在は予約していたお客様が来てくださっていますが、ネットに動画などがアップされ、高尾山周辺が危ないという風評被害が怖い。元気に営業しているので、ぜひ遊びにきてほしい」と呼びかけている。

あわせて読みたい

「台風」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    いきステ来客減 子連れ層を狙え

    かさこ

  2. 2

    土井善晴語る 日本の食の問題点

    村上 隆則

  3. 3

    中国の人権問題で沈黙続ける野党

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    首相補佐官が公費で京都不倫出張

    文春オンライン

  5. 5

    日本のク・ハラさん報道に批判

    舛添要一

  6. 6

    すき焼きでPR図った群馬県の過ち

    東龍

  7. 7

    伝説のファウルをW杯審判が解説

    森雅史

  8. 8

    残業代未払い コンビニ労組激怒

    キャリコネニュース

  9. 9

    日銀総裁「来年の経済は明るい」

    ロイター

  10. 10

    アンダーヘア脱毛 医師から賛否

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。