記事

複数の「リベラル」〜「何への寛容?」〜

1/2

<リベラルの若干の補足>

 過日上梓した新刊(『なぜリベラルは敗け続けるのか』(集英社インターナショナル)では、あくまでも現代日本の文脈において「政治をするということ」を説明し、政治と思想の峻別を呼びかけることが趣旨であったため、タイトルにある「リベラル」の範囲もかなり腰だめの定義(反国家保護主義的立場、それゆえに個人を重んずる態度、その意味で近代立憲主義を守り、格差必然の富の分配にだけは政府が適度に介入するべきだとする態度)で示さざるをえなかった。

 したがって、どうしてもそこでは、リベラル=「ややぼんやりと野党陣営側」という単純化した図式になってしまう。しかし、一冊の書物に全てを背負わすことはできないので、それにいまひとつ説明を加えておく必要があると考えた次第である。
 なぜならば、保守の側にも「リベラル保守」という、多くの人々が手垢とともにもつ「リベラル」とはまた異なるニュアンスのものがあるからだ。政治的マニフェストが含みもつ性格とは、こうしたキーワードのヴァリエーションを、その最中には細かく設定できないことである。

<アクセントの異なる寛容の概念>

 とは言え、なおここでも保守やリベラルについての目配り十全な説明をするには紙幅が不足し、本来なら別の書を上梓せねばならないので、とりあえず”リベラル”の含意として中心的位置を占める「寛容(tolerance)」の概念について若干のメモ書きをしておきたい(リベラルを分節化するための切り口は、もちろんこれだけではない)。
 この言葉の分節化が適切になされないと、二種類のリベラルが、およそ共有地平を狭くさせられ、架橋不能な対立関係とされてしまう。つまり(対立はあって当然なのだが)言葉に込められた意味の違い、逆に共有価値に無自覚なまま、各々が勝手に「リベラル」という言葉を使って、まったく建設的でない相互非難となってしまう。これらの違いは是非とも区別しておかねばならない。

 まずは、保守主義者が使用する場合の「リベラル」である。

 例えば、西部邁が「自由民主主義は保守主義であらざるをえない」と言う時の「リベラルマインド」とは、理性の限界と危うさを心に留め置き、人間の誤謬を前提に、他者と世界の不可知性を受け止め、それを克服するために平凡ゆえに非凡なる死者の言葉と知恵、すなわち伝統への敬意と、他者との対話を繰り返していく謙虚さが必要だという態度だ。その意味で「寛容さ」が不可欠なものとして登場する。

 骨子は、「対話」と「謙虚さ」を基盤とした「寛容さ」になる。失敗が標準である人間を受け入れ、万能なる理性など持ち出すな、である。

 しかし、他方で「個人の多様性(diversity)」系リベラル(とでも呼ぶべきもの)がある。

 ここでは、個人の自律と尊厳に軸足を置き、それゆえに各々の個人がもたらす社会的に多様な諸価値を相当程度において重視する。彼らの主張の中心は「新しい考え方(伝統と対立するもの)」の萌芽と台頭に対して「寛容たれ」というところにある。
 このキャンプでは、LGBT、アボーション、パリテ、エコロジー、障がい者、総じて少数者の擁護がなされる。したがって、そこから導き出される家族観、社会観、国家観、人権の持つ普遍性から敷衍される様々な寛容な諸制度(種々の福祉的配慮、刑務所における待遇や人権の擁護など)を構築すべしという態度が、彼らにとっての「リベラルマインド」ということになる。

 この場合の骨子は、「個人の尊厳」と「多様性の尊重」を基盤とした「寛容さ」になる。世界には色々な人がいることを受け入れよ、である。

<各々の背景の違い>

 これは、言わば「オルテガ的反大衆的態度 vs 多様性リベラル」とでも言うべき対立図式になるだろう。ファシズム台頭時代のスペインの哲学者、オルテガ・イ・ガセットにとって大衆とは、「自分が他者と同じだということに安心する」、この世に一人しかいない自分というものと向かい合う気がさらさら無い大量の人間たちであって、欲望の放縦(ほうしょう)と表裏の関係にある個別の人間への敬意を失った者達である。
 これを忌避するオルテガの信奉した価値は当然、古くは宗教的寛容を源とするヨーロッパ伝統の自由主義となった。

 逆に、主として新大陸を中心に独特のニュアンスを持って発展してきたリベラルには、ルーズベルト連合(これまで放置されてきた人々を組入れた20世紀米国民主党の政治支持基盤)が必然的に抱え込んだ多様なる社会的選好がある。
 つまり、いわゆる政治・社会的主流派であった、ワスプ(white Anglo-saxon protestant)以外の少数派が、北米の強い個人主義志向を基礎に、人種的にも宗教的にも、社会経済的にも、多様な集団として包摂されることによって醸成されてきたのが、このリベラル派である。だから「砂つぶのような大衆」というイメージよりむしろ、彼らは伝統の桎梏から相対的に自由な個人主義者たちである。

あわせて読みたい

「リベラル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  2. 2

    JESSE被告「コカインなめた」

    阿曽山大噴火

  3. 3

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    222万部減 新聞はもう要らないか

    PRESIDENT Online

  5. 5

    佐野史郎 病室では寝たきり状態

    女性自身

  6. 6

    日韓対立 両国は主張の棚上げを

    舛添要一

  7. 7

    桜を見る会予算を国民向けに使え

    柚木道義

  8. 8

    大嘗祭反対集会? 朝日記事に疑問

    和田政宗

  9. 9

    「山本太郎都知事」はあり得るか

    PRESIDENT Online

  10. 10

    朝日のがん治療本PR見直しを称賛

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。