記事

「表現の不自由」は誰にとっての問題だったのか

1/2

国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」が10月14日、75日間の会期を終えた。企画展「表現の不自由展・その後」がわずか3日で中止になるなど混乱したが、会期末まで1週間に迫る10月8日になって展示を再開。抗議のため展示中止となっていた作品などもすべて元に戻った。現地を視察した観光学者の井出明氏は「今後のためにアートと大衆の分断を避ける手立てを考えるべきだ」と指摘する――。(第5回/全5回)

国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の最終日を終え、拍手する芸術監督の津田大介氏(右から3人目)と大村秀章愛知県知事(同2人目)ら=2019年10月14日、名古屋市東区 - 写真=時事通信フォト

■「慰安婦像」を扱った部分が見えなくなっていた

今回は、筆者が視察した9月16日時点での展示内容を前提に、あいちトリエンナーレが残した課題について考察したい。

「不自由展」の会場は愛知芸術文化センターだったが、その影響は豊田会場の作品にも及んでいた。たとえば、小田原のどか「↓(1946‐1948/1923‐1951)」については、いわゆる「慰安婦像」を扱った部分が見えなくなっており、このことは、公式のウェブサイトでは告知されていなかった。ステートメントを読めば経緯がわかるのだが、現場の悩みを感じさせる。

あいちトリエンナーレ2019の展示風景。小田原 のどか《↓(1946‐1948/1923‐1951)》2019 - Photo: Takeshi Hirabayashi

彼女の作品「↓(1946‐1948)」「↓(1923‐1951)」については、豊田会場担当のキュレーターからの依頼を受けたという前提があるものの、長崎の被爆や戦前の軍人像の台座を題材にしている以上、大規模な空爆を経験し、かつて軍都であった名古屋でも対峙したかったというのが鑑賞者としての率直な思いである。もちろん豊田にあることによってこの作品自体の価値が下がるわけではないのだが、仮に名古屋にあれば観光学者としての私の想像力はより掻き立てられたであろう。

時間と空間を相手にする観光学を専門にしているからかもしれないが、私は各種のインスタレーションを見たとき、妄想のように「あの場所においたらどうかな?」とか「あっちの広場においたらどうだろう?」などと思い浮かべる。現実には様々な制約があり、作者にせよキュレーターにせよ、「鑑賞者は勝手なことを考えるものだ」と感じるかもしれないが、屋外インスタレーションをどこにおいたらもっと楽しめるだろうかと考えることは、芸術の新しい楽しみ方の一つだと思う。

■平面作品を覆う新聞紙が「赤旗」だった謎

豊田会場の美術館の展示作品にも影響が出ていた。レニエール・レイバ・ノボの作品の中には、毛沢東やカストロの姿を消すことによって権力への懐疑を表すものもあるそうだが、こちらの会場に展示されていた「革命は抽象である」は、「不自由展」の展示中止によって、抗議の意を示すためにオブジェにビニールが被せられるとともに、平面作品は新聞紙で覆われてしまった。

当初この展示室に入ったとき、元の作品が事実上見られなかったため筆者としては大いに残念に感じたものだったが、平面作品を覆っている新聞紙の一部が日本共産党の機関紙である「赤旗」となっており、新鮮な驚きを持つに至った。

ノボの20枚の平面作品のうち、3枚ははっきりと「赤旗」として確認できる新聞紙で覆われていた。公立美術館の美術作品として、日本共産党の機関紙を目の当たりにした私は、いろいろと思い悩むことになる。

新聞紙で覆われてしまっていたレニエール・レイバ・ノボの平面作品。 - 撮影=井出明

■美術展で政党機関紙を「見せられる」という状況

美術館にあいちトリエンナーレの展示作品としてオーソライズされた状態で展示されているとすれば、それは愛知芸術文化センターにおける慰安婦を表象する少女像や昭和天皇の肖像写真が燃える(ように解釈されうる)映像作品などと異なり、直接的な政治活動としての意味を持ってくる。

図書館に赤旗があるのというのは、情報にアクセスしたい人がそれを見るだけだから、特に問題はない。だが、美術展を見に行った人が政党機関紙を「見せられる」という状況は、公立美術館の持つべき政治的中立性が侵されていると言えないだろうか。

この「新聞紙」は、1枚を除き「表現の不自由展・その後」に関する記事が掲載されたものであるため、覆いに使われることには論理的整合性が感じられるものの、なぜここにこれほどの「しんぶん赤旗」が集積しているのかは、私の想像力を刺激する。

あわせて読みたい

「あいちトリエンナーレ2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 コロナめぐり識者に苦言

    橋下徹

  2. 2

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  3. 3

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  5. 5

    夫の性犯罪発覚で妻が味わう屈辱

    幻冬舎plus

  6. 6

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

  7. 7

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  8. 8

    中居正広「登る山を探している」

    SmartFLASH

  9. 9

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

  10. 10

    3日で5倍 韓国のコロナ感染急増

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。