記事

【台風19号水害】言葉を失う惨状。〝陸の津波〟で泥まみれの地獄絵図。「これのどこが『まずまずに収まった』なのか」。二階発言に被災住民から怒りの声~福島県郡山市ルポ

1/2
眼前に広がる惨状はまるで〝陸の津波〟。地獄絵図としか言いようの無い光景だった─。台風19号による水害は、福島県内だけでも18人が死亡、4人の行方不明者を出す甚大な被害をもたらした(福島県災害対策課まとめ)。多くの住宅が泥水に襲われた郡山市水門町では、15日も住民たちが朝から泥まみれの家財道具や畳を屋外に搬出するなど、後片付けに追われた。「これのどこが『まずまず』なんだ」、「俺たちの前で言ってみろ」。復旧を急ぐ現場では、台風被害を「予測と比べるとまずまずに収まった」と言い放った自民党・二階俊博幹事長への怒りに満ちていた。


【わが家を前にあふれる涙】

 「こんなことなら、いっそのこと家が全部流されてしまった方が気が楽だった」。家族や親類と片付けをしていた男性(38)は、あふれる涙をこらえる事が出来なかった。

 郡山市水門町に新築して10年余。水はあっという間に1階を飲みこみ、2階にまで達した。水の勢いは、自宅から少し離れた場所に建てられた自動販売機を土台ごと流してしまうほどだった。わが家の外観だけを見れば、水害に見舞われたなどとは思えないほどきれいなまま。しかし、自宅前に出された泥だらけの冷蔵庫や洗濯機が変わり果てた室内の様子を如実に表していた。「もはやリフォームするとか、そういうレベルでは無いですよね。この状態では住めないですから。しばらくは親類宅に身を寄せて、その後どうするか考えます。建て直すとかを考えると心が折れちゃう」。


 水門町は、郡山駅東口から約2キロメートル。阿武隈川と谷田川に挟まれるように位置する。1986年8月5日に起きた「8・5水害」でも甚大な被害を受けた。その後、1メートルほどかさ上げするなどの対策が講じられたが、当時を知る住民は皆、口を揃えて「あの時より酷い」と話した。

 ある夫婦は「昨年、家を購入して引っ越してきたばかりなんです。昔の水害の事は知っていましたが、『大丈夫だよ』と聞いていたので…。まさかこんな事になるとは」と表情を曇らせた。別の女性は「雨が落ち着いたので帰宅したら、2階に上がっていた30分間ほどの間に1階が飲み込まれてしまった。自衛隊のボートに救出してもらいました。家も車も駄目になっちゃったけど、とりあえず生きてて良かった」と語った。

 「とりあえず今は人手が欲しいです。週末が雨予報だから晴れているうちに片付けたい。マスクや軍手、ごみ袋も欲しいです」と住民の1人。郡山市社会福祉協議会は15日午後、災害ボランティアセンターを設置した。






①②多くの住宅が泥水に襲われた郡山市水門町。道路には家の中から運び出された家財道具が積み上げられている

③まるで〝陸の津波〟。ある住宅には、近くに設置されていた自動販売機が台座ごと流れ着いていた

④「亡くなったおじいちゃんが娘のために買ってくれた大切な形見」という雛人形。泥だらけになってしまったが、きれいに洗い流した

⑤水門町では一部の信号が消えていた。警察官の姿は無く、住民は車の往来の合い間を縫うように渡った

あわせて読みたい

「台風」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中年男性とJK密会描く漫画が物議

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    音喜多氏の入党で一皮剥けた維新

    早川忠孝

  3. 3

    国内に虚勢張る韓国 外交で難点

    NEWSポストセブン

  4. 4

    現金ばかり 日本と変わらぬ台湾

    川北英隆

  5. 5

    韓国人旅行者65%減で地方に痛手

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    宗男氏 前夜祭巡りホテルに確認

    鈴木宗男

  7. 7

    現金にこだわるサイゼ社長に呆れ

    永江一石

  8. 8

    産婦人科は奴隷労働? 無知な市民

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    自動運転で死亡 責任は運転手に

    飯田香織

  10. 10

    元セガ社長の暴露に「ムカつく」

    fujipon

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。