記事

30代後半の女性はナゼ「老けている」のか?


先週末もまた3連休でしたが、何の祝日かと思えば、体育の日でした。それを受けてか、昨年スポーツ庁によって実施された平成29年度体力・運動調査の結果がニュースになっていましたが、興味深い内容となっています。

各世代毎にサンプル調査をして、対象となる74,194人のうち、64,648のデータ(回収率87.1%)から分析されたものです。

グラフのように、体力年齢は運動頻度と相関があり、毎日運動している人の方が「体力年齢<実年齢」となっている比率が高くなります。これは、どの世代にも共通する傾向です。

NHKのニュースウェブサイトでは、「体力年齢」が「実年齢」より若い人の割合が、20年前の調査より50歳代で大幅に増えているとしています。

例えば、55歳から59歳の男性で、体力年齢の方が若い人の割合は、30.9%から52.5%と、20%以上の大幅な増加になっています。同じ年齢層の女性も、36.5%から54.8%と20年で大幅に増加しています。どちらも半数を超える人が、体力年齢が実年齢より若い状態です。

一方で、35歳から39歳の女性は、50代後半とは対照的に、同じ比率が40.3%から26.8%と減少しています。

30代後半の女性が、50代後半の人たちと逆行して「老けている」のはナゼなのでしょうか?

これは運動の頻度が低くなったことが原因と考えるのが自然です。スポーツ庁の調査チームは「女性の社会進出が要因の1つではないか。」と指摘しています。つまり、女性が社会進出して、仕事と子育てで運用・スポーツをする経済的・時間的な余裕が無くなり、体力年齢が上昇しているという仮説です。

私もトレーニングやウォーキングをして、体力維持を意識的に行っていますが、運動やスポーツにはお金と時間がかかります。ジムに通うには会費を払わなければなりませんし、ウォーキングはお金はかかりませんが、時間が必要です。

体力を維持し、若々しい肉体を手に入れるためには、仕事や家事に追われる生活から脱皮しなければなりません。

そして、体力年齢だけではなく、これからは「見た目年齢」も重要です。これも、服装やヘアスタイルなどの身だしなみを整えたり、エステやスキンケアといった対策が必要になりますから、体力年齢と同じように(もしかしたらそれ以上に)お金と時間がかかります。

いつまでも健康で若々しい肉体を手に入れられるかどうかは、お金と時間次第。だから、自分が働くだけではなく、お金に働いてもらう仕組みを作り、時間と経済的な余裕を作っておくことが大切なのです。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計24万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年10月15日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログ

あわせて読みたい

「健康」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    相次ぐ企業赤字 観光自粛に異議

    青山まさゆき

  3. 3

    徴用工問題は日韓政府が解決せよ

    ヒロ

  4. 4

    菅氏vs沖縄知事 コロナ巡り応酬

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    自民議員 徴用工巡り対韓制裁も

    赤池 まさあき

  6. 6

    宮崎駿に学ぶ メモしない発想法

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    「謎の種」中身はミントやトマト

    SmartFLASH

  9. 9

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    橋下氏 生産性の低い国会に苦言

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。