記事

関西電力はヤクザと同じ 電気代に乗せられていた「みかじめ料」

関西電力がやったことって結局ヤクザと同じだな。下に「組」って付けるとわかりやすいよ。関西電力は「関電組」。ここから原発関連の工事をやたら受注してた吉田開発とやらが「吉田一家」。その一家を仕切るのが福井県高浜町の元助役だった森山某で「森山親分」ってとこか。

「ワイロ」を返させてもらえなかった関電

共同通信社

どういうつながりかと言えば、関電組は組の存続を左右する大事なシマである「高浜原発」を、地元の森山親分に人質にとられてる。この人質を見張ってるのが吉田一家だ。関電組から見れば吉田一家は舎弟だけど、人質があるから関電組はヘタなことが出来ない。関電組は吉田一家に足元を見られる。

関電組は吉田一家に優先的に仕事を回し、そこにイロをつける、つまり、仕事の礼金に大金を上乗せすることで吉田一家におとなしくしてもらう。その結果、吉田一家はぶくぶく太る。一家と一心同体の森山親分もぶくぶく太る。それから森山親分は「これからもよろしく」と関電組の先代組長(会長)、今の組長(社長)、若頭(副社長)や幹部連中に札束、純金、小判、50万円する仕立券を渡す。これぞまさに兄弟分の盃みたいなもんだ。

関電組こと関西電力は表向き、お上から独占的に仕事を託された事業主だから、本来賄賂なんか受け取れない。そこで森山親分から受け取ったワイロを返そうとしたらしいが、相手が一枚上。「関電組の皆さん、おれの盃が受け取れねえのかい」って話だ。これで全員共犯関係、都合よく足抜け出来ると思うなよって、そういう手口だ。

そして肝心なのが関電組の資金源だ。よく見りゃ市民の一人一人が支払う電気代に、しっかりと「みかじめ料」が上乗せされてた・・・。払ってる電気代の一部がヤクザ達の甘い汁に吸いあげられてたんだな。そんなの電気代に含めていいのかって話だけど、ええとなんだっけ、電力会社がずっと黒字になるよういつでも電気代を上げていい仕組み・・・、総括原価方式? お上が決めたその仕組み、やましい金も堂々集金って寸法だ(苦笑)。

BLOGOS編集部

それでもって関電の上層部が受け取った金品、かれこれ3億2千万円。関電の幹部達は受け取ったのを返そうと思ってたけど、高浜町元助役の森山某がコワくて返せなかった、一時的に預かってた、なんて白々しい言い訳してたけどさ、本当に返すんだったら、返す相手は森山某ではなく、そんな金の為に電気代を払ってきた我々だって話だよ! さっさと金返せ、コノヤロウ! あっ、俺は東京住んでるから関西電力には一銭も払ってなかったんだ。失礼。でも、関西電力に電気代を支払ってる人達はそういう怒りを抱いてるんだろうな。

それに、関電マネーは政治家にも流れてるって話が出てきてるよ。自民党の稲田朋美さん、福井一区だ。福井の顔だよ。これまた自民の世耕弘成さん、経産相で原子力担当か。何かと貰いやすそうなポジションだな(苦笑)。

これ、似たようなことがお隣の中国で起きてたら、賄賂だ汚職だって話で関わった連中はすぐにお縄だろうね。場合によっては死刑だよ。どう実行するかってやっぱり電気イスだろうな。関電だけにこれがホントの「カンデン死」って呆れちゃうね(苦笑)。

関電事業に命をかけた初代社長

共同通信社

関西電力の歴史を紐解くと会社の誕生が昭和26年、初代社長は太田垣士郎さんだ。戦後の財界を代表するような経営者だよ。太田垣さんの功績はあの黒四ダム(黒部川第四発電所)。戦後の経済復興を支える電力が関西地区で不足するって懸念されてたんだ。それを解消する為に取りかかったのがアルプスの真ん中に巨大ダムを建設する大事業だった。

大自然の険しい峡谷の中に高さ180メートルもある大規模のダムを造ろうってんだ、トンネル工事で落盤、落石、水難、そりゃあ一筋縄ではいかないよ。結局7年の歳月をかけて完成にこぎつけた。その間、ダム工事での殉職者は171人という話だ。多くの命の犠牲の上に成し遂げた工程は、石原裕次郎さんと三船敏郎さんが主演した映画「黒部の太陽」(1968年)でも描かれてるよ。

太田垣さんは最前線で難工事に挑む労働者に「何としても成功させてくれ」って鼓舞して回ったそうだよ。この太田垣さんが遺した言葉があるよね。「四分の危険があっても、六分の可能性があれば私はやる」。リーダーはリスクを背負っても進まなければならない時があるという、ひとつの決意なんだろうね。太田垣さんはダム完成の翌年に亡くなってるんだ。関西電力での事業に自身の命をかけたんだね。

太田垣さんが今の関電を見たら何て言うかな? 経営陣が事を進めるのに「裏金で解決する」姿を見てどう思うか。太田垣さんの言葉を聞いてみたいよ。

企業トップが活かせない危機回避のチャンス

BLOGOS編集部

組織のトップがどういう資質の人物かってことで、国の行く末を左右するよね。福島の原発だってそうだろ。こないだ東電の旧経営陣3人が無罪判決になってたけど複雑な思いだよ。だって、あの大地震が来る何年も前に、地震への対策、津波への対策が役員達に進言されてたんだろ。だけど、経営陣はコストもかかる手間もかかると効率を優先して、その進言をないものにした。もしそこで進言を受け入れて、津波対策で高さ20メートルの防潮堤を造っていたら福島はあんなことにならなかった。

危機を回避するチャンスはあった。でも、東電のトップはそれを活かす資質がなかった。彼らは裁判では無罪かもしれないけど経営者としては無能だよ。現実に起きた結果がその証だな。

そうして福島は原発事故に見舞われた。それが全国の原発の再稼働問題につながる。高浜原発の問題にも見事につながってるってことだ。

しかし、金の力はこわいよ。東電も関電も結局は金の為に、人命、安全、信用、人格・・・、かけがえのないものを失っているもんな。

経営理念に「公正な事業活動」の文字

共同通信社

なんだ編集部、関西電力のホームページに企業の経営理念、基本姿勢が書いてあるって? なになに、「関西電力グループは、人を大切にするという考えのもと、公正な事業活動を通じて、社会の持続的な発展に貢献します」。・・・、うーん、公正な事業活動ってのは名ばかりで裏に回ったら不公正なことをしてたって、みんな知っちゃったからな。これからいかにして信頼を取り戻すかだよな。

なんだ編集部、高浜町のホームページにも何か出てるって? なになに、町が開催したイベントの動画で、「高浜白宣言キックオフイベント」? どんな内容なんだ・・・「(高浜町にある)まっ白な砂浜のように白い気持ちで行動を起こそうとする」のが「高浜白宣言」で、まっ白な気持ちになって町を盛りあげる新しいプロジェクトをしていこうって話か。なるほど。

おや、砂浜にみんな集まってるね。また、でっかい砂山をこしらえたな。地元の山を模したのか。高いぞ、10メートルくらいあるぞ。おっと、町長がてっぺんに登っていくね。で、白い旗を立てて高浜白宣言!? どうでもいいけど、白旗を立てるってのは戦に負けましたって意味だよ。これ、わかってやってるのかね。

このイベントが行われたのが2009年か。今からちょうど10年前だね。10年後に将来この町で起こることを予言してたのかな・・・。高浜町は前もって白旗を上げてたのかな。それも皮肉だな。まあ、これから先、どうやって町のイメージを回復していくかだよな。どうか白旗上げずに取り組んでほしいね。

(取材構成:松田健次)

あわせて読みたい

「関西電力」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    廃棄が9割 ジビエブームの裏側

    BLOGOS編集部

  2. 2

    韓国国民はGSOMIAを理解せず?

    AbemaTIMES

  3. 3

    無銭飲食? 領収書もたぬ安倍首相

    郷原信郎

  4. 4

    おにぎり35個万引きした元公務員

    fujipon

  5. 5

    米韓 米軍駐留費めぐる協議決裂

    ロイター

  6. 6

    屠畜作業への理不尽な差別の実情

    岸慶太

  7. 7

    桜を見る会で国民は退陣を望むか

    橋下徹

  8. 8

    前夜祭の会費5000円は妥当な額

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    桜を見る会の批判 本質からズレ

    青山まさゆき

  10. 10

    沢尻容疑者めぐる陰謀論の疑問

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。