記事

史上初8強 堀江翔太「スコアボードの得点係から日本ラグビーの中心になった男」 - 村上 晃一

 アイルランド、スコットランドという伝統国2カ国を破り、初のW杯8強という快挙に沸く日本ラグビー。

【写真】堀江翔太選手のこれまでの写真を見る(全5枚)

 1991年の第2回大会からラグビーW杯を取材。前回大会の南ア戦“ブライトンの奇跡”も現地取材したジャーナリストの村上晃一氏に聞く、日本代表キーマンの横顔。


スコットランド戦後半早々、福岡堅樹がトライを決め喜ぶ堀江翔太ら ©AFLO

◆◆◆

 日本がスコットランドを28‐21で破った死闘、私はJ‐SPORTSで現地解説をしていました。横浜国際競技場には6万7000人が詰め掛け、日本代表の国内の試合としては歴代最多観客。選手たちもこれまで感じたことのない応援の力を感じていたと思います。

 日本がW杯で8強に進出したこと、これは世界のラグビー史上最大の快挙と言っていい。「日本は体が小さくてラグビーは不向きだ」とずっと揶揄されてきました。そのチームがフィジカル面で堂々と渡り合い、ラグビー伝統国のアイルランド、スコットランドを見事に破ったんですから。

 そもそもラグビーは体をぶつけ合う、半分格闘技の世界です。でも格闘技と違って“階級制”がない。だから日本がティア1(※)の国に勝つことは、ボクシングでミドル級の選手がヘビー級の選手を倒す、そんなイメージではないでしょうか。それを今大会だけで2回も達成してしまった。

<※ティア(Tier)1 …ラグビー界の「階級」。欧州6カ国(イングランド、アイルランド、ウェールズ、スコットランド、フランス、イタリア)と南半球4か国(ニュージーランド〔NZ〕、オーストラリア、南ア、アルゼンチン)。日本は中堅国にあたるティア2。>

どの国でもレギュラーになれる選手たち

 日本代表のこの快進撃はチーム力なくして語れません。だから誰か特定の選手が勝因だということも言えない。

 ただ、今の日本にはどの国のどんなクラブに入ってもレギュラーを取れる素晴らしい選手が揃っているのも事実です。堀江翔太、リーチマイケル、ピーター・ラブスカフニ、松島幸太朗、福岡堅樹に稲垣啓太……みんな世界トップレベルの選手と比べても遜色ない。そういう意味でも日本ラグビーにとって幸せな時代です。

 特に2011年のW杯NZ大会から2番(フッカー)のファーストチョイスはケガがなければ堀江です。2011年、日本としては4戦勝ちなしでしたが、堀江とリーチはW杯でも十分通用している、という印象がありました。

スコットランド戦での“あのプレー”がスゴかった

 ラグビーでは何でも出来る選手のことを「コンプリートフットボーラー」と言うのですが、堀江はまさに「コンプリートフットボーラー」。キックもパスも上手く、ステップもキレがある。当たりも強いし、タックルも良い。2番はスクラムの最前線の真ん中にいますが、そのコントロール能力も高い。さらにラインアウトのスローイングも正確。要はラグビーで必要なスキルを全て高いレベルで持っている。世界を見渡しても、そういう選手はあまりいない。「180cm、104kg」と2番としては世界的に見て決して大きいサイズではありませんが、能力はトップレベルです。

 スコットランド戦を振り返ると、前半25分の稲垣啓太のトライにつながるプレーが印象的でした。田村優から受け取ったパスは処理が難しいボールでした。普通であれば、取った瞬間にスコットランドの屈強なタックルを食らって仰向けにされるようなタイミング。しかし堀江はもらった瞬間に体をクルリと翻し、タックルをかわしました。ボールをキャッチする、相手をかわす、そして前に出る、3つのことを同時にしたスゴいプレーでした。「コンプリートフットボーラー」としての能力を発揮したことが稲垣のトライを生んだと言って良いでしょう。

 堀江のプレーを支えるのが彼の「落ち着き」。いつも淡々としていて、どんな試合でも落ち着いています。例えば取材陣に「次の相手はいよいよ南アフリカですね」と聞かれても「いや、僕はどの試合も変わらないんで」と返す。メンタルが一定していて、飄々とした感じは頼りがいがあり、チームでの存在感につながっています。

中学校にはラグビー部がなかった

 堀江はもともと小学5年生のときに大阪の地元・吹田のスクールでラグビーを始めたそうです(ちなみに堀江の奥さんは小学校の同級生です)。しかし進学した公立中学校にはラグビー部がなく、バスケ部に入らざるを得なかった。その間もラグビースクールには通い続けましたが、本格的にラグビー1本で取り組み始めたのは高校のとき。ただ、堀江が通った大阪府立島本高校はラグビーの強豪校ではなく、彼のいた3年間は一度も花園(全国高校ラグビー)に出ていないんです。

高校時代は「スコアボードの中に入っていた人」

 その高校の頃の印象と言えば、「スコアボードの中に入っていた人」。花園の大会期間中、ラグビー場第2グラウンドのスコアボードの得点係をやっていたんです。第1グラウンドは電光掲示板なんですけど、第2グラウンドは手動式なので人がスコアを更新しないといけない。地元の高校生は花園のときにお手伝いをするんですけど、堀江も裏方の1人としてスコア係をしていたんです。

 ただしチームが強くないため、全国的には目立たない存在でしたが、個人能力は光るものがあった。高校3年の冬にはU-19日本代表にも選ばれましたが、その前から目をつけていたのが帝京大ラグビー部を大学ナンバーワンのチームに築き上げた岩出雅之監督でした。無名校の才能を探すことにかけてはピカイチなんですが、堀江もそうやって発掘された1人ですね。

 堀江の人格を語るうえで忘れられないエピソードがあります。

 2015年のW杯前から、日本はスーパーラグビー(※)に初参戦することが決まっていました。世界最高峰リーグに参加できることは日本にとっても大きなチャンスです。

<※NZやオーストラリア、南アフリカといったW杯の優勝経験国が参加する世界最高峰のラグビーリーグ>

 しかし、いざスーパーラグビーに向けてメンバーを登録する、となったときに、報酬など、選手たちの条件面が全然固まっていないことが分かった。そこに不安を感じた選手たちが「これでは契約ができない」と参加に難色を示したんです。その選手たちの意見はもっともなものでした。

「俺、やるで」日本ラグビーを変えたひと言

 そのときに最初に声を上げたのが堀江でした。「俺、やるで」と。だからみんなも行こう、と。それに賛同した真壁伸弥などの選手が20人以上揃って、何とかスーパーラグビーへの参戦が決まった。

 堀江の「俺、やるで」がなかったら、スーパーラグビーへの参戦は取り止めになっていたかもしれません。

 それは堀江の「優しさ」だったと思います。「せっかくラグビーファンの人たちが期待してくれているんやから裏切ったらあかんやろ」「悲しませたらあかんやろ」という気持ちだったと思います。日本ラグビーのためにも絶対にスーパーラグビーに参戦したほうが良い、堀江はそう感じていたんでしょう。

 だからこそ2016年4月、スーパーラグビーのジャガーズ戦で歴史的な初勝利を飾ったときの堀江の涙は今でも忘れられません。そしてそのスーパーラグビーで世界トップレベルのラグビーを体感できた。それが今回のW杯のアイルランド戦、スコットランド戦の勝利、そして初の8強入りにつながっている。そう思うと堀江の「俺、やるで」は日本ラグビーにとってもとても重要なひと言だったのだろうと思います。

(構成=文春オンライン編集部)

(村上 晃一)

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中年男性とJK密会描く漫画が物議

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    現金にこだわるサイゼ社長に呆れ

    永江一石

  3. 3

    維新が森ゆうこ議員の懲罰を要求

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    スタバのモバイル注文は「残念」

    内藤忍

  5. 5

    現代人にADHD的なミスが多い理由

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    韓国国民はGSOMIAを理解せず?

    AbemaTIMES

  7. 7

    GSOMIA騒動 隠れて不買続く韓国

    NEWSポストセブン

  8. 8

    昭和女性描く漫画 閉塞感に愕然

    紙屋高雪

  9. 9

    元セガ社長の暴露に「ムカつく」

    fujipon

  10. 10

    「芸能人逮捕は陰謀」真剣に検証

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。