記事

ラグビー日本代表・具智元、韓国代表は考えなかったのか

雄叫びを上げる具智元選手(写真/アフロ)

強くなったラグビー日本代表(時事通信フォト)

 試合前の整列。スタジアムに「君が代」が流れると、桜のジャージの外国人選手たちが斉唱を始めた。目に涙を溜める選手もいる。ラグビー日本を背負って戦う責任感と武者震い──。彼らはなぜ日本代表を選んだのか。日の丸の勝利のために戦うのか。ノンフィクションライターの山川徹氏が、彼らの想いと足跡を追った。

【別写真】日本代表の勇姿はまだまだある

 * * *
 今回のW杯に参加する20か国のうち、ニュージーランド出身の選手を起用する国は日本をはじめ10か国。実に約50人のニュージーランド出身選手が母国とは異なる国の代表としてプレーしている。逆に韓国出身のプレーヤーは、20か国で1人である。日本代表としてプレーする具智元(グ・ジオン 25才)のみだ。

 ニュージーランドと韓国では、そもそもの競技人口が違う。一説によるとニュージーランドのラグビー経験者は国民の6%の30万人以上にのぼるという。一方、韓国は千数百人がプレーしているにすぎない。ニュージーランドでは、韓国の150倍以上の人が楕円球に親しんでいる計算になる。ちなみに、日本の競技人口は約18万人だ。

たとえば、「好きな町に暮らし、その国を代表して戦う。そこがラグビーのいいところ」と話す世界一のラグビー大国ニュージーランド出身の日本代表4番・トンプソンルーク(38才)と、韓国出身の具では立場が違うのではないだろうか。

 元韓国代表の父(具東春)を持ち、日本のトッププレーヤーに成長した具を韓国代表に、と推す声はなかったのか。あるいは父もプレーした母国の代表として戦いたいとは思わなかったのか。そんな質問に対して、具はよどみなく答えた。

「ずっと日本代表に憧れていましたし、お父さんも『日本代表を目指しなさい』と応援してくれていたので迷いはなかったです。日本で暮らしはじめて11年になります。韓国と同じくらいの時間を日本で過ごしました。韓国だけではなく、日本も“自分の国”という意識があります。それに日本代表には、ニュージーランドやオーストラリア、南アフリカ、トンガ、サモア。さまざまな国の選手がいる。それがプラスに働いているチームです。そこで自分の力を発揮したいと思いました」

 そして、彼は慎重に言葉を選び、緊張気味に続けた。

「今、日韓の間でいろいろありますが、韓国人のぼくも日本代表として応援してもらえる。本当にいい環境でラグビーをやらせてもらっている」

 近年、日韓の間でさまざまな問題が噴出している。だが、そんな状況だからこそ、国家間の政治的対立を超えて、理解し合えるのがスポーツの魅力なのではないだろうか。

 具の日本代表選出に反対する日本のラグビーファンはいない。一方の韓国での反応はどうなのだろうか。

「韓国でラグビーがそれほどメジャーなスポーツではないのも大きいと思いますが、反発はありません。逆に韓国のラグビー仲間はみんな応援してくれています。『お前は日本代表でもあるけど、オレたち韓国プレーヤーの代表でもあるんだ』と。ぼくは日本と韓国の人たちに応援してもらえる。それがとてもありがたい。ぼくがW杯でがんばることで、韓国を好きになる日本の人が増えて、日本を好きになる韓国人が増えれば、これほどうれしいことはありません」

 日韓の懸け橋い──。25才の具は、W杯で、愛する2つの国に暮らす人たちの思いを背負って、スクラムを組み続ける。

 具の理想のスクラムが実現したアイルランド戦。日本の勝利以上に、胸を打つ光景があった。

 ノーサイドのホイッスルが響いたあと、アイルランドの選手たちが2列に並んで、ピッチを去ろうとする日本代表を称賛の拍手で送り出したのだ。世界ランク2位が、8位の日本に敗れたのである。悔しくないわけがない。それでも彼らは日本の勝利を称え、握手を求めた。

 死力を尽くしたあとは、敵も味方もない。ラグビーならではのノーサイド精神を体現する風景は、世界中のファンの心を打った。ラグビーは「尊重」のスポーツとも呼ばれる。共に戦う仲間を尊重し、対戦相手も尊重する。レフリーやファンに対しても敬意を払う。そんな背景を持つからこそ、ルーツや言語、文化が違う選手たちが、互いに理解し合えるに違いない。

 ONE TEAM──ひとつのチームに、が日本代表ヘッドコーチのジェイミー・ジョセフ(49才)が掲げるスローガンである。

 ラグビー日本代表は、異なるルーツを持つ仲間を寛容に受け入れ、ひとつのチームになった。そんな日本代表に声援を送り続ける私たちファンも、ONE TEAMの一員だ。だからこそ、1つひとつのプレーに、そして、勝利の喜びに、涙できるのである。

取材・文●山川 徹(ノンフィクションライター)
やまかわ・とおる/1977年生まれ。山形中央高校2、3年時に全国高等学校ラグビーフットボール大会(通称“花園”)に出場。東北学院大学法学部卒業後、國學院大學二部文学部史学科に編入。主な著書に、『東北魂―ぼくの震災救援取材日記』『カルピスをつくった男 三島海雲』『国境を越えたスクラム──ラグビー日本代表になった外国人選手たち』など。

※女性セブン2019年10月24日号

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    屠畜作業への理不尽な差別の実情

    岸慶太

  2. 2

    新エンジン投入へ マツダの知恵

    片山 修

  3. 3

    自宅ビール用 究極の節約つまみ

    中川 淳一郎

  4. 4

    N国が退潮か 我孫子市議選で落選

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    秋篠宮さま「即位辞退」の現実味

    NEWSポストセブン

  6. 6

    GSOMIA破棄目前 韓国に奇策も

    文春オンライン

  7. 7

    前夜祭 安倍首相は会費払ったか

    郷原信郎

  8. 8

    女子大生が教える最新ラブホ事情

    BLOGOS編集部

  9. 9

    宗男氏 枝野代表に「お門違い」

    鈴木宗男

  10. 10

    立民議員 ホテル側の説明に期待

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。