記事

高校野球「球数制限」導入で甲子園の「大エース」が消える

駒大苫小牧との決勝再試合で力投する早稲田実業の斎藤佑樹投手(2006年。写真:時事通信フォト)

 高校野球に「球数制限」がルールとして導入されようとしている。このルールがあったとしたら、過去の甲子園の名場面は、どうなっていたのか――10月16日に発売される新著『投げない怪物 佐々木朗希と高校野球の新時代』で、激変する高校野球の現場を追ったノンフィクションライター・柳川悠二氏がレポートする。

 * * *
“令和の怪物”こと佐々木朗希(岩手・大船渡)が10月2日、プロ志望届の提出を表明した。10月17日のドラフト会議に向けて俄然、注目が高まっている。

 今年の夏の岩手大会では、佐々木の起用法を巡って、国民的な議論が巻き起こった。大船渡の國保陽平監督は連投による佐々木の肩・ヒジの故障を防ぐため、花巻東との決勝戦で佐々木を起用しなかったのだ。甲子園切符がかかった場面で、球界の宝となるべき球児の身体が優先される判断だった。この登板回避こそ、高校野球に新たな価値観が登場したことを象徴する出来事だった。

 岩手大会決勝からおよそ2か月後――日本高等学校野球連盟(以下、高野連)は9月20日に開かれた「投手の障害予防に関する有識者会議」で、来春の選抜から「1週間で500球以内」「3連投禁止(3日続けての登板の禁止)」といった投球制限を設ける方針を固めた(3年間は試行期間)。佐々木の登板回避という“事件”が議論を加速させた側面もあるだろう。

 この新ルールによって、高校野球は大きく変わるはずだ。

 2006年夏の決勝・早稲田実業(西東京)対駒大苫小牧(南北海道)は、延長15回を戦っても決着が付かず、再試合となった。駒大苫小牧の田中将大(現・ヤンキース)と共にこの試合で怪物級の投球をみせたのが早稲田実業のエース・斎藤佑樹(現・北海道日本ハム)だった。「ハンカチ王子フィーバー」を巻き起こした斎藤は、再試合を含め全7試合をほぼひとりで投げ抜き、その球数は史上最多となる948球を数えた。

 この大会の斎藤の球数に対して、新ルールを“適用”するとどうなるか。まず、日程と球数を整理してみる。

■2006年 第88回全国高等学校野球選手権大会
8月6日(1回戦)対鶴崎工(大分)/126球
8月12日(2回戦)対大阪桐蔭(大阪)/133球
8月16日(3回戦)対福井商業(福井)/136球
8月18日(準々決勝)対日大山形(山形)/144球
8月19日(準決勝)対鹿児島工業(鹿児島)/113球
8月20日(決勝)対駒大苫小牧(南北海道)/178球
8月21日(決勝再試合)対駒大苫小牧(南北海道)/118球

 ここに「1週間で500球」の規定を当てはめてみると、3回戦の福井商業戦から3日後の準決勝・鹿児島工業戦までで計393球になる。となれば準決勝の翌日に行われる決勝では107球しかなげられなかったことになるし、決勝再試合も登板NG。「3連投禁止」の規定のほうに照らすと、当時は準々決勝翌日に休養日がなかったため、決勝のマウンドにも上がれなかったことになる。3回戦から決勝再試合までの5試合を6日間で消化した斎藤が、この期間で投じた球数は、689球にのぼる。

 現行のスケジュールに近い、2018年夏の金足農業・吉田輝星(現・北海道日本ハム)のケースはどうだったか。

■2018年 第100回全国高等学校野球選手権大会
8月8日(1回戦)対鹿児島実業(鹿児島)/157球
8月14日(2回戦)対大垣日大(岐阜)/154球
8月17日(3回戦)対横浜(神奈川)/164球
8月18日(準々決勝)対近江(滋賀)/140球
8月20日(準決勝)対日大三(西東京)/134球
8月21日(決勝)対大阪桐蔭(大阪)/132球

 すでに準々決勝翌日に休養日が設けられている。今夏からは準決勝の翌日も休養日となったので、雨天順延などによって日程が詰まった場合を除き、現行スケジュールでは「3連戦」は起こり得ない。ただ、やはり「1週間で500球」の制限には引っかかってくる。吉田は2回戦の大垣日大から準々決勝の近江戦までに5日間で計458球を投じており、2回戦から数えて7日目となる準決勝・日大三戦では42球しか投げられなかったことになる。実際には吉田は強力打線の日大三を9回1失点に抑えてチームを決勝に導き、「カナノウ旋風」は頂点に達した。

 こうして改めて見ていくと、斎藤、吉田、さらには松坂大輔(現・中日)といった過去に甲子園を沸かせた怪物たちのような大エースは、新ルールのもとでは生まれ得ないことがわかるのだ。

 高校野球は、大きな転換点を迎えた。

あわせて読みたい

「高校野球」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国会前の官僚残業 最悪な展開に

    室橋 祐貴

  2. 2

    小室哲哉 KEIKOに離婚求め調停中

    文春オンライン

  3. 3

    即位の礼知っておきたいポイント

    SmartFLASH

  4. 4

    キムタク新作 視聴率12.4%低調か

    NEWSポストセブン

  5. 5

    世界が評価 雅子さまの国際感覚

    NEWSポストセブン

  6. 6

    N国のツッコミ警戒?いだてん低迷

    渡邉裕二

  7. 7

    教員いじめ 校長は刑事告発せよ

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  8. 8

    ラグビー「にわかファン」が反響

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    賛否呼ぶ献血PR 批判内容に疑問

    AbemaTIMES

  10. 10

    北朝鮮 米韓に新たな解決策要求

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。