記事

なぜ北朝鮮は日本の漁場で密漁を繰り返すのか

1/2

EEZ内での無許可操業には、拿捕や立ち入り検査が可能

石川県能登半島沖の日本のEEZ(排他的経済水域)内で10月7日午前、水産庁の漁業取締船「おおくに」(1300トン)と北朝鮮の漁船が衝突した。漁船は沈没したが、乗員約60人は取締船の救命いかだに助けられ、別の北朝鮮の漁船に乗り移った。取締船の乗組員にけがはなく、漁船乗員にもけが人はかった模様だ。


2019年10月7日、石川県・能登半島沖で発見された北朝鮮漁船(水産庁提供) - 写真=時事通信フォト

排他的経済水域とは沿岸から約370キロ以内の範囲にある海域で、沿岸国には漁業などの天然資源を優先的に開発する権利が国際的に認められている。日本の排他的経済水域内での無許可操業は漁業主権法で禁止され、水産庁の取締船や海上保安庁の巡視船は、拿捕(だほ)や立ち入り検査ができる。

北朝鮮漁船が衝突事故を起こしたのはまさにこの水域で、北朝鮮漁船は違法な操業、つまり密漁を行っていたとみられる。

近年の「スルメイカ」の不漁の一因か

それではなぜ、北朝鮮漁船は違法操業を行うのか。

衝突事故が起きた海域は寒流と暖流が交わり、魚類のエサとなるプランクトンが豊富な大和堆と呼ばれる好漁場だ。とくに6月から1月にかけては美味なスルメイカがよくとれる。

北朝鮮は大和堆の豊かな水産資源に目を付け、違法操業を続けている。水産庁のまとめによると、2016年に3681件だった警告件数が、2017年に1.4倍の5191件に急増し、さらに2018年には5315件と増加している。

北朝鮮の密漁漁船の増加に日本の漁業関係者からはこんな話を聞いた。

「日本の漁船と衝突する危険性もある」
「北朝鮮漁船が無造作に捨てた網がスクリューに絡まる事故も起きている」
「北朝鮮の乱獲は近年のスルメイカの不漁の一因だ」

日本の甘い対応が北朝鮮に付け入る隙を与える

ところで拿捕や立ち入り検査ができると前述したが、日本は大和堆周辺の海域から北朝鮮漁船を退去させるだけで、強行な手段に出たことは一度もない。この日本の甘い対応が、北朝鮮に付け入る隙を与え、その結果、北朝鮮漁船が頻繁に出没するようになっているのだ。

水産庁は沈没後に乗組員の身柄を確保しなかった理由について、「結果的に迎えの漁船が来て退去させることができ、目的は達成された」という見解を示した。水産庁は監視するだけなのだ。

今回の衝突はこれまでの対応のまずさが起因しているのではないか。日本はこのまま甘い対応を続けていく気なのか。

ここで衝突を振り返ってみよう。

漁船を装った不審船は重火器類で武装している可能性も

取締船が北朝鮮の漁船を見つけ、音声と放水によって退去するよう求めた。しかし漁船は急に向きを変えて取締船に接近して左旋回し、取締船の船首と漁船の左舷中央が衝突した。

漁船は全長20メートル以上の鋼船だった。約60人を乗せていただけにそれなりに大きく、しっかりとした船だった。日本海を十分に航海できる船舶だった。水産庁は衝突の直前にこの漁船を撮影し、写真を公開している。

今回は衝突20分後に沈没したというが、北朝鮮漁船のなかには故意に取締船に接触させたり、石を投げつけたりして逃走するケースがある。狂暴化している。

漁船を装った不審船は重火器類で武装している可能性が高く、武器のない取締船では危険で対応できない。水産庁では海保の武装した巡視船に対応を求めるなど慎重に警戒している。

「漁船拿捕は北朝鮮の態度硬化につながる」と安倍政権

かつて北朝鮮の漁船はロシアのEEZ(排他的経済水域)内で密漁していた。

今年9月、ロシア連邦保安局は日本海のロシアEEZ内で密漁していた北朝鮮のイカ釣り漁船の乗組員の身柄を数多く拘束した。

北朝鮮は「ロシアは危ない」と悟り、対応の緩い日本のEEZ内で密漁するようになったのだろう。北朝鮮漁船が大和堆に頻繁に出没する原因は、やはり日本の対応のまずさにある。

安倍晋三首相は10月7日の衆院本会議で「毅然(きぜん)と対応していく」と述べた。だが北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は安倍首相の足元を見ている。

いま日朝関係は微妙な状況だ。このため安倍政権内には「仮に北朝鮮の漁船を拿捕すれば、北朝鮮の態度が硬化しかねない」という見方が出ている。しかも安倍首相は金正恩氏に対し、無条件での首脳会談を強く望んでいる。日本は北朝鮮に毅然とした態度を示し難くなっているのではないか。

沙鴎一歩は、北朝鮮の違法操業は今後も増えるだろうとみている。

2年前の経済制裁で水産業奨励がさらに強化

大和堆で北朝鮮の漁船が増加しているのは、国連の経済制裁が強まる中、金正恩政権が外貨獲得の手段として漁業を奨励しているからである。

報道によれば、金正恩氏は水産業の施設を何度も視察し、水産業を奨励している。直截的には肉類が少ない北朝鮮にとって水産資源は貴重なタンパク源だからだが、2年前の経済制裁で水産物が入ってこなくなると、水産業奨励はさらに強化された。北朝鮮の政府紙「民主朝鮮」によると、北朝鮮の副首相兼国家計画委員長は政府大会で漁業の奨励策を宣言している。

繰り返すが、金正恩氏は日本の大和堆でとれた海産物を友好関係にある中国に密輸して外貨を稼ぎ出そうとしているのだ。

問題は「経済制裁」ではなく、核・ミサイル開発にある

国際社会が制裁を続けるから北朝鮮の経済が立ち行かなくなり、その結果、漁民が小型船を操って大波で沈没の危険がある遠い日本海にまで操業に出ている。弱者の漁民たちがかわいそうだ。こうした見方もあるようだが、これでは本末転倒である。

問題は経済制裁ではない。国際世論を無視し、国として国民の生活の向上を考えず、巨額な費用を投じて核・ミサイル開発を続ける金正恩政権こそ、問題なのである。

軍事に割く国家予算があるなら、それを餓死寸前の国民のために使うべきだ。

なぜ金正恩氏は軍事力を求めるのか。核兵器によって欧米を抑え込み、その勢いで経済力を伸ばそうと考えているのだろう。国が経済的に潤えば、国民も付き従うとみているのだ。独裁主義国家のトップが考えそうなことである。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  3. 3

    又吉直樹の新作に直木賞作家驚き

    BLOGOS編集部

  4. 4

    大嘗祭反対集会? 朝日記事に疑問

    和田政宗

  5. 5

    衆院解散で追及をかわす安倍首相

    早川忠孝

  6. 6

    赤字のソフバンに厳しい海外報道

    飯田香織

  7. 7

    麻生大臣がMMT導入を明確に否定

    青山まさゆき

  8. 8

    桜を見る会中止は利益相反の問題

    岩田健太郎

  9. 9

    「山本太郎都知事」はあり得るか

    PRESIDENT Online

  10. 10

    Yahoo&LINE みずほも統合後押し?

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。