記事

「ニセモノのかわいい私」を生み出す美顔アプリの罠 - 泉美木蘭

「あんた相変わらず20代と変わらない可愛らしい顔してるわねえ、親の欲目かしら」「そう? お母さんも30代の若さ損なってなくて、いいセンだと思うよ」「あらそう?」「そうそう」。

私と母はよくこんな会話をして、若さにしがみつく心をお互いに支え合って生きてきた。だがまあ、私も40代になって、もういい加減、年齢それなりでいいじゃんと考えるようになり、「きれいでいたい」とはすごく思っているが、「若さを損ないたくない」とは思わなくなった。

若さというのも、「健康で元気な若々しさ」という姿を想定しているのならいいと思うが、私も母も、どうも自分の現実からかけ離れた、どこか非現実的な「きらきらしたもの」をあてどなく追いかけているような気がしたからだ。

もはやフェイクです。美カメラアプリ。

こういった女性の心のスキマに入り込み、「きらきらしたもの」「キレイなもの」を求める女心を巧妙につかむことで、若い女性の間で大流行しているスマホアプリがある。自撮りの際に、肌や顔の輪郭、体型などを補整する「美顔アプリ」「美カメラアプリ」と呼ばれるものだ。

かつてはゲームセンターの「美白プリクラ」など、肌が白く写ったり、目がくりくりと大きく写ったりするプリクラ機がブームになったが、舞台はスマホに移り、インスタグラムなど写真系SNSがブームになった2014年ごろから登場しはじめ、年々急増、補整技術も着々と進化しているようだ。


Google Play で「美カメラ」と検索すると多数のアプリが並ぶ。

ためしに、「Ulike(ユーライク)」というアプリを使って自撮りしてみた。このアプリには、光の加減や画面の色調を選ぶフィルター機能と、自分好みのメイクを顔の上に合成する機能、そして顔の輪郭や目の大きさ、鼻筋、口元の形状を修正したり、シワやシミを消し去ったりする機能がある。ためしに、一枚撮ってみる。


どちらが真実の私か、言わずもがなですが。

おおう!? なんてこった。肌がすっかり白くすべすべになり、ちょっと大きくなった目には自力では不可能なメイクがほどこされ、なんだか顔の周りにお花が散っている! こ、これは。「補整」の域を超えて、軽く「フェイク」になっている気がするが。どうせだから機能をフル活用して、小顔機能を使って顎を小さくしてみる。


右の写真をプロフィールに使いたいという欲望が。

うわあ、わたし、かわい~いいやいや。だれ!? 写真左の「最近、口元の吹き出物が気になるのよねえ」と言っているような真実の姿の私が、美顔アプリを通しただけで、写真右の「ねえ、ここにチューして♡」みたいな幻想めいた顔に変わってしまっている。首元や指の第二関節のシワにいたるまで、都合の悪いところは、まるっと消し去られ、まったく別世界のヒトだ。

これはヤバい。ゾクッとした。このアプリ、薄ら寒くなるのは、撮った画像をあとから補整していくのではなく(そういう機能ももちろんあるが)、スマホの画面に映って動いている自分自身の映像が、直接「美顔」に補整された姿になってしまうところだ。

きらきらした幻想の世界の私が、まばたきをしたり、前髪をなおしたり、にっこりと笑ったりする。思わずいろんな角度から自分の美顔を眺めてしまい、そのきらきらさに見とれ、うっかり「ねえ、チューして♡」みたいなポーズをとってしまったではないか!

いかん。これはいかん。自分好きな人間ほど、いかん。なんだか非現実に飲み込まれそうな気がした。プリクラ機と違って、スマホアプリというプライベートさが、タガを外してしまいそうな気もする。

「美顔アプリの私に似せて下さい」

写真スタジオで、飲食店などで働く女性たちのポートレートを撮影しているカメラマンに話を聞くと、最近、スタジオでプロが撮影した自分の写真に納得できなかったり、直視できなかったりする女性が増えていて、中には、美顔アプリで自撮りした画像を出して「これに似せて修正してほしい」と言い出す女性までいるという。

日頃から、自分の気に入る角度や表情の「キメ顔」だけを追究していたり、美顔アプリで撮った自分の姿をインスタグラムなどに投稿し、「いいね!」をもらうようになっており、現実の自分が受け入れられなくなっているのだろうということだった。

もちろん、そもそも自分の肉眼で見ることのできない自分の姿は、奇妙で居心地の悪い感覚がして、見たくないと思うところもあるし、現代はプロの写真もデジタル撮影だから、写真スタジオでシミやシワをとる程度の補整はできるのだが、さすがに非現実も甚だしい姿に作り変えてしまったら、本人はますます追い詰められるばかりだろう。いつか、現実の知人に「これだれ?」と言われてしまう。しかし、そこに思いが至らないほど自分を見失って病んでしまった人がいるということだ。

整形手術も一般的な時代になったが、話を聞いたカメラマンによると、自然な姿で十分きれいな人だったのに、一般に「カワイイ」とされている顔に似せて不自然に整形したり、何度も何度も手術を繰り返したりする女性が数年前よりも増えたという。

フェイクの自分に承認を欲しがるのが落とし穴

女性がメイクやファッションで着飾りたいという気持ちを持つのは、ごく自然なことだと思うし、美顔アプリが作り出す非現実の自分を「遊び」と思って使うのも普通のことだと思う。

問題は、フェイクの自分に対して「いいね!」の承認を欲しがるようになってしまった時に起きる。承認を求める気持ちは、誰にでも生まれた時から自然にあるものだが、承認を得るために、自分ではないものを偽ってしまうと、そこが落とし穴になる。

それは、自分で自分をだましたり、本当の自分を「見たくない存在」として押し殺したりして、虚飾や他人の評価に左右されて生きることのはじまりだからだ。こうなると、無用なコンプレックスが膨らんで、現実を直視できなくなってしまい、物事をどんどんそのコンプレックスに沿って歪んだ解釈で受け取るようになる。これはとても苦しいことだし、場合によっては精神的な病気につながってしまうだろう。

私なりのきらきら幻想からの解脱

冒頭の私と母の支え合い「可愛いね」「若いね」の話に戻る。母との会話は、お互いの幻想を、お互いに承認しあっているという滑稽さがあって、もしこの当時に美顔アプリを入手していたら、私も母も血まなこで美顔の送りつけ合いをしていたかも、しれない。

そういう、「きらきらしたもの」をふわふわと自分のなかに追っていた私だが、実は数年前まで、世間を騒がせていたAKB48などの少女アイドルが「つまらん!」と思えて仕方がなかった。つまらないと感じるなら興味を持たなければいいのだが、視界に入ると反応して、「歌が下手だなあ」とか「なんでこれが人気なの?」とか考えてしまう。無関心でいられず、わざわざアイドルの欠点を探してしまうのだ。

ところがある日、これは私自身のなかに、過去の「若さ」にしがみつく心があるからだと気がついた。私がお化粧に熱心になったのは大学生の頃だったが、それから年月を経て、鏡を見るたびに少しずつだが大きく変化している現実を、見ているようでいて、あえて焦点をぼかしているところがあり、「美しい、きれい」ということと、「若い」ということを、ごちゃ混ぜにして受け取っていた。

要するに、年月を経ることを、「年齢を重ねて成熟する」ととらえずに「年をとって劣化した」とだけ考えて、コンプレックスを作ったため、内面よりも外面、カタチしか見えなくなっていたわけだ。よほど大人として成長していない部分だったんだろう。それが原因で、少女アイドルにケチをつけていたのだから、まったく幼稚で、みっともないと思った。

ここに気がついてから、アイドルにはアイドルの良さがあると素直に思うようになり、そして無関心にもなってしまったが、母との「可愛いわねえ」「まだまだ若いよ」という会話も、すっかりただの定番ギャグと化した。

人間は、自分が思っている以上に、自分のことがわかっていないし、自分が思い込んでいるニセモノの価値観と闘って、成長していかなきゃならないものだ。

あわせて読みたい

「アプリ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  2. 2

    矢沢永吉に苦情 不謹慎探す社会

    常見陽平

  3. 3

    張本氏の放言を許さぬ風潮に疑問

    中川 淳一郎

  4. 4

    萌えキャラで献血PRは問題あるか

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    荒れた日韓関係と無縁のラグビー

    新潮社フォーサイト

  6. 6

    河野氏 荒川氾濫なら500万人影響

    河野太郎

  7. 7

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  8. 8

    体に悪い? 意外なファストフード

    諌山裕

  9. 9

    高尾山の台風被害 迷惑登山客も

    清水駿貴

  10. 10

    イジメ教師 後輩に性行為強要か

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。