記事

【子ども脱被ばく裁判】「情報無く、被曝させられた。悔しい」。原告本人尋問がスタート。今野団長の怒り「酷い土壌汚染続く家に子どもと帰れるわけが無い」~第21回口頭弁論

2/2

河野益近さんが今野さんの避難元自宅周辺で行った土壌測定の結果、4万Bq/kgを超えている事が分かった。福島県外の国道上の土からは8000Bq/kgを超える汚染は確認されておらず、今野さん宅の汚染の酷さが良く分かる

【「4万Bq/kg超の場所には帰れない」】

 反対尋問では、国の代理人が「なぜ避難指示が解除されたのに戻らないのか」という点を、遠回しな表現ながら盛んに質した。

「(今野さんの避難元は)2017年3月31日に避難指示(居住制限区域)が解除されています。当時の住まいに戻るとすれば、昨年4月に開校した『なみえ創成中学校』に通う事になると思います。なみえ創成中学校に設置されたモニタリングポストの測定結果は現在、約0・08μSv/hである事はご存じですか?」

 同校のある幾世橋地区は原発事故直後から空間線量が比較的低く、避難指示も最も低い「避難指示解除準備区域」。2013年12月31日時点の空間線量は0・24μSv/hだった(同じ日の「中上ノ原町営住宅」の空間線量は、約10倍の2・39μSv/hだった)。「居住制限区域」に指定された今野さんの避難元自宅とは4~5キロメートルほど離れており、歩けば1時間近くかかる。そのうえ、開校にあたっては旧浪江東中学校を大幅に改修。校庭に人工芝を敷くなどの工事が行われたため、空間線量が低いのは当然とも言える。

 しかも、今野さんには最も心配なデータがあるのだ。

 京都大学大学院工学研究科原子核工学専攻の元教務職員・河野益近さんが昨年、避難元自宅周辺の土壌を調べたところ、放射性セシウムの合算で4万2520Bq/kgもの汚染が確認されたのだ。今野さんは法廷で「(1平方メートルあたり)250万ベクレル」と何度か口にしたが、それは換算値。河野さんは「単純換算は出来ないが、イメージとして、そのくらい酷い汚染なんだという意味で受け止めて欲しい」と語る。
 ちなみに、河野さんは福島県外の国道でも土を調べているが、8000Bq/kgすら超える結果は出なかった。それだけでも、4万Bq/kgを超える汚染の酷さが良く分かる。

 今野さんの避難元自宅は地震による損傷はほとんど無く、放射性物質による汚染以外は非常にきれいな状態だ。戻れるものなら戻りたい。しかし、戻れば放射性微粒子が待ち構えている。子どもがそれを吸い込んで内部被曝してしまうのではないかと考えたら、今野さんに「戻る」という選択肢は無かった。既に解体申請を済ませており、来月にも環境省の立ち会い調査が行われる。
「除染しても自宅周辺にそれだけの汚染が存在するんです。子どもを病気にしてしまいます。だから帰れないのです」

(了)

あわせて読みたい

「福島第一原発事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  2. 2

    大戸屋TOBは企業「乗っ取り」か

    大関暁夫

  3. 3

    菅首相は玉木氏提案を受け入れよ

    早川忠孝

  4. 4

    家計が炎上した年収1000万円夫婦

    PRESIDENT Online

  5. 5

    今の改正案では医療崩壊を防げぬ

    玉木雄一郎

  6. 6

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  7. 7

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  9. 9

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  10. 10

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。