記事

「目黒女児虐待死事件」法廷で明かされなかった“幻のカルテ”とDVの闇 - 「100%自分の責任」と繰り返した妻。実は夫から心理的DVを受けていた - 広野 真嗣

 東京都目黒区で2018年3月、船戸結愛ちゃん(当時5歳)が虐待を受けた末に死亡した事件で、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた父親の雄大被告(34歳)の東京地裁の裁判が結審した。新聞は「被害者が1人の児童虐待事件で懲役18年の求刑は異例」(朝日新聞デジタル10月7日配信)と報じるが、問われていない“もう1つの罪”が存在する。

【写真】懲役8年の判決が下った船戸優里被告

優里被告への心理的DVという問題

 検察側の論告によれば、雄大被告は香川県にいた2016年4月、結愛ちゃんの母親である8歳年下の優里被告と結婚し、実子となる弟が生まれた頃から結愛ちゃんへの暴行をエスカレートさせた。

アパート前には献花する人が絶えない ©共同通信社

 一家で東京・目黒のアパートに転居した18年1月下旬からは食事制限を開始。2月下旬には顔面が腫れ上がるほど結愛ちゃんを殴り、翌日から娘が嘔吐して衰弱しているのを知っていながら虐待の発覚を恐れて病院に連れていかず、3月2日に肺炎による敗血症で死亡させた。遺体には、170箇所ものあざや傷が確認された。

 問われたのは、娘を殴打した「傷害罪」と病院に連れていかなかった「保護責任者遺棄致死罪」だ。だが、妻である優里被告に対する心理的ドメスティック・バイオレンス(DV)は直接、罪に問われてはいない。優里被告自身が「加害者」として罪に問われているからだ。

「共犯」に引き込まれた優里被告には先月17日、同じ東京地裁で8年という重い懲役刑が科された。確かに判決も、「心理的DVを受け、雄大被告からの心理的影響を強く受けていた」と認定したが、「強固に支配されていたとまでは言え」ないとして、責任を大幅には減じなかった。

 優里被告は公判で「結愛の心も体もボロボロにしてしまって死なせてしまったことへの罰はしっかり受けたい」と述べ、重い刑に服する意思を示している。控訴したのは被告の思いというよりは、15日に迎える雄大被告の判決が優里被告の量刑に照らし不当に軽く済まされた場合に備えるという弁護人の法の専門家としての判断の色彩が強い。

 では雄大被告の量刑が重ければ、それで事件は適切に裁かれたと理解してよいのだろうか。

DVと児童虐待には強い関連性がある

 公判で明らかになった虐待の数々を1つの時系列に編みなおしてみると、じつは「虐待死」は雄大被告による優里被告への「DV」を起点とし、これを積み重ねることで、巧妙に仕向けられていったプロセスであることが見えてくる。

 DVと児童虐待には強い関連性があるのに見逃されている――精神科医・臨床心理士の白川美也子医師は10年以上前から、警鐘を鳴らしてきた1人だ。白川医師は弁護人の依頼で今年3月から6月にかけて計7回、東京拘置所で優里被告と面会を重ね、優里被告が「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」と「解離性障害」の2つの疾患にかかっていると診断した。

 最大の心の傷は、横になっている娘の腹をサッカーボールのように蹴り上げるのを目の当たりにした体験だった。

 当然、原因は雄大被告のDVにあるが、優里被告は「100%自分の責任」と繰り返した。白川医師は面会を重ね、優里の身に起きた不可解なこと――例えば、なぜ結愛が暴行されているのに体が動かなかったのか――について医師として原因を説いた。

 優里被告は次第に捜査資料に目を通すことができるようになり、空白になっていた記憶を少しずつだが取り戻し、公判で話せるようになった。10月3日の雄大被告の公判に証人として出廷した際は「もう結愛と息子には近づかないでほしい」と言えるまでに症状から解かれつつある。

法廷で明かされなかった「意見書」とは?

 白川医師は診断名も記した「意見書」を作成したが、責任能力の問題に発展することを嫌う検察側の強い反対に遭い、証拠として採用されなかった。白川医師は、診断名を出さずDV被害者に特徴的な一般的な症状との関連で証言することを条件に法廷でも意見を述べたが、医師として語りたかった重要な部分を語れなかったことになる。

 私は取材を通じ、診断の過程で優里被告と白川医師の間でなされた対話を記録した「面会逐語録」を入手し、その重要な部分について「文藝春秋」11月号に「結愛ちゃん母『懺悔の肉声』」と題して寄稿した。そこで語られるのは、長時間の説教を通じて厳しく接し、時に緩めてはまた締め上げる――雄大被告の巧妙なDVのサイクルだ。

 掲載に同意を得るために面会した際、優里被告は私に「診断名にまだ納得していないんです」と意外な言葉を述べ、こう続けた。

「私は娘を守ることができませんでした。私は無知で世間知らずで、母親としての知識も覚悟も足りなかった。そんな私が病名だけを切り取って報じられ、DV被害者として擁護されたいとは思わない」

 全ての責任を背負おうとするこの生真面目な優里被告の姿は、DVや虐待に直面しながらSOSを発することのできない無数のDV被害者と重なって見えはしないだろうか。

 優里被告の肉声の詳細は、「文藝春秋」11月号に掲載されている。

(広野 真嗣/文藝春秋 2019年11月号)

あわせて読みたい

「目黒の女児虐待死事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    JESSE被告「コカインなめた」

    阿曽山大噴火

  3. 3

    桜を見る会予算を国民向けに使え

    柚木道義

  4. 4

    大嘗祭反対集会? 朝日記事に疑問

    和田政宗

  5. 5

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  6. 6

    222万部減 新聞はもう要らないか

    PRESIDENT Online

  7. 7

    朝日のがん治療本PR見直しを称賛

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    「山本太郎都知事」はあり得るか

    PRESIDENT Online

  9. 9

    嵐の公式LINEペナルティで消滅?

    NEWSポストセブン

  10. 10

    又吉直樹の新作に直木賞作家驚き

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。