記事

【衆院予算委】前原議員がイージス・アショア配備の再考を求める


 衆院予算委員会の基本的質疑で11日、前原誠司議員が国民民主党の4番手として質問に立ち、(1)安倍総理の憲法改正に関する認識(2)日米安全保障条約をめぐるトランプ大統領発言(3)ミサイル迎撃システムの効果(4)日銀の金融緩和政策などについて安倍総理らにただした。

 憲法改正に関して、安倍総理が週刊誌の対談で、安全保障関連法の成立で集団的自衛権を行使をできるようになったことから「米国は満足して何も言わなくなった。だから憲法改正の必要はない」などと発言した真意をただした。しかし総理は明確な答弁を行わなかった。

 今年6月のG20サミットの記者会見でトランプ大統領が「日米安保条約は不公平だと安倍首相に何度も言ってきた」と公に発言していることから、その発言が事実かどうかを確認した。それに対して総理は、「首脳会談の内容を明らかにすることは控えさせてもらいたい」と終始明言を避けた。

 また、政府が配備を決定している迎撃ミサイルシステムのイージス・アショアに関して、「大気圏外で迎撃を想定した構造になっているため、低空飛行で飛来して最後に高度を上げて落ちてくる新型ミサイルには対応できない」と指摘。それでも「数千億円の費用と数年をかけて本当に配備するつもりか」と追及した。河野防衛大臣は、「防衛機密」を繰り返し、明確な答弁を避けた。

 黒田日銀総裁に対しては、非伝統的金融緩和を含めた場合、日本の金利が圧倒的に低いと指摘した上で、「ヨーロッパ中央銀行のECB、アメリカ中央銀行のFRB、日本銀行の3行を比べた場合、日銀は他の中央銀行に比べたら金融緩和余地が少ないことを認めるか」とただした。黒田総裁は「日本銀行が極めて緩和的な金融政策を行っている」と認めた。

あわせて読みたい

「イージス艦」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  2. 2

    福原愛が「台湾の田中みな実」化

    NEWSポストセブン

  3. 3

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

  4. 4

    売れた名変える神田伯山の肝っ玉

    毒蝮三太夫

  5. 5

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  6. 6

    コロナで病院限界 厚労省が守れ

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  8. 8

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  9. 9

    風俗に母同伴 親子共依存の実態

    AbemaTIMES

  10. 10

    日韓の人口あたり感染数は同じか

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。