記事

高齢になってから友人を増やすとストレス感じる機会が増える

やっぱり孤独が一番?

 離れて暮らす子や孫よりも、身近な友人が多ければ幸せに過ごせるかと言えば、そうでもない。

『下流老人と幸福老人』などの著書がある三浦展氏の調査によると、1人暮らしの男性の場合、趣味・教養・スポーツ関連の友人が「0人」「1~2人」「3~5人」と増えるごとに、「幸せ」と回答した割合は37%→41%→54%と上がっていくが、「6人以上」になると19%とガクンと下がる。近所の友人の数で見ると、「1~2人」が50%と幸福度が最も高かった。

「男性は同じ趣味の友人が増えすぎると“俺のほうがすごい”“あいつのやり方はダメだ”などと喧嘩になりがちです。女性の場合は友人の数が増えるほど幸福度が上がっている。男性は競争意識や攻撃性が強すぎるのかもしれません」(三浦氏)

 さらに、高齢者男性の場合、学生時代からの友人の存在は幸福度に影響するが、今の職場の友人の有無は影響しないという。年を取ってから友人関係を増やそうとすると、幸せよりも人付き合いのストレスを感じる機会を増やしかねない。

※週刊ポスト2019年10月11日号

あわせて読みたい

「高齢者」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    各国比較 100万人当たり死者推移

    LM-7

  2. 2

    テレ朝番組のコロナ報道にあ然

    小林よしのり

  3. 3

    志村さん巡り千鳥大悟に心配の声

    AbemaTIMES

  4. 4

    党が機能しなくなった政権の惨状

    門田隆将

  5. 5

    戦隊レッド俳優の感染公表は英断

    常見陽平

  6. 6

    マスク推奨すべきか 欧米で論争

    飯田香織

  7. 7

    「大企業の倒産」が招く負の連鎖

    大関暁夫

  8. 8

    志村さん死去 TV局は徹底検査を

    渡邉裕二

  9. 9

    補償なく自粛を要請 著名人怒り

    女性自身

  10. 10

    非常時も平社員に判断任せる日本

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。