記事

増税は世界経済にも影響 玉木代表が総理の認識の甘さ批判


玉木雄一郎代表は10日、衆院予算委員会での質問後に国会内で記者団からの取材に応じた。玉木代表は「安倍総理ははじめとする政府側はまともに質問に答えない上に、あたふたとした印象を受けた」と政府答弁を振り返りつつ、質疑のポイントを説明した。

 日米通商交渉について、「安倍総理が追加関税を回避できたことが成果だと言っているが、条文上全く根拠がない。両国が結んだ文書では何ら担保されていないことが明白だ」とし、総理が根拠に挙げる首脳会談などの議事録の国会提出を求めた。また「自動車や部品の関税撤廃は合意されておらず、米側の関税撤廃率は割程度に留まる。これではWTO協定違反となる可能性が濃厚だ」と指摘した。

 消費税増税の経済への影響をめぐる質疑については、「安倍総理の経済の認識は甘い」と断じた。「増税は日本経済だけではなく、世界経済に大きな影響を与える。私からは、『国債を発行してでも財政を拡大する、特に人的資本、教育や科学技術に投資していくべき。反緊縮的な政策で国民の生活を守っていく。具体的な財源調達手段として、50年債、100年債といった超長期国債の発行も低金利、マイナス金利を活かしてやるべきだ』と提案した。その上で、「消費税引き上げ後の影響を注視するべきであり、毎週でも予算委員会を開催し、経済政策を議論していきたい」と述べた。

あわせて読みたい

「玉木雄一郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。