記事

"中の人"がすべてバラす「文春砲」の弾の込め方

2/2

紙の雑誌が厳しい以上、活路はデジタルです

【新谷】紙の雑誌が厳しい以上、活路はデジタルです。とりあえず2つ方法があって、ひとつは広告モデル。ページビューを増やして、それに伴って広告を増やしていく。

もうひとつは課金モデルで、記事や雑誌のコンテンツにお金を払ってもらう。主流は課金のほうになっていくんだけれど、コンテンツを読むだけでお金を払ってくれる人はなかなかいないから、セミナー的な要素なども入れて、会員ビジネスみたいに広げていく必要があります。お金を払っていただく形がきちっと作れるかどうか、まだ試行錯誤の段階ですけど。

【森下】文春オンラインが急激にページビューを伸ばしているのは、19年4月から週刊文春の中に一本化したのが大きいんじゃないですか。

【新谷】独立した部署だったから社内の外注業者みたいになって、連繋がうまくいかなかった。コンテンツを作る人間と拡散させる人間が同じ部署内にいると、温度感が全然違います。月間1億7500万ページビューまでいって広告も伸びているけど、紙の穴を埋めるまでいかないですね。

デジタルシフトの当初は流通革命だったから、読者に届けるルートが変わっただけでした。でもデジタルで読む以上は動画や音声がなければ面白くないから、当然コンテンツそのものも変わってきます。今後はさらにライブに向かうと思うんです。「いまから当事者を直撃します」と、ライブ配信で見せられるところまで持っていけるかどうか。

【森下】そこのパッケージをうまく考えられる媒体は生き残っていくでしょうけど、体力的に難しいところも出てくる可能性はありますね。

【新谷】だから、大きな事件があったら真相は文春で知りたいという存在で居続けることが大切です。主戦場がデジタルに移ったとしても、読者から信頼していただけるブランドであるために、知恵を絞るしかない。

【森下】週刊朝日は週刊文春さんのように人数も人材もいないので、スクープ連発は不可能です。

私がAERA dot.を伸ばした理由があるとしたら、週刊朝日に載らなかったけど、独自のネタのニュース記事などを土日祝日問わず、タイムリーに配信したこと、朝日新聞出版「大学ランキング」や「いい病院」シリーズなどブランド力のあるデータ記事をネットで活用したことですね。

【新谷】強みを伸ばすことですよ、いまの時代に必要なのは。

【森下】もちろん、雑誌の使命はスクープだと思うんですけど。

取材現場で一緒にやった人を書き残す

【松井】森下さんが諦めるのはまだ早いよ。編集長なんて何年もやらせてもらえるわけじゃないんだから、やりたいことをやりたいようにやればいい。部数が減っていく恐怖は私にもよくわかるけど、「あれをやっとけばよかった」と後悔するのが一番よくない。

【新谷】松井さんは編集長や社長時代、講演したり取材を受けたりするのが好きなほうじゃない印象だったのに、なぜ『異端者たちが時代をつくる』を出したのですか。

【松井】自分でも、回想録は絶対に出さないと言っていた。でも自慢話じゃなくて、取材現場で一緒にやっていた人たちのことを書き残そうと思ったんです。さっきの羽柴弁護士は、22年間ほぼ無償で、あんなに辛い仕事をやってきた。

それから、がんの常識と闘ってきた医師の近藤誠さんや、統一教会と戦った作家の飯干晃一さん。森下さんをはじめとする現場の記者たち。こういう人たちがいるんですよということを、書き残しておきたくなった。

【新谷】私も現役の編集長のとき『「週刊文春」編集長の仕事術』という本を出して、賛否両論ありました。だけど週刊文春の記事の信憑性を伝えるためにもスクープの裏側や、われわれがどんなことを考えながら、どういうプロセスで雑誌を作っているのか、世の中に伝えることに意義があると思ったんです。

【松井】しかし今日は、森下さんからビジネスの話を聞くとは思わなかったな。

【新谷】森下さんは遮眼帯がかかってる競争馬みたいで(笑)、スクープを追うのでもページビューを上げるのでも、あらゆる努力をするのが当然なんです。「エッ?なんでやらないんですか。当たり前じゃないですか」というのが彼女の常識だけど、なかなかできないですよ。私が松井さんから、編集長を3カ月休養させられたとき、森下さんから励ましの電話があって、寿司をごちそうになったんです。「意外に優しいな」って(笑)。

【松井】新谷さんの休養事件と18年のクーデター騒動については、まだノーコメントにしておきます。

【新谷・森下】(苦笑)

----------
新谷 学 週刊文春編集局長
1964年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、文藝春秋入社。『週刊文春』『文藝春秋』編集部、『週刊文春』編集長などを経て、2018年7月より現職。著書に『「週刊文春」編集長の仕事術』がある。
----------

----------
森下 香枝 週刊朝日編集長
1970年生まれ。『週刊文春』記者を経て2004年、朝日新聞社入社。東京社会部記者、『週刊朝日』副編集長などを経て、2019年4月より現職。著書に『グリコ・森永事件「最終報告」真犯人』など。
----------

----------
松井 清人(まつい・きよんど)
文藝春秋前社長
1950年生まれ。東京教育大学アメリカ文学科卒業後、文藝春秋入社。『諸君!』『週刊文春』『文藝春秋』編集長などを経て、文藝春秋社長。2018年退任。著書に『異端者たちが時代をつくる』がある。
----------

(週刊文春編集局長 新谷 学、週刊朝日編集長 森下 香枝、文藝春秋前社長 松井 清人 構成=石井謙一郎 撮影=原 貴彦)

あわせて読みたい

「週刊文春」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    音喜多氏が居眠り謝罪 歳費返納

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    テレ東が先陣 マスク着用で好評

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    感染拡大するスウェーデンの日常

    田近昌也

  4. 4

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  5. 5

    SEXなく…夫に不倫自白した女性

    PRESIDENT Online

  6. 6

    菅首相 イエスマンだらけの失策

    毒蝮三太夫

  7. 7

    プペルも? 泣くための映画に疑問

    かさこ

  8. 8

    鼻マスク失格 秩序守った監督官

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    首相演説を批判 朝日に「何様?」

    鈴木宗男

  10. 10

    医療整備に腹くくれない首長たち

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。