記事

吉野彰博士 ノーベル賞受賞

 旭化成名誉フェローの吉野彰博士がリチウムイオン電池開発の功績を讃えられ、ノーベル化学賞を受賞されました。誠におめでとうございます。

 日本人のノーベル賞受賞は昨年医学生理学賞に選ばれた本庶佑京都大特別教授に続く快挙であり、ノーベル化学賞は2010年以来の8人目です。

 吉野彰博士の研究開発により、リチウムイオン電池が安全に使えるようになったことで、世界中の人々の暮らしは一変しました。

 リチウムイオン電池は今や世界のインフラとして、携帯電話から電気自動車、再生可能エネルギーの備蓄まであらゆるものに利用されています。

 とてつもなく偉大なご功績に心から敬意を表するとともに、今後のさらなるご活躍を祈念します。

あわせて読みたい

「ノーベル賞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  3. 3

    副外相 中国への肺炎支援に異議

    鈴木馨祐

  4. 4

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  5. 5

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  6. 6

    五輪巡る批判報道に無言の圧力か

    WEDGE Infinity

  7. 7

    新型コロナで「新手の派遣切り」

    田中龍作

  8. 8

    ロッテ捕手 キャンプ中に妻不倫?

    SmartFLASH

  9. 9

    百田氏 謝礼もらう保守論客いる

    女性自身

  10. 10

    なぜネットは社会学者を嫌うのか

    津田正太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。