記事

吉野彰博士 ノーベル賞受賞

 旭化成名誉フェローの吉野彰博士がリチウムイオン電池開発の功績を讃えられ、ノーベル化学賞を受賞されました。誠におめでとうございます。

 日本人のノーベル賞受賞は昨年医学生理学賞に選ばれた本庶佑京都大特別教授に続く快挙であり、ノーベル化学賞は2010年以来の8人目です。

 吉野彰博士の研究開発により、リチウムイオン電池が安全に使えるようになったことで、世界中の人々の暮らしは一変しました。

 リチウムイオン電池は今や世界のインフラとして、携帯電話から電気自動車、再生可能エネルギーの備蓄まであらゆるものに利用されています。

 とてつもなく偉大なご功績に心から敬意を表するとともに、今後のさらなるご活躍を祈念します。

あわせて読みたい

「ノーベル賞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。