記事

ほぼ毎年優勝チームが決まっている女子校の運動会

1/2

運動会シーズンです。中学校や高校の運動会はどんな形式で行われていましたか? おそらく、学年を縦割りにしたチームで色別に分かれて対抗戦をしたと思います。1組は赤、2組は青、3組は黒……のように。共学校や男子校では基本的にほぼその形式です。

でも女子校の運動会は違う形式、つまり縦割りのチーム対抗ではない形で行われていることが少なくない。ではどういう形式で行われているか、わかりますか?実は、運動会を学年対抗形式で行っている女子校が結構あるんです。中高一貫校の場合、中1と高3が綱引きで勝負するということがあるんです。この場合、もちろん高3が圧勝します。

ときどき番狂わせがあって、高2や高1が優勝してしまうこともあるにはあるのですが、たいていは最高学年の高3が優勝します。

最初これを知ったとき、正直言って「意味わかんない」と思いました。そんな運動会の何が面白いんだろうと思ってしまいました。でも、それが1つや2つではないんです。ぜんぶではありませんが、結構多くの学校で学年対抗形式の運動会をしているんです。地方の女子校でも、同じです。

そこで女子校の先生たちに理由を聞いてみました。「うーん、昔からそうだからねぇ」という答えが多い中、いくつかの女子校では「かつて縦割りにしてみたこともあったんですよ。そのほうが勝負が互角になって面白いだろうということで。でも、生徒たちから不評で、すぐに学年対抗に戻しました」との証言を得ました。

どうやら女子校の生徒たちは、勝ち負けよりも自分たちのチームワークをどれだけ高めることができたかに満足感を得るらしいのです。また、先輩からあれこれ命令されるのも嫌だということでした。

一方、男子校の運動会は絶対に縦割りです。先輩が後輩に厳しく指導して、優勝を目指します。

性差よりも個人差が大きいことは大前提です。でも男子だけの集団、女子だけの集団を形成すると、その集団としてのふるまいには違いが出るということです。このことから私はある仮説を思いつきました。

男子だけの集団、女子だけの集団をそれぞれつくった場合、男子は命令系統による縦型の組織をつくるのが得意だが、女子は共感をベースにした横型の組織をつくるのが得意なのではないか。女子校、男子校という、異性がいない独特な空間では、女子の集団としての特性、男子の集団としての特性が強調されやすいのかもしれません。

あわせて読みたい

「学校教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏 休校は英断ではない

    小林よしのり

  2. 2

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  3. 3

    コロナ対応にみるリーダーの素質

    室橋 祐貴

  4. 4

    コロナにゲイツ氏「100年に1度」

    ロイター

  5. 5

    ウイルスより速い情報の感染爆発

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  7. 7

    石破氏 船内対応巡る発言を反省

    石破茂

  8. 8

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  9. 9

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  10. 10

    「AKIRA」にみるモダン不信時代

    狐志庵

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。