記事

Q 離婚後の共同親権ですが、それを選択制にしたり、問題がある場合のみ例外的に単独親権にしたらよいのではないですか。

Q 離婚後の共同親権ですが、それを選択制にしたり、問題がある場合のみ例外的に単独親権にしたらよいのではないですか。

A 選択制にすれば問題ある場合には単独親権にすればいい、だから共同親権でも問題ないのでは? と考えるのは早計です。

 夫婦当事者にその判断を委ねた場合、必ず声の大きい方に従わされるのが常です。

 妻側が離婚を求める場合、とにかく離婚できるのであればそのための条件はどうでもいいという場合も少なくありません。

 例えば、養育費はいらない、財産分与もいらない、さらにはどんなにひどい仕打ちを受けていたとしても慰謝料もいらない、などはまだいいほうです。

 「監護権」はやるから、親権はオレ(夫)だというものに至っては本当に悲惨です。これの意味するところは、子どもの面倒はみろ、しかし親権はオレだからな、いうことを聞かなければ子どもを取り上げるぞという脅しにも使えるからです。

 当事者の選択に委ねていたら、本来、単独親権にしなければならないような案件こそ共同親権になってしまいます。


 問題がある場合には例外的に単独親権とするという制度も同様に問題があります。その例外とすべき場合を誰が判断するのかということです。当事者に判断させたら何の意味もありません。

 このように当事者に選択させることは適切に選択される保証はなく、問題があります。

 なお、ならば家庭裁判所に判断させたらどうかという意見が出てきます。

Q 選択制を当事者に委ねてしまうと大きい声の方に流されてしまうというのであれば、家庭裁判所が関与して判断すればいいのではないしょうか。

あわせて読みたい

「親権」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    即位の礼 要人もどよめいた奇跡

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    昭恵夫人にドレスコード違反の声

    女性自身

  3. 3

    文氏低迷でGSOMIA維持派が台頭か

    高英起

  4. 4

    竹中平蔵氏 借金1000兆円は煽り

    PRESIDENT Online

  5. 5

    モテる男性が結婚繰り返す残酷さ

    NEWSポストセブン

  6. 6

    NHK大河が低迷 N国の追及を警戒?

    渡邉裕二

  7. 7

    収入ギリギリの住宅を買うリスク

    長谷川高

  8. 8

    佳子さまの十二単姿に「麗しい」

    女性自身

  9. 9

    よしのり氏「皇統の危機が心配」

    小林よしのり

  10. 10

    日本が財政破綻へ? カギは少子化

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。