記事

人気ブックデザイナーが考える 「いい装丁」とは?

1/2

本好きなら、気になっている人も多いはず。装丁家という仕事。

装丁に込められた思いを知りたくて、人気ブックデザイナー佐藤亜沙美さんのもとを訪れた。

佐藤さんは2006年から8年間、デザイナー祖父江慎(そぶえ・しん)さんが代表を務める「コズフィッシュ」に在籍。2014年に独立し「サトウサンカイ」を設立した。

2016年からは『Quick Japan(太田出版)』のアートディレクターになり、その後も『静かに、ねぇ、静かに(講談社)』、『生理ちゃん(KADOKAWA)』などの人気タイトルを数多く手がけてきた。

なかでも「韓国フェミニズム・日本」を特集した『文藝』2019年秋季号は、創刊以来86年ぶりの3刷を記録し話題になった。

いいなと思うものって、どこか攻撃的な踏み込み方をしている


—『文藝」の86年ぶり3刷は大きなニュースでした。佐藤さんがアートディレクションを手がけたんですね。

2019年4月発売号から携わらせていただいています。編集長の坂上陽子さんが、リニューアルにあたりデザインもガラッと変えたいと相談してくださいました。

主に純文学が掲載されている5誌(文學界、新潮、すばる、群像、文藝)が文芸誌と呼ばれているのですが、『文藝』は長い歴史を誇っていることもあり、これまで中高年の読者を中心に親しまれてきました。

ただ、これまでの読者にむけてデザインを構築していくべきかは悩みました。20年ぶりのリニューアルなので、文芸誌をあまり読まないと言われている若い層にも手にとってもらえるよう、イメージを一新したいという編集長の考えに呼応して考えていきました。

坂上さんとは以前からお仕事をご一緒していたのですが、ご依頼いただくのが「ポップなデザインを」という意向の作品が多かったので、そのやりとりの流れでお声かけいただいたのかなと思います。

—思い切ったデザインですよね。イラストに文字をかぶせたり、文字に文字を重ねたり。題字もこれまでの文芸誌にないインパクトです。このデザインは、編集者としては勇気が要ります。

収録されている作品がとても刺激的なので、視覚的にも刺激的でありたいと考えていました。私自身が手に取るものもそうですが、いいなと思うものは、どこか攻撃的な表現をしているものが多い。

なにかに遠慮して作られたものは、受け取り手も遠慮していることが分かってしまう。お互いに配慮しあっていたら、デザインとしてはパワーが弱まってしまうので、そこをあえて踏み込むようにしています。

1990年代〜2000年代に主流になったシンプルでスマートなデザインに、私自身があまりワクワクしなくなってしまったこともあって。

『サードウェイ (ハフポストブックス)』もシンプルですけれど、白い面に大きな余白をとって、タイトルは小さい文字で配しました。シンプルでも余白の取り方などで攻撃的に見せています。

—既成概念を打ち砕いていますね。

打ち砕いているという意識はないです。もしそう見えているとしたら、作品がそういう要素を内包しているということだと思います。本のカバーは“作品から滲み出したもの”と思っています。

デザイナーとしては可能なかぎり匿名性を重んじているところがあります。自分らしさはどうでもよくて、その作品でしかできないなにかをいつも探しています。そこが一番エネルギーを使う。

実際、作品ごとにタイトルの配置もバラバラです。文字要素が多いと言われることもありますが、文字は“読者とコミュニケーションを取るツール”と考えています。この作品のことを全く知らない人にも、どこか気に留めてもらえるような文字の配置を意識しています。

装丁だけではない。ブックデザイナーの仕事


—ブックデザイナーの役割は、どこからどこまでなんでしょう?

私の場合は、装丁だけではなく本文もデザインすることが多いです。まずはノンブル(ページ番号)の書体や位置といった小さなところから決めていって、そこからじわじわ外に広げていって、カバーデザインに手を付けるときにはもう方向性が決まっているイメージです。

以前いた事務所が、「カバーだけという依頼はあまり受けない」という方針だったことが大きいかもしれません。パッケージとしてよく見せても、骨格である本文がよくなければ成立しないという考えのもと、本文組も徹底的に鍛えられました。

—ご自身を「ブックデザイナー」と言っているのは、装丁だけではないからなんですね。

装丁家と言われると嬉しい反面、自分ではちょっと偉そうかなとか思ってしまうのもあります(笑)。ブックデザイナーだと、本づくりそのものに関わっている感じがしていいな、と思って。実際、まだ企画段階のときから関わることもありますし、スペース次第では帯文を変更してもらえるか相談することもあります。

デザインのラフをつくるとき、タイトルや帯文が確定していないこともあるので、デザインのテンションをつかむために帯文を仮に設定することもあります。それがそのままタイトルや帯文の決定づけになることもあります。

—デザインする前に、本の中身をすべて読むのですか?

スケジュールによってはすべての作品をじっくり読めるわけではないのですが、可能なかぎり読ませてもらうようにしています。打ち合わせの前に、ゲラを送っていただいて、読んでから手書きでラフを描きます。


ラフといっても、思考マップのようなものです。ゲラを読んで、感想文や考えたことを書き出して整理していきます。自分が何を考えているのかが顕在化してくるんです。そこから帯文の文末は「。」なのか「!」なのか、推薦文はどんなテンションがいいとか、どんなイラストレーターが合いそうかとか作品の視覚的な世界観が見えてきます。

思考マップを書きながらデザインのアイデアが浮かぶこともある。マップのおかげで最後までピントがブレずに仕上げられるので、必ず書くようになりました。

あわせて読みたい

「デザイン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文氏が天皇陛下宛の親書を送達か

    天木直人

  2. 2

    陛下の立ち位置を批判する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    竹中氏「日本人は童貞そっくり」

    PRESIDENT Online

  4. 4

    韓国LG 市場予想上回る営業赤字

    ロイター

  5. 5

    女系天皇を認めたくない愚かさ

    志村建世

  6. 6

    天皇制は選挙方式にすれば合理的

    紙屋高雪

  7. 7

    韓国の李首相と枝野代表らが会談

    立憲民主党

  8. 8

    文氏低迷でGSOMIA維持派が台頭か

    高英起

  9. 9

    雅子さまの「祝宴ドレス」に注目

    文春オンライン

  10. 10

    格差社会が平和の存続をもたらす

    諌山裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。