記事

ランダル・レイ教授との往復書簡の原文

昨日掲載したランダル・レイ教授とのやり取りについて多くの方にご覧頂いた。原文の掲載を希望される方がいたのでここに改めて紹介させていただく。なお,英訳・和訳については国会議員会館内の翻訳業者に依頼して作成したものを,さらに個人的にネイティブの通訳者にチェックをいただいている。

【私からの質問】

1. In 2018, Japan’s average rate of unemployment was incredibly low at 2.4%. I believe this figure reflects Japan’s labor shortages, which have resulted from a rapid decline in the country’s population. The current rate of unemployment is surmised to be within the scope of the rate of natural unemployment, and thus we are technically in a state of full employment. On the other hand, between 2016 and 2018, the yearly average rate of the rise in prices, excluding those of perishable foods, was -0.3 to 1%, with prices remaining stable.

Given the above, one could say that Japan has already achieved what you stipulate in your work – that the best domestic policy is to pursue full employment and price stability – and therefore I do not believe it is necessary to implement the aggressive financial policy advocated by Modern Monetary Theory that increases the currency supply. What are your thoughts on this?

2. Between 2009 and 2019, the rate of dependence on government bonds of Japan’s national finances (general account budget) was very high at 51.5 to 32.1 percent. Given these financial circumstances, I believe issuing more government bonds to further boost the economy, and pursuing aggressive fiscal stimulation, may lead to inflation.  Hypothetically, if we set the inflation target to 2%, and the rate of inflation exceeds this target, I believe that based on the state of national finances, which is characterized by everlasting dependence on government bonds, it will be difficult to quickly reduce the issuance of government bonds, leading to a situation in which inflation cannot be easily controlled.  Therefore, given the circumstances of Japan’s public finances, the fundamental condition that would allow aggressive fiscal stimulation via Modern Monetary Theory is missing. What are your thoughts on this matter? 

3. In relation to the above, do you think a perspective that encompasses both 1 and 2 would lead to a different conclusion?

【日本語原文】

1. 日本においては,失業率が2018年平均で2.4%と極めて低い水準にあります。これは急激な人口減少の過程にある日本において労働力不足が顕在化したものと考えられます。現在の失業率は,一般に言われる自然失業率の範囲内と推測され,事実上の完全雇用状態にあるものと考えられます。一方で,生鮮食料品を除く物価上昇率は2016~2018年(各年平均)は-0.3~1%で推移しており,物価は安定しております。

 以上によれば貴殿の著作に記された貴殿の意見である「最善の国内政策とは,完全雇用と物価安定を追求することである」は,日本においては既に達成されており,MMTが提唱する通貨増発による積極的財政政策を取る必要がある状況にはないと考えていますがいかがでしょうか。

2. 日本の国家財政(一般会計予算)における国債依存度は,2009年~2019年において,51.5~32.1%を占めており,極めて高い状況です。このような財政事情下において,さらに景気浮揚のために国債増発を行い,積極的財政出動を行うことを実行した場合,インフレが生じる恐れがあると考えられます。仮にインフレ・ターゲットを2%に置いたとして,これを越えるインフレ率となった場合においても,その恒常的な国債依存財政体質からして,国債発行を緊急に縮小することは困難と考えられ,その場合インフレをコントロールすることが困難となる可能性があるものと思料いたしております。したがって,日本の財政状況に鑑みれば,MMTによる積極的財政出動をなしうる基礎的条件を欠くものとも考えられますがいかがでしょうか。

3. 以上について,1,2を総合した観点から異なる結論は導かれるのでしょうか。

【レイ教授からのご回答】

【英語原文】

Thank you for your questions. 

I do know that unemployment as measured is low, and that inflation on average is just above zero. Growth of GDP is low, dragged down largely by low consumption growth. I want to emphasize that I do not support "growth for growth's sake"--what matters is providing decent living standards for all. I am not sure that Japan's growth rate is too low, on average, to accomplish that. This is a matter for Japan to determine. I know, however, that unemployment measures can be very misleading as those who involuntarily leave the labor force are not necessarily counted. The conventional view outside Japan is that this has become a problem for older male workers, and perhaps for some other groups. That would add to the numbers to create a "shrinking labor force".

I did not fully understand your points about the deficit and debt. With a very low interest rate on government debt, spending is low--although with a high debt ratio that can offset the benefits of the low rate. Government spending on interest can be quite "inefficient" in that it does not stimulate further spending on consumption and investment--so does not produce growth. However, as I argue in the attached paper, there are two paths to high deficit ratios in Japan. Faster growth could lower the deficit ratios and reduce the issue of debt. The path to faster growth is targeted spending (not on interest, but in areas to increase growth). I will talk about this when I visit Japan from October 10.

【和訳】

ご質問いただきましてありがとうございます。

測定された失業率が低く、平均インフレ率がゼロをわずかに上回る水準であることは承知しています。消費の伸びが弱いことを主たる要因としてGDP成長率が低迷しています。私は、「成長のための成長」を支持していないことをここに強調しておきたいと思います。重要なのは、全ての人々に対して最低限の生活水準を保証することです。これを実現できないほどに日本の平均成長率が低いのかは分かりません。

これは日本が決定すべき問題です。但し、不本意な退職を余儀なくされた人々が必ずしも考慮されていないため、失業率の測定値は大きな誤解をはらんでいる可能性があります。日本国外において、これは年配の男性労働者、そして恐らく他の複数の集団において問題化しているとの見方が一般的です。その数が増加することで、「労働力の減少」がもたらされます。

貴殿がご指摘になった赤字と負債については、十分に理解しておりませんでした。政府債務の金利が非常に低いため支出は低水準に留まっていますが、債務比率が高く、低金利による恩恵が相殺される可能性があります。金利支払いのための政府支出は消費や投資に対する追加支出を促すものではなく、成長をもたらさないという点において極めて「非効率」であると言えます。

一方、添付の文書において論じている通り、債務比率の高い日本が取るべき対策は2つです。成長速度を加速させることで、赤字比率を下げ、債務問題を軽減できる可能性があります。成長速度を加速させるためには、(金利に対してではなく、成長を促進する分野において)対象を絞った支出を行うことです。これについては、10月10日に来日した際にご説明させていただきます。

あわせて読みたい

「MMT」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文氏が天皇陛下宛の親書を送達か

    天木直人

  2. 2

    陛下の立ち位置を批判する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    竹中氏「日本人は童貞そっくり」

    PRESIDENT Online

  4. 4

    韓国LG 市場予想上回る営業赤字

    ロイター

  5. 5

    女系天皇を認めたくない愚かさ

    志村建世

  6. 6

    天皇制は選挙方式にすれば合理的

    紙屋高雪

  7. 7

    韓国の李首相と枝野代表らが会談

    立憲民主党

  8. 8

    雅子さまの「祝宴ドレス」に注目

    文春オンライン

  9. 9

    文氏低迷でGSOMIA維持派が台頭か

    高英起

  10. 10

    格差社会が平和の存続をもたらす

    諌山裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。