記事

「家事は自分でやるもの」という呪い

9月に第一子をご出産されたはあちゅうさん。家事代行を頼んだことをツイートした流れで、

とつぶやいています。

子供を生んでわずか一ヶ月のママが、1時間2000円の家事代行を頼んで批判コメントが来るって一体どういう世の中なのでしょうか…。

餅は餅屋、家事は家事代行


僕はときどき「CaSy」というところに掃除をお願いするのですが、1時間2500円プラス交通費とかです。むしろ1時間2000円ってだいぶ安いところを使ってるわけですよ。

CaSyに初挑戦!2時間5000円の家事代行サービスが最高だった件 -たのっちのぶろぐ

にもかかわらず、2000円は高いとか手抜きだとか言われちゃうそうで。

なんなのでしょうこの「家事は自分でやるもの」っていう呪い。

お隣の中国でも、家事代行が爆発的に増えてるっていうのに、こういうことだから日本の生産性は上がらないんじゃないでしょうか。

中国の家政婦引く手あまたでも、資質に問題 「資格証明は簡単に入手」- AFPBB

1時間2000円で家事を2時間外注したとして、その間に原稿料1万円の仕事ができれば、10000−4000円でプラス6000円ですよね。家事代行の方もお給料をもらえて、自分は締切を守れる。土日に家事してると仕事が進まないわけですよ。

仕事しなくたっていいんです、普段大変な家事をプロにやってもらうことによって、その時間にゆっくりコーヒーを飲んだりネットフリックスで映画見たっていいじゃないですか、その休暇には1時間2000円以上の価値があるでしょ?

しかも、家事代行の人の掃除って、プロなんですよ。

手間のかかるガスレンジの油汚れやお風呂場の排水口、カビ取り、網戸や窓ガラスだってやってくれる。

それを手抜きだと言うなら、全自動洗濯機など使わず川で洗濯しながら桃がどんぶらこと流れてくるのを一生待っていたらいいのではないでしょうか。

外食より自炊、お弁当に冷凍食品は手抜き、ぞうきんは手縫い…。こういった昭和的価値観は老害とともに葬り去って、令和の時代は家事効率をどれだけ高められるかを男女問わず考えていかなければなりません。


近い未来、コンビニが無人化して車が全自動運転になろうというのに、なんで家事を自力でやらにゃならんのですか。

もちろん、家事が趣味で大好きなんだ!生きがいなんだ!という人はもちろん心ゆくまで家事をすればいいですし、むしろそんな方にお金を払って家事代行をお任せしたい。

買える時間は買いましょう。一日24時間は誰にも平等なのですから。

あわせて読みたい

「家事ハラ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    布マスク費用への批判は大間違い

    青山まさゆき

  2. 2

    SNSでコロナ避難 危機感募る沖縄

    小林ゆうこ

  3. 3

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  4. 4

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    高学歴女性がグラビア進出する訳

    NEWSポストセブン

  6. 6

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  7. 7

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  8. 8

    米 議員にZoomの使用禁止通達か

    ロイター

  9. 9

    辻元氏「ピント外れの補正予算」

    辻元清美

  10. 10

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。