記事

日本では「ウザいだけで意味がない」との意見も…海外では当たり前のデモ、元SEALDsと幻冬舎箕輪厚介氏が激論

1/2

 200万人以上が参加した香港のデモや、世界5000以上の都市で一斉に行われ、400万人以上が参加した気候変動問題に関するデモ。また、韓国で行われた、文在寅大統領の退陣を要求するデモには300万人以上が参加したと言われている。そして、その中心にいるのは若い世代だ。しかし日本では、デモそのものに疑問を抱く声も少なくない。街で聞いてみても、「デモで常識を覆そうっていうのはムリじゃないか」「シンプルに邪魔。迷惑にならないようにしてほしいなって」「相手が動いてくれたら意味あるけど、あまりそういうことはないと思う」と、冷ややかな意見が7割以上を占めた。


国連でスピーチを行った16歳の環境活動家グレタ・トゥーンベリさんに共感、環境問題に関心を持つ大学生や高校生を中心としたデモを主催した「Fridays For Future Tokyo(FFFT)」のメンバー、梶原拓朗氏は「ドイツは一都市だけで100万人集めている。でも、叫びながら渋谷の人たちを見ていたら、ほとんどが素通り。焦った。誰かがポンと言えば何十万人も集まるような世界じゃない。本気でマーチ(行進)しても響かない社会に対して、流れを作らないといけない。

企業さんとかNGOさんと連携しつつ、流れをつくる必要がある」と話す。10万人単位が集った海外のデモに比べ、渋谷のデモに集まったのは若者を中心に約2800人。別のメンバーの男性は「友達を誘っても"怖いからいいや"とか、"予定があるから"みたいにかわされちゃう。大多数が無関心だし、"意識高いね"で終わっちゃうことがもどかしい」と語った。


そこで7日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、日本のデモをテーマに議論した。

■箕輪厚介氏「SEALDs的なデモがめちゃくちゃ嫌いだ。マジでウザい」


デモを始めとした社会運動に詳しい高千穂大学の五野井郁夫教授(政治学)は、「日本では2011年の東日本大震災と福島第一原発事故の後、それなりに社会運動が盛り上がっていったし、飛行機が止まったりする他国に比べればストライキもないし、デモもまだまだ活発ではない。ただ、昔はデモもとても多かったし、ストライキで国鉄が止まっていた。やはり80年代以降、日本は非常に豊かになったし、中曽根政権が労働組合をずいぶんと潰した。そしてバブル景気もあったので、"もういらないかも"と下火になっていってしまった。よく"デモはルールの外側にある"というような言い方もされるが、そうではない。

民主主義には間接民主主義と直接民主主義があり、選挙で変えていく政治と、そうではないところで変えていける政治が憲法上も認められていて、そこで努力していくものにデモや抗議行動がある。それが忘れられてきたのが現状だ。たとえば女性が我慢している社会は、男性にとっても不幸な社会。それに対して声をあげていくのは全然変なことではない。しかし、それがまだ"ちょっと変なことなのかな"というふうに思われてしまっている」と説明する。

 これに対し、幻冬舎・編集者の箕輪厚介氏は「努力だけでは格差がどうにも埋められないとなった時に、不満を持った人たちが平和的な手段としてデモをするのはわかる。香港のデモも有効な手段だろう。だから世の中が平等・均一になるとデモが少なくなるというのもわかるし、日本も格差や分断が広がっていると思うので、これからデモが増えるだろうなというのも分かる。

ただ、日本のデモ、特にその象徴的なSEALDs的なデモがめちゃくちゃ嫌いだ。マジでウザいし、渋滞になる。はっきり言って"自己満"、くだらない。メディアが取り上げるほどのメッセージもないのに、ワーワー太鼓を叩いているのは本当に反吐が出るほど嫌いだ」と激しく批判。


カンニング竹山も「主張している意見は別として、若者たちが頑張って訴えるということ自体はいいことだと思って見ていたけれど、途中から政党や昔活動していた人たちが乗っかってきているのを見て、"もう嫌だ"という気持ちが芽生えたし、"もったいないな"という感じもした。

政党や宗教団体が入ってくると、普通の人はちょっと敬遠したくなるし、香港についても、"警察もやっているから"と若者たちが暴徒化してしまうと、昔の日本の安保闘争のようになってしまう気がするし、その先には不幸しかないんじゃないか」と話す。

 こうした見方について、元SEALDsのメンバーで、普天間基地の辺野古移設をめぐる住民投票の実施に向けてハンガーストライキを行ったこともある大学院生の元山仁士郎氏は「2014年に特定秘密保護法に関して初めてデモをやったが、それ以前は"なんの意味があるの?こいつらマジうぜえ"と本気で思っていた。でも徐々に"やっぱり必要があるのかな。声を上げる時もあってもいいのかな"と思うようになり、自分自身が参加しやすいデモや、友達を呼びやすいデモを企画し始め、かれこれ5年くらいやっている。

SEALDsが掲げていたビジョンは、日本国憲法をしっかり守ってほしいという立憲主義や、武力ではなく対話による安全保障、それから今回の増税にも関わってくるが、税金を障害者や高齢者、子どもたちや学生たちのために使う生活保障を掲げ、声を上げていた。"これだけは譲れない"、"ここで何か言わないと、自分自身に対して申し訳ない"とか、グレタさんのような年下の世代に対する責任、行動としてデモやハンガーストライキをやってみようということ。ただ、日本では多くの人が香港や台湾ほど差し迫った問題はないと考えているし、"何となく生きていけるよね。自分や周りの友達は大丈夫なのではないかな"という感じで漠然と生きている」と説明した。

あわせて読みたい

「デモ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    JESSE被告「コカインなめた」

    阿曽山大噴火

  3. 3

    桜を見る会予算を国民向けに使え

    柚木道義

  4. 4

    大嘗祭反対集会? 朝日記事に疑問

    和田政宗

  5. 5

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  6. 6

    222万部減 新聞はもう要らないか

    PRESIDENT Online

  7. 7

    朝日のがん治療本PR見直しを称賛

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    「山本太郎都知事」はあり得るか

    PRESIDENT Online

  9. 9

    嵐の公式LINEペナルティで消滅?

    NEWSポストセブン

  10. 10

    又吉直樹の新作に直木賞作家驚き

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。