記事

「男女産み分けが可能」着床前診断はアリなのか

1/2

子供の性別や病気を知るために、受精卵の段階で検査を受けたいという親たちがいる。こうした「命の選別」は許されるのだろうか。国立成育医療研究センター産科フェローの前田裕斗氏は「規制を求める声もあるが、国や学会による規制はしないほうがいい」という。なぜなのか――。

※写真はイメージです 写真=iStock.com/narvikk

「どちらの受精卵を子宮に戻しますか?」

「今回の体外受精では2つの受精卵が胚盤胞まで育ちました。男の子、女の子1つずつです。女の子は着床前診断で染色体に全く異常を認めませんでした。男の子はもしかすると一部の染色体に異常があるかもしれません。どちらの受精卵を子宮に戻しますか?」

上の一節をSF映画か何かからの引用と思われたかもしれない。しかし、これは今日本で現実に行われている可能性のある話なのだ。

2019年8月31日、日本産科婦人科学会(日産婦)が着床前診断の適用拡大を検討する声明を出した。着床前診断とは、受精卵の段階で子供の病気や性別などを診断できる技術だ。受精卵が成長してできる胚の細胞を一部採取し、遺伝子の内容を調べ、健康な胚を子宮へ戻す。胚の一部をとることから、必然的に体外受精・胚移植とセットで行われる。

具体的な手法については割愛するが、簡単に述べると胚のうち将来胎盤になる予定の細胞を数個非常に細いピペットで採取し、遺伝子を増幅して遺伝子や染色体に異常がないかを確かめる。これまで対象となっていたのは、生命に関わるような遺伝病に加え、流産を繰り返す原因となる染色体異常(均衡型転座)を両親のどちらかまたは両者がもつ場合のみであった。

今回の声明では、これまでの疾患に加え「日常生活に重大な影響を与えるものの生死に関わることは稀な疾患」についても適用に含めるとされた。具体的にどの疾患が含まれるかについても、日産婦だけでなく関係学会や倫理・法律の専門家、患者や一般の人も交え話し合って決めていくことが検討されている。

「同じ病気で苦しんでほしくない」は親の身勝手か親心か

着床前診断を話す上で避けて通れないのが「命の選別ではないか」という批判だ。着床前診断については、生まれてくる命を自然に任せるのではなく、病気や障害を持つ胚を選んで廃棄することになる。このため「障害があれば不幸であるという優生思想につながりかねない」「障害を持っている人たちの存在を否定している」などの批判が相次いでいる。

いまや有名となった新型出生前診断(NIPT)の導入時も同様の議論が起こった。NIPTは母体の血液を解析し、ダウン症候群などの染色体異常や一部の先天異常の確率が高いかどうかを見る検査であり、検査結果を理由とした中絶が増えるなどの批判がなされた。しかし、NIPTはあくまで妊娠後に行う検査であり、診断をつけることにより出生後の治療へ速やかにつなげることができるという目的もある。

一方、着床前診断は受精卵の段階で着床させる胚を選ぶため、治療へつながることもなく、より「選別」という色が強い。確かに健康な胚を選んで移植する着床前診断を「親の身勝手」「命の選別」として批判するのは簡単だ。しかし、生命に関わらずとも、ある病気に悩まされている人が将来自分の子供が同じ病気に悩んでほしくないと思うこともまた、ただの身勝手なのだろうか。そして、着床前診断の技術を規制することは本当に必要なのだろうか。

「産み分け」で着床前診断を利用する人もいる

そもそも着床前診断の技術により、どのようなことが可能となるのか。

着床前診断は、その目的により「PGD(着床前遺伝子診断、正式にはPGT-M&SR)」と「PGS(着床前スクリーニング、正式にはPGT-A)」に分けられる。PGDは先述の、致命的もしくは重篤な遺伝性疾患で原因となる遺伝子変異が特定されているもの、もしくは流産につながる染色体異常である均衡型転座を回避するための着床前診断のことだ。

一方PGSとは、受精卵の遺伝子を調べ、できるだけ異常のない受精卵を移植することで妊娠・出産率を向上させるために行う着床前診断のことで、高齢出産や原因不明の流産を繰り返している人を対象にして行われる。PGSを行えば1回の胚移植ごとの妊娠率は向上するが、全く健康である胚がそもそも少ないことも多い。その場合、移植する胚の数が少なくなるため、PGSを行わない場合と比較して出産率が上昇するという報告はされていない。

なお、PGSは日本では現在臨床試験中であり、学会からは公式に認可されていない。さらに、遺伝子診断や流産とは関係なく、「男女産み分け」を目的として着床前診断を利用する人もいる。

あわせて読みたい

「出産」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    OYO急拡大でアパとの競争激化も

    内藤忍

  2. 2

    GSOMIA維持 男を下げた文大統領

    自由人

  3. 3

    玉木氏 森議員の情報漏えい謝罪

    玉木雄一郎

  4. 4

    ケンタッキー「安い」で劇的回復

    PRESIDENT Online

  5. 5

    安倍首相 GSOMIA破棄凍結で会見

    AbemaTIMES

  6. 6

    不振のいきステに今行くべき理由

    内藤忍

  7. 7

    夜景撮影 一眼レフよりiPhone11?

    かさこ

  8. 8

    沢尻逮捕で考える芸能界と麻薬

    文化通信特報版

  9. 9

    「表現の自由」異論否定の根拠に

    島村優

  10. 10

    経産省 韓国のWTO提訴中断を評価

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。