記事

歴史的敗戦から24年、何がラグビー日本代表を強くしたのか

なぜ強くなった?(写真/時事通信フォト)

 ラグビーW杯、日本代表の快進撃を、様々な国のメディア、ジャーナリストたちが賞賛している。ニュージーランドや南アフリカなどの強豪10か国は「ティア1」と呼ばれ、日本は「ティア2」。発展途上の国は「ティア3」というレベル分けがラグビーの世界ではある。ティア2の国である日本がティア1のアイルランドに勝ったというのが快挙なのだ。

 1995年W杯でのニュージーランド戦「17対145」の歴史的大敗は開催地に絡めて〈ブルームフォンテーンの虐殺〉と評され、観客席から缶ビールが投げ込まれた。2015年W杯の南ア戦勝利は誰も予想しなかった。歴史的敗戦から24年──何がここまで日本を強くしたのか。ラグビージャーナリストの村上晃一氏が言う。

「2012年にエディー・ジョーンズ氏がヘッドコーチ(HC)に就任したことで“世界と戦えるフィジカル能力”がどれほどのものかを肌で知り、実践的な練習をこなしてきた。自分たちでゲームプランを練り、勝つために各人がやるべきことをやる“考える集団”の土台ができあがった。

 現在のジェイミー・ジョセフHC体制では、ニュージーランド代表でスタンドオフとして活躍し、世界中からオファーの絶えないトニー・ブラウン氏を攻撃面のコーチに招聘したことが大きい。世界で戦える、より高度な戦略を手に入れることができた」

 日本と決勝トーナメントで対戦する可能性があるニュージーランド(オールブラックス)から見ても、脅威に映るようだ。ニュージーランド紙「スタッフ」は、アイルランド戦での日本の戦術を称えた上で、こう言及している。

〈我々はトニー・ブラウン氏に敬意を表する。そして昨年アイルランドに敗れたオールブラックスがどうして日本が見せたような攻撃をしなかったのだろうと思わざるを得ない。これは次期オールブラックスの攻撃コーチを誰にするのかという問題にも関わってくることだ〉

 オールブラックスが目指す戦略を、すでに日本が備えているという指摘である。前出の村上氏が言う。

「これまでの日本は、ティア1の強豪国に対して“10回やれば1回は勝つだろう”という評価でした。しかしアイルランド戦では、ティア1と同等の実力を身につけていることを目の当たりにさせられた。

 安易なキックプレーや奇襲ではなく、スクラムやモール、ラックなどを駆使して6割以上ボールをキープし、相手が疲れたところで後半20分で攻めて競り勝つという事前のゲームプランを見事に実行したわけです。奇跡でも幸運でもなく、狙って勝ち取った勝利です。残るプールAのスコットランド戦や、決勝トーナメントで当たる相手にも、きっと緻密な戦略を準備しているのではないか」

 あのオールブラックスから金星をあげる日も遠くない──伝統国にもその力を認めさせた日本代表のさらなる進化に胸が高まる。

※週刊ポスト2019年10月18・25日号

あわせて読みたい

「ラグビー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    即位の礼 要人もどよめいた奇跡

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    昭恵夫人にドレスコード違反の声

    女性自身

  3. 3

    文氏低迷でGSOMIA維持派が台頭か

    高英起

  4. 4

    竹中平蔵氏 借金1000兆円は煽り

    PRESIDENT Online

  5. 5

    モテる男性が結婚繰り返す残酷さ

    NEWSポストセブン

  6. 6

    NHK大河が低迷 N国の追及を警戒?

    渡邉裕二

  7. 7

    収入ギリギリの住宅を買うリスク

    長谷川高

  8. 8

    佳子さまの十二単姿に「麗しい」

    女性自身

  9. 9

    よしのり氏「皇統の危機が心配」

    小林よしのり

  10. 10

    日本が財政破綻へ? カギは少子化

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。