記事

自称「坂本龍一の弟子」の中国音楽家、中国人から厳しい批判

「坂本龍一の弟子」で騒動に

「坂本龍一の弟子」と名乗る中国人音楽家について、坂本龍一氏のマネージメントチームが明確に否定する文章をSNS上で発表したことが中国や香港で話題になっている。

 これは「弟子」と自称する人物が所属する事務所がコンサートの宣伝のうたい文句として、「坂本龍一も見込んだ一人の若手中国人ピアニスト」などとネットに書き込んだことが発端。さらに、音楽家本人も自身のイメージをよくするために坂本との親しい関係をことさらに強調したきらいがある。これを見た坂本の中国人ファンが坂本氏側に問い合わせたことで、「弟子問題」が発覚した。

 これについて、坂本氏側が否定するという展開に、ネット上では「坂本はガンを克服したばかりなのに、彼をトラブルに巻き込むな。彼を困らせるな。謝罪すべきだ」などとの声が書き込まれている。

 この中国人音楽家はピアニストで作曲家でもあるシャオ・イン(肖瀛)氏。フランスの国立アカデミー・フランス学士院の作曲学科を卒業し、2013年に中国国家中央芸術院の新人作曲家コンクールで最優秀賞を受賞。北京のコンサートで、坂本氏とピアノの連弾を披露したこともあり、有望な音楽家として知られている。

 香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」によると、今回の騒動はシャオ氏のマネージメント会社「ダークホース・エンターティンメント」事務所のミスもあるが、シャオ氏も自身のウェイボ上で「オスカー賞受賞の日本人作曲家、坂本龍一の弟子」と書き込んだことも大きな原因だ。

 これについて、「坂本龍一 マネージメントチーム」がインタスタグラムで、以下のような文章を掲載した。

「坂本龍一を応援くださるみなさまへ:先日、中国のファンの方から『坂本龍一の弟子と名乗って活動する音楽家がいるのだが、それは本物か?』との質問がありました。坂本は弟子を持ったことは一度もなく、またインターンなども雇い入れたことはありません。もし『坂本龍一の弟子』と名乗る人物に遭遇した場合、それはニセモノですのでご注意ください。 坂本龍一はこれからも1人で音楽に向き合い、制作をつづけてまいります。今後ともご支援くださいますよう、よろしくお願いいたします」

 これを見たシャオ氏の事務所側は釈明したほか、シャオ氏自身もウェイボ上で「坂本龍一先生にご迷惑をおかけしてしまったことを謝罪します。また、先生のファンの皆さまにも謝罪します」などと率直に謝った。

 しかし、事務所側もシャオ氏自身も、シャオ氏と坂本が親しい関係であることを強調していることは変わらず、シャオ氏の演奏活動の宣伝ともとれなくもない表現であることは明らか。

 このため、ネット上ではシャオ氏について「中国人の評判を落としてくれて、ありがとう」などとの皮肉めいた書き込みのほか、「恥を知れ。彼(シャオ氏)は演奏の技術を完全にしようと望んでいるのではなく、たんに自分が有名になりたいだけだ」との激しい批判も書き込まれている。

あわせて読みたい

「坂本龍一」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  2. 2

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  3. 3

    ブラックな外食業界の歪んだ美学

    幻冬舎plus

  4. 4

    消えた日本人観光客 箱根の現在

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    違和感? ユニクロ社長の日本喝破

    文春オンライン

  6. 6

    災害に弱いタワマン なぜ建てる?

    かさこ

  7. 7

    いじめ教師の謝罪文に非難相次ぐ

    女性自身

  8. 8

    張本氏の放言を許さぬ風潮に疑問

    中川 淳一郎

  9. 9

    札幌開催へ IOCへの反発はやめよ

    早川忠孝

  10. 10

    自民党を助ける対案なき万年野党

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。