記事

暴力になりうる「イクメン強要社会」の危険性

1/2

平日でも1日に平均6時間は家事・育児をするという常見陽平さん。大学の教員をしつつ、評論家としても活躍する常見さんが、子育て世代の当事者として日本社会に感じる強い違和感とは――。

※本稿は常見陽平『僕たちは育児のモヤモヤをもっと語っていいと思う』(自由国民社)を再編集したものです

※写真はイメージです(写真=iStock.com/kohei_hara)

■育休は、休みではない

娘は1歳になる直前の4月に、保育園の0歳児クラスへ入園しました。妻は産前・産後休業と育児休業を取得し、職場復帰は慣らし保育を終えた5月。それまでの10カ月間は、おもに育休中の妻がメインで、24時間、娘の面倒をみていました。

もちろん、私もできるだけ家にいて、一緒に家事と子育てをするようにしました。

「育休」という言葉に「休」という文字が入っているからか、当事者以外は「休んでいるのだから、家事も子育てもできるでしょう」と考えがちです。企業や男性、女性でさえも「育休をとっているんだから」という目で見てしまう。

ところが、とんでもない。ママに休んでいる時間はまったくありません。もし、「うちのママはひとりで全部やっていた」と言う人がいたら、それは「育休」という言葉がママの大変さやつらい気持ちを全部覆い隠してしまっていたのではないかとさえ思うのです。 赤ちゃんが家にいて、ママがお世話をしている状況では、ママは常に気が張っていて心身共に余裕がない状態に置かれています。

日中、仕事に出かけているパパは、その姿を見ずに済んでいるだけなのです。

■赤ちゃんのいる生活は“事件”だらけ

娘は7月生まれ。ちょうど大学の夏休みと重なったので、私自身の育休は取りませんでした。しかし、会社員の人など、育休が取れる環境にある人は取ったほうがいいと思います。権利としても、もっと主張するべきです。

一方で、企業の育休取得実績を増やしたいがために男性に育休を取らせるという、いわゆる「男性の育休取得の目的化」には懐疑的ではあるのですが。私は取っても取らなくてもあまり変わらない時期だったので、取りませんでした。

いずれにせよ、赤ちゃんが生まれた直後には、本当にいろいろな“事件”が家の中で起こっているので、夫婦で一緒に体験することはよいことだと思います。私は自宅の書斎で仕事をしながら、“ミルクの時間にお湯が沸いていない!”といったような小さな“事件”の数々に遭遇し、「これは大変なことだ」と気づきました。

■妻の“人間リモコン”として生活する

妻の育休中は、書斎に籠もって仕事をしていても、妻から何度もヘルプの声がかかりました。ミルクの蓋を開けてほしい、空になったティッシュを入れ替えてほしい、オムツを持ってきてほしい、買い物に行ってほしいなどなど。

私が書斎にいなければ、なんとかひとりで乗り切ったことかもしれません。でもそれは、小さないのちを守るために、乗り切らなければならないからがんばっていただけであって、難なく乗り切れているわけではないのです。手が届くところに夫がいたら、頼みたいことは山のようにある。それが、赤ちゃんのいる生活なのだということがわかりました。

あの姿を見ていたら、赤ちゃんが家にいるこの時期は、家事と育児を最優先しようと、自然と思えてきました。私は、妻の“人間リモコン”として生活することにしたのです。

台所から水やお湯を運んだり、オムツを運んだり、食器を片づけたりと、家事とも雑用ともつかないことを、毎日毎日繰り返してやり続けました。

もちろん、料理はこれまでどおり私の担当。小さな家事まで全部、赤ちゃんを育てながらママひとりでやるとなると、本当に大変なことです。

私にできることは、料理、皿洗い、風呂洗い、掃除、ゴミ捨て、買い出し、その他雑用。ミルクもつくるし、赤ちゃんをお風呂にも入れます。妻のほうが得意なことはわかっていますが、クオリティを求められなければ洗濯もやる、といったぐあいです。

月並みな家事のことしか思い浮かばないけれど、リモコン操作されればなんでもやります。大事なことは、リモコンが押されたときに、電波の届く場所にいること。そしてバグらないこと。

■以前のようには仕事ができないモヤモヤ

産後の数カ月で、妻はすっかりママになりました。しっかり者だなと思うし、疲れているなとも思います。

初めて知ったのですが、妊娠を維持するために増え続けた女性ホルモンは、産後急速に減少し、およそ1週間で妊娠前の量に戻るのだそうです。急激なホルモンの変化は、ママの心身によい影響も悪い影響も与えます。産後のママはコントロールの難しいからだで、待ったなしの家事と子育てをしているのです。

この時期、よかったことは、妻が「できるだけ家にいてほしい」ときちんと伝えてくれたことです。そして、私がその要望に応えることができる環境にあったことです。

困ったことは、仕事ができなくなったことです。とくに、自宅の書斎で集中力を要する仕事はやりにくくなりました。これは、物書きには、かなりつらいことでした。まさに、育児のための休業、自主的な育休状態に陥ったのです。

「仕事ができないのは、能力がないからだろう」と言われたらそれまで。しかし、24時間赤ちゃんがそばにいる状況で、仕事も育児も家事もやり切るのは至難の業です。せめて仕事は休もう。

やりくりすれば、今以上に原稿を書く時間を捻出することはできると思います。ただ、その分、妻と娘の負担は確実に増えます。そう思うとなかなか踏み切ることはできないのです。

以前のようには仕事をする時間がとれない。それが育休中の悩みです。モヤモヤします。

■私をイクメンと呼ばないで

イクメンという言葉が嫌いです。偽善的な臭いを感じます。

『現代用語の基礎知識2019』によれば、イクメンとは「育児に積極的に参加する父親」のことと定義されています。2010年には新語・流行語大賞を受賞するほど、この言葉は一般に広まっています。

たしかに私は育児に積極的に参加する父親です。しかし、イクメンと呼ばれることには強い抵抗があります。娘が生まれたことで、「よし! これで私もイクメンの仲間入りだ」などと、一瞬だって思ったことはありません。

なぜか。

もともと私が、出産・育児系の意識高い系ムーブメントが苦手だということがあります。

たしかに不妊治療の末に授かった待望の娘です。人生における貴重な時間だと認識しているので、子育てに真摯に向き合うことに異論はありません。

けれど、「別に少子化対策のために子どもを授かったわけではないしなあ」という気持ちが、どうしてもあるのです。

イクメンと持ち上げられたところで、仕事の絶対量は減らないし、忙しさが是正されるわけでもありません。子育て中の夫婦の忙しさの絶対量は解決されないし、イクメン手当てが出るわけでもないのです。

■イクメンの強要は暴力になりえる

イクメンという言葉は、「男性も育児に参加する」という世論をおこしたという点においては評価するべきものだと思います。最近は、子育て中の社員を理解し、活躍を後押しする「イクボス」という管理職のあり方も定着しつつあります。

子育ては大切な仕事です。働く男性が育児に参加すること、育児をする部下を応援する管理職がいることは、誰からも否定されることではありません。

ただし、生産年齢人口が減る中で、仕事の量を減らしたり、難易度を下げたりすることなく、イクメン、イクボスを会社や社会が強要することは、ときに「暴力」になります。しかも、事情も考慮せず「イクメン、イクボスをやらない人はけしからん」と糾弾するのは言葉の暴力です。

いかにも仕事と家庭を両立している理想的なイクメン像、凄母(すごはは)像が喧伝される社会において、なかなかそうはなれずに悩んでいるパパやママもいるのではないでしょうか。私も含めた、そういうパパやママのことを思うと、仕事と家庭の両立を達成している「スゴい人」が華々しく登場する一部メディアの論調には、怒りさえ感じてしまいます。その様子を見て、精神的に参ってしまうことだってあります。

あわせて読みたい

「育児」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中年男性とJK密会描く漫画が物議

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    音喜多氏の入党で一皮剥けた維新

    早川忠孝

  3. 3

    国内に虚勢張る韓国 外交で難点

    NEWSポストセブン

  4. 4

    現金ばかり 日本と変わらぬ台湾

    川北英隆

  5. 5

    韓国人旅行者65%減で地方に痛手

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    現金にこだわるサイゼ社長に呆れ

    永江一石

  7. 7

    宗男氏 前夜祭巡りホテルに確認

    鈴木宗男

  8. 8

    産婦人科は奴隷労働? 無知な市民

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    元セガ社長の暴露に「ムカつく」

    fujipon

  10. 10

    自動運転で死亡 責任は運転手に

    飯田香織

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。